全国のドクター9,122人の想いを取材
クリニック・病院 161,398件の情報を掲載(2020年4月04日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市淀川区
  4. 十三駅
  5. 赤垣歯科クリニック
  6. 赤垣 俊輔 院長

赤垣 俊輔 院長の独自取材記事

赤垣歯科クリニック

(大阪市淀川区/十三駅)

最終更新日:2019/08/28

173882 %e8%b5%a4%e5%9e%a3%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

十三駅から徒歩5分、駅や商店街からも通いやすい位置に「赤垣歯科クリニック」はある。子どもから高齢者まで、幅広い世代から頼られるクリニックにしたいという想いを込めて、自らも設計に参加したと話す赤垣俊輔院長。院内は患者が転ばないようバリアフリーとしたり、幼児がハイハイしても大丈夫なように、院内を土足禁止にするなど、院長の優しい人柄を随所に感じられるクリニックだ。「患者さまが歯を悪くする前に手を差し伸べられるよう、通いやすい歯科医院をめざして常に想像力を働かせている」と話す赤垣院長に、開業のきっかけとなった口腔外科時代の話、そこで芽生えた歯の重要性を伝えたいという想いについて聞いた。  
(取材日2018年2月27日)

子どもたちに歯の大切さを伝えるため、開業を決意

まずは開業の経緯からお聞かせください。

1

大学卒業後、大阪大学歯学部口腔外科に入局しました。そこで口腔がんや顔面骨折などの外傷、乳児の先天性疾患について学んだ後、市立豊中病院、そして市立伊丹病院の口腔外科勤務を経て、2014年に当院を開業しました。勤務医時代は、歯の治療に加え、口腔がんの手術や外傷の治療、重度の炎症治療など幅広い経験を積みました。さらに、手術後の回復が遅かったり、すぐに体調を崩してしまう患者さまの中には、歯が悪いために食事を十分に取ることができない方がいることに気がつきました。病気を治すには、治療はもちろんですが、普段の食事から栄養を取って基礎体力をつけておくことが大切です。本当の意味で元気になってもらうには、大きな病気になるもっと前の段階、子どもの頃から歯を大切にしていく必要があるのではないかと感じました。多くの方に食事の大切さと楽しさをいつまでも続けてもらいたいと思い開業を決意しました。

なぜこの場所で開業されたのですか?

お子さまが歯を大切にすることを自覚するには、まずご両親に、歯の大切さを伝えなくてはいけません。ですから、開業するなら親子で通いやすい場所が理想でした。この場所は、近くに小中学校と保育園があるので、お母さんたちの視界に入りやすいです。実際にお子さまと一緒に来てくださる方や、お母さん同士の紹介で来てくださる方も多く、日々やりがいを感じています。

院内も、親子で通いやすいように工夫されていますね。

2

受付のキッズスペースはもちろん、キッズスペースが付いた診療室もあります。子どもが目にする所には、危ない機材や物を置かないようにしています、院内の見通しを良くして、どこにいてもお子さまの姿が見える造りにしてあります。じっと待つことが難しい年代のお子さまも安心して連れてきていただけます。小さい頃から歯科医院で歯をきれいにしたり、道具に慣れてもらうことで、歯科医院は安心できる場所だと伝えることは、子どもの時期にしかできない教育だと思います。お子さまに継続して通ってもらうことで、健康な歯と体を長期的に見守りたいという理想を実現するため、どなたでもリラックスできるよう工夫しました。

口腔外科での経験を生かし、さまざまな患者に対応

お子さんを治療する際に心がけていることはありますか?

3

子どもを怖がらせないことです。どんな小さな子どもにも心があります。子どもの頃に「歯医者=怖い」と認識してしまうと、トラウマになってしまうこともあります。それでは将来的に、虫歯や汚れを放置してしまい、早く歯を失うことにもつながります。診察する時は、お子さまの気持ちに配慮したり、治療に使う道具の説明をしたりしながら、まずは歯科医院に慣れてもらうことを大切にしています。それと、子どもの歯磨きについて相談をよく受けますが、磨き方の他に、「毎日完璧にできなくても大丈夫。月1回でも当院へ連れてきてもらえれば私がちゃんと診ます」とも伝えています。虫歯にさせまいとご両親だけで気負いせず、私たちを頼ってください。

糖尿病など、内科的疾患を抱える患者さんも積極的に受け入れているそうですね。

当院では、糖尿病や透析中の方、脳梗塞により身体的なまひがある方。それから自閉症のお子さまにも来院いただいています。総合病院にいた時から、内科で入院中の患者さまを診たり、手術や緊急時の対応を学んできていますから、他の歯科医院では対応が難しいといわれるような患者さまが来られても、あまり慌てることはありません。当院なら安心して通っていただけると思います。

口腔外科で学んだことは、他にどんな場面で生かされていますか?

4

口腔外科では主に顔の手術を行います。出血量も多くなりがちですし、繊細な技術が必要とされます。その現場に約10年いましたから、診断力や外科手技などといった面では鍛えられていると思います。抜歯や切開、縫合は、慣れている医師が適切に行うと出血量が少なく、痛みや腫れが長引きません。やはり経験と技術により、治療後の経過に違いは出ると思います。それから、患者さまの口の中の疾患で総合病院での治療が必要と判断した場合には、患者さまの希望や症状を把握しながら、適切な病院や医師を紹介しています。手術や入院が必要と考えられる患者さまには、紹介先の先生と連携を図りながら、治療計画や治療方法、予想される術後の経過をあらかじめ当院で説明させていただき、できるだけ患者さまの不安を取り除くよう努めています。診断から術後の安定期まで一貫してサポートできることも、口腔外科出身ならではの強みではないでしょうか。

患者に寄り添い、ベストな治療を提供する

先生の診療モットーを教えてください。

5

私は患者さまとの対話を通して信頼関係を築いていくことを大切にしています。そのため当院では、患者さまの話をよく聞くこと。正確に診断すること。患者さまと一緒に治療のゴールを決めることという、3つを大切にしながら診察に臨んでいます。治療のゴールを決める部分では、患者さまの現状をお伝えし、理想的な治療のゴールと、現実的な治療のゴールをお話しします。次に、患者さまと意見を擦り合わせ、共通のゴールを見つける努力をします。患者さまの症状は各々違いますから、めざすゴールも違います。患者さまの悩みに寄り添い、一緒に決めたゴールに向けてともに歩んでいくことで、お互いに対する信頼関係や、納得のいく治療の効果が生まれてくると私は考えています。

印象に残っている患者さまとのエピソードを教えてください。

私は子どもが好きなので、子どもが私の歯科医院を好きになってくれたり、歯に関心を持ってくれたりすることに喜びを感じます。以前、治療が怖くて泣きながら来ていたお子さまがいたのですが、ある時、「歯医者さんは嫌いだったけど、先生は特別。好きになった。また来るね」と言って笑顔で通ってくれるようになりました。その子から治療後にもらったハート型に折られたお手紙は、今でも私の宝物です。

今後の展望を聞かせてください。

開業をしてみて、歯の大切さを知らなかったばかりに歯を悪くしてしまい、その結果、食生活や健康状態を害してしまっている患者さまが大勢おられることに、強い印象を受けています。そうした患者さまを増やさないために、どのような働きかけをすればよいか、歯を大切にしていくことのメリットをうまく伝えられるかを日々模索しています。人間は食事から栄養を取るわけですから、歯を良くして、バランスの良い食生活をすることは、人生をより豊かにすることにつながります。当院での治療を通じて、患者さまに歯の大切さに気づいていただき、そして患者さまの人生をより豊かで幸せなものにすることが、私の目標であり使命だと考えています。

最後に、読者の皆さんへメッセージをお願いします。

6

歯の治療には最適な時期があります。歯を大切にする心を学ぶ時期、矯正を検討する時期、予防を重視する時期など、タイミングを逃さずにケアし続ければ、年齢に関係なく自分の歯で食べて、健康に生きていくことができます。当院では、歯が生え始めた時期のお子さまから、食事に不便を感じておられるご高齢の患者さままで、それぞれの状況やご希望、そして時期に応じた治療の提案を行っています。「先生に相談してよかった」と思っていただけるような治療をめざしていますので、お子さま連れの方や歯科医院が苦手な方、持病をお持ちの方や、もう治療できないと諦めてしまっている方も、ぜひ一度当院へお越しください。これからの人生をより良いものにするために、一緒に歯について考えていきましょう。

Access