全国のドクター9,653人の想いを取材
クリニック・病院 160,685件の情報を掲載(2022年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 門真市
  4. 大日駅
  5. かわさき歯科
  6. 河崎 重太 院長

河崎 重太 院長の独自取材記事

かわさき歯科

(門真市/大日駅)

最終更新日:2021/12/02

20211130 173804 top

大阪メトロ谷町線大日駅から歩いて約12分。ひと際目立つ真っ白な建物が「かわさき歯科」だ。院内は隅々まで掃除が行き届き、清潔感にあふれている。こまやかな気配りは仕事ぶりにも表れていて、河崎重太院長の優しく丁寧な診療スタイルは、幅広い世代が受診しやすい雰囲気をつくっている。虫歯、歯周病治療はもちろん、小児歯科、インプラント、審美、入れ歯まで幅広く対応しているのも特徴。「めざすのは患者さんみんなに優しい歯科医院」と語る河崎院長に、診療のモットーや治療へのこだわりなどについて詳しく聞いた。

(取材日2021年10月29日)

先進の機器をそろえ幅広い治療に対応

最初に開院までの経緯を教えてください。

1

大学病院での研修後、大阪市内のクリニックでの勤務などを経て開院しました。材料や機械に制限されることなく、自分がやりたい治療を実現したいと思ったからです。自分に相性が良い機械を吟味して使いたいですし、先進の機器をそろえておくと治療時間の短縮や精度の向上にもつながりますから。現在、当院では骨の状態などを把握できる歯科用CT撮影装置や、治療時に発生する細かい粉塵を吸い取る口腔外バキューム、心拍・血圧など患者さんの体の状態を細かく見られる生体情報計測器などを備えています。肉眼ではわからない歯の亀裂や虫歯を発見するためのルーペ、光学式虫歯検出器、口内の状態をモニターに映せる口腔内カメラもあり、精密な治療を行うのに役立っています。必要な場合は連携している大学病院につなぐことも可能です。

新築のようにきれいな建物や清潔感のある院内ですね。

清潔感のある白が好きなので、外観も内装も白を基調にデザインしてもらいました。汚れると目立つので、定期的に自分でも高圧洗浄機などで壁を洗ってきれいに保つようにしています。細か過ぎると言われることもありますが、患者さんに快適に過ごしていただきたいんです。また設備面でも、院内にはキッズスペースを設け、体の不自由な方も移動しやすいようにスロープや手すりをつけたバリアフリー設計にしました。他にも、個室の診察室も新たに設け、歯科衛生士が中心となって予防処置を行ったり、インプラントの手術を行ったりしています。個室はプライバシーに配慮できるため、患者さんにとって安心ですよね。

感染症対策にも特に注力されているそうですね。

2

現在は感染症対策でウォーターサーバーの使用や雑誌類の設置は難しく、患者さんにも我慢を強いてしまっていますが、当院では新たに空気清浄機を2台導入して、次亜塩素酸によるユニットの消毒を行っています。また以前と変わりなく治療器具は患者さんごとに滅菌器を使用し交換しています。感染症が特に気になる時期だからこそ、これまで以上に、患者さんには安心して治療を受けていただける環境の整備に努めていますよ。

どのような患者さんが多いですか?

子どもから高齢の方まで幅広いですが、お子さん連れの20代くらいの女性の受診は特に多いです。当院は小児歯科もあるので、ご自身の治療のついでに子どもの歯も診てほしいという方には便利なようです。また、駐車場があるので遠方でも働き世代の方が来られることもあります。土地柄なのか、気さくで親切な方が多くてありがたいです。主訴としては虫歯や歯周病が目立ちますが、かなり悪くなってから来院されるケースが少なくありません。子育てや仕事に忙しく症状が悪化するまで放置してしまった方もいるのでしょう。いかに早期の治療が大切か、より周知を図っていく必要があると思っています。一方で、「良い状態をキープしたい」という、予防への意識が以前よりも高まってきたと感じています。メンテナンスのために定期的に来院される患者さんが増えているのはうれしいですね。

患者の口の健康を想う歯科医院

力を入れている治療について教えてください。

3

特に注力しているのは根管治療です。歯の治療で肝心なのは根っこの部分で、ここをなおざりにして再治療が必要になると、かぶせ物を取って古い薬を外して何度も掃除して……と多くの手間がかかり、患者さんの苦痛も費用負担も相当なものになってしまいます。治療が不十分だと早くて4、5年で再治療となり、当院にも根が膿んでから来られるケースが見受けられますね。基礎となる根管をしっかり治療すれば、治療法の選択肢も広がるので、患者さんにとって最も大切なことだと思っています。その他、患者さんが望む治療は何でも提供できるようにしておきたいので、苦手な分野をつくらず、入れ歯、インプラント、審美歯科などにも対応し、何でも幅広く診られるようにしています。

診療にあたって大切にしていることはありますか?

診療のモットーは「患者さんみんなに優しい歯科医院」です。できるだけ安心して治療を受けてもらうため、痛みの少ない電動麻酔注射器を使うなど、「痛みを感じにくい治療」をめざしています。衛生管理を徹底しているのも、安心のための取り組みの一環です。基本は応対も優しさを心がけ、患者さんが喜ぶには何をすればよいのかを第一に考えています。でも一番の優しさは、やはり患者さんの口が健康になることですよね。患者さんの利益になることならば時に厳しいことを言うのも歯科医師の仕事だと考えています。医療を行う上で、歯科医師と患者さんが対等な立場で、お互い尊重した関係性での診療を大切にしたいと思っています。保険内でも、できるだけ適切な治療を行うよう努めています。

患者さんと良い関係性を築くためにどのようなことを心がけていますか?

4

コミュニケーションを大切にしています。いつもより元気がなさそうな方には最初にじっくりと話を聞いて体調を確かめ、治療が長期間になる場合は、結果が目に見えやすい部分から始めて、治療を継続するモチベーションが保てるように工夫しています。かつては技術の向上ばかりに目を向けてしまっていたこともありました。でも経験を積むうちに、患者さんの立場に立つことが一番だと悟りました。患者さんによってもそれぞれご希望や性格が違いますよね。率直に話したほうが良い方にはフランクに、不安を抱えている方には丁寧に接し、お子さんには親しみやすさを感じてもらうために、友達のような感じで話します。でもお母さんとはしっかり対話し、日頃のブラッシングで足りないところなどをアドバイスしますよ。

向学心を持ち、より良い受診環境を整備

スタッフさんたちとも仲が良さそうですね。

5

スタッフは多方面に気配りをしてくれているので本当に助かっています。気持ち良く仕事をしてもらいたいので、スタッフにとっても居心地の良い職場環境を心がけています。職場の人間関係が良いと、患者さんもスタッフに話しかけてくれるようになるんです。いろいろな失敗も経て、人付き合いの大切さを当院で学びました。良い人間関係は1日、2日でできるものではありませんから、今いるスタッフは大事にしたいです。患者さんが相談しやすい雰囲気だと治療にも良い影響があるので、この空気感はこれからも大切に守っていきたいですね。

講習会やセミナーにも熱心に参加されていると聞きました。

講習会には休日を利用して頻繁に参加しています。新しく保険適用となった歯周治療や薬剤について、また補綴治療やインプラント治療、その他多岐にわたり学んでいます。最近の歯科医療の技術はめまぐるしく発展しているので、常に先進の知識にふれておく必要があるからです。また一人で診療にあたっていると周りがどのような治療をしているのかわからなくなるので、刺激を得るためにも、他の歯科医師と会うことは重要だと考えています。常に新しい技術へのアンテナを張って、幅広くさまざまな症例に対応できるように知識と技術を身につけ、必要なものを吟味しながら積極的に取り入れたいです。

最後に今後の展望と読者へのメッセージをお伝えください。

6

混み合って予約が取りづらいこともありますが、今後はスタッフをさらに増やしてスムーズに受診してもらえるよう、体制を整えていきたいと思います。また、予防歯科にももっと力を入れていきたいですね。早期に治療を始めれば治療期間の短縮につながりますし、患者さんの負担も減ります。早期発見が大切なので、できれば検診などで定期的に歯の健康をチェックするのがお勧めです。「みんなに優しい歯科医院」をめざし、歯科嫌いの人でも通いやすいような環境を整え、感染症対策にも注力していますので、些細なことでもぜひお気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/34万円~、審美歯科(セラミッククラウン)/8万8000円~

Access