オリーブレディースクリニック麻布十番

オリーブレディースクリニック麻布十番

山中 智哉院長

173565

麻布十番駅から徒歩3分。六本木方面へ続く商店街沿いにある「オリーブレディースクリニック麻布十番」は、不妊治療を専門とするクリニックだ。10年以上の不妊治療のキャリアがある山中智哉院長は体外受精をメインに、患者一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療を提案している。妊娠しやすい体に整えるアドバイスや処置も積極的に行っており、不妊に悩む女性をトータルにサポートしている。また、夜間診療や土日・祝日の診療にも対応し、明確な料金の開示も行うなど、患者が安心して通院できるさまざまな取り組みをしている。物腰が柔らかく患者にやさしく接する姿が印象的な山中院長に、診療の特徴や将来の展望など幅広く話を聞いた。
(取材日2017年9月21日)

体外受精がメインの不妊治療専門クリニック

―どのような治療を提供しているのでしょうか?

当院は、体外受精がメインの不妊治療専門クリニックです。体外受精全般に幅広く対応しており、体外受精に特化した設備・環境の中での不妊治療をご提供しています。また、卵巣や子宮などの機能を維持し良質な卵子を育てるために、体のコンディションを妊娠しやすい状態に近づけることも重要です。そのためのアドバイスや処置なども行っています。今後は、最新の知見に基づいた新しい検査や治療法などによるさまざまなアプローチで、不妊に悩む女性や妊娠を考える女性をトータルサポートしていきたいと考えています。

―どのような患者が来院していますか?

私は今年の9月より、前任の院長から引き継いで院長として診療しています。以前勤めていた不妊治療のクリニックでは、年齢が高く妊娠しにくいとされる方の担当になることが多かったこともあり、42~45歳の女性が多いですね。前院で診ていた患者さんが当院に引き続き来てくださっていることも多いんです。あとは30代で卵巣機能が低下していて治療が必要な方もいらっしゃいます。また、当院は体外受精がメインのクリニックとなりますので、タイミング法や人工授精といった不妊治療のステップを踏んできた方が中心になりますね。

―診療方針について教えてください。

一人ひとりの患者さんに合わせたオーダーメイドの診療を提供することです。オーダーメイドというのは、患者さんの卵巣機能や子宮の状態に応じてという治療的な側面においてその人に合ったものを提供するというのはもちろんなんですが、患者さんの状況やご希望に合わせて、ということも大切にしています。例えば、仕事が忙しくてなかなか通院ができない方の場合、通院回数が少なく済むような方法に切り替えたり、また、通院せずに自宅で排卵誘発の処置ができるような処方にしたりということをしています。患者さん一人ひとりの生活をできるだけ変えずに、治療を受けられるように配慮しています。

―これから不妊治療を検討されている方へ向けて、伝えたいことはありますか?

これから不妊治療を検討されている方の中には、すでに食事に気を付けたり鍼灸などを取り入れたりして妊娠しやすい体づくりに励まれている方もいらっしゃるかと思います。その取り組みは、体外受精を始めてもぜひ継続していただきたいですね。不妊治療は体のコンディションが十分に整ってこそうまくいくものです。医療技術だけでどうにかなるものではありません。体外受精がすべてを解決してくれるわけではないので、体のコンディションも同時に整えていっていただきたいですね。

記事更新日:2017/10/11

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細