全国のドクター9,285人の想いを取材
クリニック・病院 161,120件の情報を掲載(2020年10月21日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市中央区
  4. 堺筋本町駅
  5. 増田歯科医院
  6. 増田 豪 院長

増田 豪 院長の独自取材記事

増田歯科医院

(大阪市中央区/堺筋本町駅)

最終更新日:2020/04/01

173541

堺筋本町駅から徒歩3分ほど、多くのビジネスマンが行き交う堺筋沿いにある「増田歯科医院」。メンテナンスを中心とした予防歯科と審美歯科に力を入れており、近隣に勤める人や、子どもから高齢者まで幅広い世代の住民に親しまれている。院長の増田豪先生は、2004年に大阪歯科大学を卒業後、同大学附属病院にて研修。堺市や大阪市中央区にあるクリニックで勤務医として経験を積み、2014年に開業した。「僕は人間が好きなんです。患者さまの気持ちや、スタッフのことを考えるのが楽しいんです」と笑顔で語る、気さくで親しみやすい増田先生に、歯科医師をめざしたきっかけや診療の際の心がけ、今後の展望など、幅広く聞いた。
(取材日2018年8月8日)

0歳児から高齢者まで、家族ぐるみで来院も

どんなきっかけで歯科医師をめざしたんですか?

20191010 1

人と関わる仕事をしたいとずっと思っていました。高校時代に理系を選択したことで医療の道を考えました。僕は子どもの頃からプラモデルの製作や、2000ピースもあるジグソーパズルなど細かい作業が好きだったんです。そのため、医科もいいけど、こまやかな手技が求められる歯科のほうが面白そうだなと。父も祖父も家業を継いでほしいとは言わず、自由に進路を選ばせてくれました。大阪歯科大学卒業後は附属病院で研修を受けつつ、堺市にある歯科に勤務させていただいた後、大阪市中央区の歯科で100ヵ月の勤務経験を積み、開業に踏み切りました。実家が代々いろいろな商売に携わっていたので、歯科医師になるなら開業しようと。うまくいくこともいかないことも含めて、すべて自分の責任で行いたかったというのもありますね。

患者さんの特徴を教えてください。

堺筋本町というとビジネス街という印象ですが、住民人口も増加しており、0歳児から高齢の方まで幅広い世代の患者さんが来られています。予防歯科や審美面など歯の健康への関心が高いご高齢の方も増えています。また、歯科に恐怖心があるお子さんにはまず女性スタッフが接し、器具などに慣れていただくところから開始します。僕がいきなりマスク姿で登場することはありませんので、ご安心ください(笑)。この地域には多くの企業がありますので、経営者の方やお勤めの方もたくさん来院されており、土曜日も午後5時まで診療していますので、通いやすいと言っていただけます。患者さんの紹介で家族ぐるみで通われることもあり、ご信頼いただいたのだとうれしく感じます。

クリニック全体にいろいろなこだわりが感じられます。

20191010 2

おしゃれで清潔な雰囲気をベースに、設計士と話し合いを重ねて空間をつくり上げていきました。例えば、受付に会計の際などに荷物を置く棚をつけたり、ポスターなども額縁に入れて飾ったりするなど、細部にもこだわったんです。また、1階はカウンセリングや予防などを行うためのスペース、2階は治療をするスペース、と分けました。予防のためのスペースを設けたのは、歯科衛生士にプライドをもって仕事をしてほしいからです。院内の衛生管理も徹底しており、治療器具の強力洗浄・消毒機を、患者さんからも見えるように設置しました。オープンなスペースに設けることで、患者さんの安心感にもつながると考えました。

定期的なメンテナンスで患者との「縁」を大切に

診療の際に心がけていることは?

3

痛いから、詰め物が取れたからという理由で来られた患者さんでも、実は矯正やホワイトニングに興味をお持ちかもしれません。言葉にされないところまでしっかりとくみ取り、お悩みをできる限り解決するお手伝いがしたいんです。もちろん、悪いところがあるとしても、必ず全部治さなければならないというわけではありません。経過観察し、ご納得されてから治療することもできます。プロとして問題点があればご説明させていただきますが、治療するかどうかを決めるのはご本人です。患者さんのお気持ちを第一に考えるよう努めていますね。

予防歯科に力を入れていると伺いました。

悪い部分をすべて治してからでないとメンテナンスに行きづらいという方がいますが、そんなことはないんです。希望される治療のゴールは一人ひとり違いますので、患者さんと一緒に治療計画をきちんと立てていきます。ご多忙だったり、費用面もありますよね。今痛いところだけ治したい、小さな虫歯なら様子を見たいという方もいます。定期的なメンテナンスで、現状をキープし悪化を防ぐこともできますし、悪いところを発見しても早期治療によりご負担が軽くて済みます。メンテナンスで大事なのは、患者さんとのご縁をつなぎ続けること。完治させていなくても、何かあればこのクリニックに来れば大丈夫、という安心感を第一に考えた予防歯科なんです。

歯周病治療や手術にはどのように取り組まれていますか。

歯周病の方にはまずクリーニングや歯石除去などを行います。軽度であればそれだけで大丈夫ですが、重度の方ですと手術や再生療法が必要な場合もあります。しかし、いきなり手術が必要と言われても、戸惑うのは当然ですよね。メンテナンスに来続けていただくことでお口の中の管理ができ、悪化を防げますので、ゆっくり治療に取り組んでいただきます。それでも改善が難しい場合、ご理解、ご納得いただいた上で、患者さんのご希望があれば手術へと進めます。歯を残すことは何より大切にしていますし、もし歯を失うことになっても、入れ歯や差し歯もあります。インプラントは最終手段だと考えています。また、手術時は麻酔科の先生や助手とともに、全身状態を確認しながら行いますので、持病などが不安な方もご相談ください。

審美面に配慮した治療においての特徴を教えてください。

20191010 4

審美の分野は進化がとても早いんです。当クリニックは大阪市中央区の中心部ということもあり、新しい材料や技術、安全性により配慮されたものを導入しやすく、それらに対応している業者や歯科技工士も多くいる環境です。新しいから費用が高いというわけではなく、それぞれメリット、デメリットもありますので、患者さんに適した選択肢を多くお伝えできると考えています。

患者とは一生の付き合いだから安心感と感動を与えたい

ロゴマークにはどのような想いが込められているのですか?

20191010 5

ロゴマークをつくる以上は覚えやすくわかりやすいものをと考えたとき、動物が良いかなと。それで、馬と歯を組み合わせたものにしました。馬が好きだった祖父との思い出を大切にしたかったからというのもあります。おじいちゃん子だった僕は、祖父に連れられてよく馬を見に行っていまして、触れ合う機会が多く、犬や猫より馬のほうが身近な存在なんです。ですから、祖父に対する家族愛のような想いもロゴマークに込めました。院内には馬の置物もたくさん飾っていますが、多くは患者さんから頂いたものなんです。患者さんと馬の話で盛り上がることもありますね。

歯科医師として、どんな時にやりがいを感じますか?

親や兄弟が歯科医師であれば、困ったときに相談したり教えてもらったりすることができます。僕にはそうした支えがないことをコンプレックスに感じることもありました。それで、その気持ちを克服するため、一生懸命勉強したんです。歯科医師になって2〜3年は、土日も休まずセミナーや講習会に参加し、いろいろな知識や技術を身につけました。現在、当院に来院される患者さんの中には、特別な技術が必要な治療を求められる方もいらっしゃいます。たとえ幾人かでもそうした治療を求める方がいて、そのニーズに応えることができた瞬間、大きなやりがいを感じるんです。ですから、今も継続して研鑽を重ねています。患者さんに喜んでもらえることが、僕にとっても喜びなんです。

今後の展望についてお伺いします。

20191010 6

僕は人間がとても好きなんです。患者さまのお気持ちや、スタッフのことを考えるのが楽しいんです。どうしたら喜んでもらえるだろうか、といつも考えていますね。また、今後更にたくさんのスタッフに勤務してもらいたいと思っています。仲間が多いほうが楽しいですし、患者さんも多いほうが楽しいですよね。スタッフには「感動を与えなさい」と話しています。患者さんに安心感を提供できる治療を行い、良い歯科だと感動していただく。そして一生のお付き合いをすることで、患者さんのお口の健康を守り続ける。これが当クリニックのコンセプトです。歯科医院にかかりにくいという印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。当院はいつでも誰でもウエルカムです。歯に関するお困りがあれば、気軽に立ち寄っていただければ幸いです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

【審美歯科】
セラミックインレー・ゴールドインレー5万円〜、セラミッククラウン11万円〜
【ホワイトニング】
オフィスホワイトニング4万円、ホームホワイトニング一式4万円
【矯正】
部分矯正15万円〜
【インプラント治療】
1本 40万円~(セラミックのかぶせ物込み)
【歯周組織再生療法】
8万円~

※税別価格
※症例により料金は変更になりますのでまずはご相談ください

Access