増田歯科医院

増田歯科医院

増田 豪院長

頼れるドクター

20180828 bana

堺筋本町駅から徒歩3分ほど、多くのビジネスマンが行き交う堺筋沿いにある「増田歯科医院」。メンテナンスを中心とした予防歯科と審美歯科に力を入れており、近隣に勤める人や、子どもから高齢者まで幅広い世代の住民に親しまれている。院長の増田豪先生は、2004年に大阪歯科大学を卒業後、同大学附属病院にて研修。堺市や大阪市中央区にあるクリニックで勤務医として経験を積み、2014年に開業した。「僕は人間が好きなんです。患者さまの気持ちや、スタッフのことを考えるのが楽しいんです」と笑顔で語る、気さくで親しみやすい増田先生に、歯科医師をめざしたきっかけや診療の際の心がけ、今後の展望など、幅広く聞いた。
(取材日2018年8月8日)

0歳児から高齢者まで、家族ぐるみで来院も

―どんなきっかけで歯科医師をめざしたんですか?

人と関わる仕事をしたいとずっと思っていました。高校時代に理系を選択したことで医療の道を考えました。僕は子どもの頃からプラモデルの製作や、2000ピースもあるジグソーパズルなど細かい作業が好きだったんです。そのため、医科もいいけど、こまやかな手技が求められる歯科のほうが面白そうだなと。父も祖父も家業を継いでほしいとは言わず、自由に進路を選ばせてくれました。大阪歯科大学卒業後は附属病院で研修を受けつつ、堺市にある歯科に勤務させていただいた後、大阪市中央区の歯科で100ヵ月の勤務経験を積み、開業に踏み切りました。実家が代々いろいろな商売に携わっていたので、歯科医師になるなら開業しようと。うまくいくこともいかないことも含めて、すべて自分の責任で行いたかったというのもありますね。

―患者さんの特徴を教えてください。

堺筋本町というとビジネス街という印象ですが、住民人口も増加しており、0歳児から高齢の方まで幅広い世代の患者さんが来られています。予防歯科や審美面など歯の健康への関心が高いご高齢の方も増えています。また、歯科に恐怖心があるお子さんにはまず女性スタッフが接し、器具などに慣れていただくところから開始します。僕がいきなりマスク姿で登場することはありませんので、ご安心ください(笑)。この地域には多くの企業がありますので、経営者の方やお勤めの方もたくさん来院されており、土曜日も午後5時まで診療していますので、通いやすいと言っていただけます。患者さんの紹介で家族ぐるみで通われることもあり、ご信頼いただいたのだとうれしく感じます。

―クリニック全体にいろいろなこだわりが感じられます。

おしゃれで清潔な雰囲気をベースに、設計士と話し合いを重ねて空間をつくり上げていきました。例えば、受付に会計の際などに荷物を置く棚をつけたり、ポスターなども額縁に入れて飾ったりするなど、細部にもこだわったんです。また、1階はカウンセリングや予防などを行うためのスペース、2階は治療をするスペース、と分けました。予防のためのスペースを設けたのは、歯科衛生士にプライドをもって仕事をしてほしいからです。院内の衛生管理も徹底しており、治療器具の強力洗浄・消毒機を、患者さんからも見えるように設置しました。オープンなスペースに設けることで、患者さんの安心感にもつながると考えました。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細