こうの歯科医院

こうの歯科医院

河野 吉旭院長
頼れるドクター掲載中

172749 %e3%81%93%e3%81%86%e3%81%ae%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

JR高円寺駅北口を出て左手に進むとすぐのビルの3階にあるのが「こうの歯科医院」だ。「診療室らしくない診療室」をイメージしたという院内は、家庭のリビングのような温かな雰囲気の待合スペースと、大きな窓から陽射しが入る明るい診察スペースからなるとても家庭的で安らげる空間。どうしても緊張しがちな歯科診療だが、「少しでもリラックスして過ごしてほしい」と願う河野吉旭(よしあき)院長の温かな人柄がにじみ出ている。診察ユニットは3台だが、時間間隔のある予約制が原則のためゆったりとした診療スタイルだ。小さな子どもを持つ父でもあり、穏やかな口調と優しい笑顔の河野院長に、さまざまな話を聞いた。
(取材日2018年12月14日)

アクセス至便な駅前にある、くつろぎの歯科医院

―開業されるまでの経緯をお聞きします。

日本大学歯学部を卒業後、福島県立医科大学附属病院歯科口腔外科、弘前大学医学部附属病院歯科口腔外科を経て、秋田県の無医村の診療所、都内の医療法人など、さまざまな医療機関で勤務医として診療してきました。40歳という節目が見えてきた頃に、約4年前にここで開業されていた歯科の院長がご勇退されるということで、縁あって私がその後を継がせていただきました。窓から高円寺駅の北口が見えるほどの駅前立地であることと、採光豊かな院内の雰囲気が気に入っています。残念ながら歯科医院というところはあまり積極的に足が向く場所ではないと思いますが、少しでも患者さんの緊張をほぐしたくて「診療室らしくない診療室」をコンセプトに院内をリニューアル。壁は白、床は木目調にして、観葉植物を置き、リラックスしていただけるよう心がけました。

―患者層について伺います。

開院当初は高齢の方が多い印象でしたね。もともと私は無医村の診療所で1年半ほど勤務の経験がありますので、ご高齢の方の対応には少し自信があるんです。しかし徐々に若い方も増えてきて、現在は乳歯が生えそろっていない小さいお子さんからご高齢の方まで、どの年齢層も満遍なくおいでいただいています。また以前の職場が荒川・足立エリアだったのですが、その時診させていただいていた患者さんが、お住まいは茨城県と遠方なのにもかかわらず、僕の開業を聞きつけご夫婦そろってご来院いただいたのには感動しました。これまで歯科医師として、一人ひとりの患者さんと誠実に向き合ってきたことが間違いではなかったのだと思え、とてもうれしかったです。

―大学病院の口腔外科から無医村の診療所まで多彩なご経歴ですね。

歯科医師のスタートが口腔外科でしたので、その知識と経験は今でも治療全般に生かされています。もともと歯科医療は、歯を抜いたり麻酔をしたりと外科的要素が強い分野です。にもかかわらず、実はこの方面の医学的知識と経験が足りないまま歯科医師になられる方も多いのが現状だと思います。「虫歯を埋める、かぶせる」ということももちろん大切ですが、慢性疾患を抱えている高齢の患者さんには内科の先生と連携を取りながら治療していくことで誤嚥性肺炎の頻度を下げるなど、口腔機能の回復に加え、患者さんの全身状態を考慮した歯科治療の提供に努めていきたいと思っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細