あやめ皮フ科スキンケアクリニック

あやめ皮フ科スキンケアクリニック

藤村真美 院長

頼れるドクター

172731 df 1 main 1417604179

皮膚科診療科目はほぼ網羅し、花粉症や脱毛症などの疾患にも対応する「あやめ皮フ科スキンケアクリニック」。京急鶴見駅前に立地し、JR鶴見駅からも徒歩1分という交通至便の立地に加え、院内は改装したばかりで明るく、待合室もゆったりとリラックスできる雰囲気。院長はじめスタッフの大半は女性のため、疾患の場所や症状によっては二の足を踏んでしまいがちな女性でも安心して通うことができる。数か国で皮膚科診療の経験を積んだ藤村院長は「気軽に相談できる街のお医者さん」を目指して2014年8月に院長に就任。症状や診療計画、処方の内容などを丁寧に説明することで患者に自主的に疾患と向き合ってもらうことを第一に考えた診療を行っているという。そんな院長に、目指している皮膚科診療のカタチと肌のトラブルに悩む患者へのメッセージを聞いた。
(取材日2014年11月21日)

諸外国を周って経験を積み、2014年に院長就任

―世界各国で皮フ科診療に従事された経験をお持ちと伺いました。

ええ。帝京大学を卒業したあと、同大学の附属病院皮膚科学教室で助手として勤めていました。そこからいくつかの病院に派遣という形で勤務したのちに、夫がドイツ人なので彼の赴任地に同行して海外を回る生活に入りました。ドイツ、タンザニア、インドネシアなどに滞在したのですが、私も各地で皮膚科診療に従事して、さまざまな国籍や人種の患者さんと接してきました。肌の色や生活環境、気候によって同じ疾患でも症状が異なっていたり、皮膚そのものの特徴が違ったりするんですよ。そういったことを勉強できたのは医師としていい経験になったと思います。

―帰国されて、2014年の8月から院長に就任されたのですね。

はい。帰国後7年ほど横浜総合病院に勤務していたのですが、こちらの院長が退任されるということで、その後任として知人に紹介していただきました。それまで鶴見という土地には全くご縁が無かったのですが、活気があっていいところですね。若い世帯が多く住まわれているので、当院にもお母さんがお子さんを連れて来院されることが多いのですが、大変愛情深くお子さんを育てていらっしゃる方が多い印象です。

―どんな患者さんが多いですか?

主に近隣にお住まいの、お母さんに連れられたお子さん、それから駅に近いということもあって、若い方が多いです。あとは会社員の方も多いですね。当院は日曜日も診療していますし、お仕事をされている方でも無理なく通っていただけるように診療時間を設定しています。症状としては一般的な水虫や湿疹、若い女性のニキビのお悩みが多いです。私自身も女性ですし、スタッフも女性ばかりのクリニックですので、安心して悩みを相談したい女性の方に選んでいただけるのかな、と思っています。また、私は横浜総合病院に勤務していたころはご年配の方の診療をする機会が多かったので、その経験も生かせればと思っています。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Book banner s
Book banner m
Book banner ss
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細