春岡歯科クリニック

和波 照明院長

172509

地下鉄名鉄線吹上駅から徒歩10分ほど、環状線と広小路通りに挟まれた、春岡二丁目交差点そばにあるのが「春岡歯科クリニック」だ。院長の和波照明先生がこの場所にクリニックを開いてから10年になる。付き合いの長い高齢の患者の求めでこの地に移転、クチコミや紹介がきっかけで訪れる患者の多くが、治療後もしっかりと定期メンテナンスに通ってくれるという同院。今ではその割合が全体の半分ほどになったのも、患者にとって相談しやすく話しやすいクリニックである証拠といえるだろう。優しそうな印象を裏切らない思いやりの深さ、患者からは見えにくい歯科医療への熱い思いなど、和波院長からじっくりと話を聞いた。
(取材日2016年9月21日)

口の中から全身の体調が見えることもある

―この場所に開業されたいきさつを教えてください。

以前は通りを挟んだ向かいのビルの2階で開業していたのですが、患者さんの中にお寺の住職さんがいらっしゃいましてね。高齢になって移動が大変になり、ある時「うちの土地が空いてるからそこでやってみたら?」とお声をいただきまして。当時は障害者医療センターでも仕事をしていたので、バリアフリーや訪問医療について考えることが多く、この機会にと考えて移転することにしました。内装は白っぽく明るくしていますが、暗くすると見えにくいからなんですよ。椅子の高さも動作のしにくい方向けに35cmくらいと低めにして、長く座っていてもつらくならないように、クッションも寝具メーカーに特注しました。

―どんな患者さんが多いですか?

全体の半分ほどがメンテナンスの患者さんで、義歯や歯周病で通われています。最初は虫歯の治療で見えても、治療の中でいろいろとお話をして、理解していただいているからだと思います。初めに訴えのあった歯を治療しているときに「こっちの歯も悪くなってきているので、腫れたら痛みが出ると思いますよ」と理由も含めてご説明しておくと、実際に悪くなったときに駆け込んでこられて、以降はしっかりと歯磨きされるし、メンテナンスにもきちんと通われるようになることが多いのでしょうね。歯科医師なら経験のあることと思いますが、長く通っている患者さんだと、のどの奥の変化の様子から「ちょっと腫れているかな?」と気づくことがあります。それで、雑談の中で「しばらくしたら熱が出てくるかもね」などと話すと、本当に熱が出て後で驚かれます。また、噛み合わせの様子で腰痛と気づくこともあるんですよ。

―初診の診療の流れを教えて下さい。

新しい患者さんのほとんどはクチコミや紹介なので不規則に増えて混みあうようなことはありませんが、受付スタッフ以外には僕しかいないので、時間には余裕をもって来院をお願いしています。できれば初診は30分以上欲しいと思っています。虫歯を見て削って詰めてというだけなら早くすることもできますが、歯科治療は行き当たりばったりだと良い結果にならないことが多いのです。紹介の患者さんが多いこともあり、せっかくのつながりだからその場限りではなくて一生懸命やりたいという思いもあります。また、当院には助手も衛生士もいないので、片付けも含めて僕自身がやっているのですが、手や体を動かしつつ緊張感を途切れさせないようにしたいので、できるだけお約束の時間に来ていただきたいですね。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細