大山歯科クリニック

大山歯科クリニック

大山 秀樹院長

171942

阪急千里線千里山駅から徒歩15分、JR東海道本線吹田駅からバスで17分。メディカルモールの中、2階の角部屋が、「大山歯科クリニック」だ。24年間、さまざまな大学で歯科と医科両方を修め、研究を積み重ねてきた大山院長に、歯周病に代表される感染症をメインに、さまざまな話を聞いた。
(取材日2017年10月12日)

経験を生かしたいと考え開業

―2014年5月に開業とのことですが、経緯を教えてください。

一生大学で仕事をしていると思っていましたが、違った形で患者さんの力になりたいと考え開業しました。前職の兵庫医科大学では病理学という教室に10年所属し、歯周病やその他の感染症にかかわる免疫のことや、アレルギー関係のこと、糖尿病と歯周病の関連性について研究していました。週一日、歯科口腔外科で歯周病専門部門を開き、手伝わせていただいていました。あるきっかけで、「もしも自分が開業したならば」と考える機会がありました。経験値を生かせるというと、他科と共同でいろいろできる医療モールがいいと思っていた際に、この場所と出会い、さまざまな点で自分の理想に合致していたので、この場所で開業しました。

―メディカルモールのご近所付き合いはいかがですか?

当院の向かい側が内科のクリニックで糖尿病が専門の先生です。隣が皮膚科で、1階に耳鼻科と整形外科があります。皆さんと仲良くさせていただいています。クリニックモールの先生方とはほぼ必ず新年会があり、また時間が合えばお昼や晩ご飯を食べに行ったりすることもあります。このクリニックモール内のどの診療科さまも、歯周病と糖尿病との関連をはじめ、歯科と連携して治療を進めなければならない場合も多々あり、助けていただいています。

―患者層はどのような状況ですか?

お一人来られると、ご家族・ご友人・同僚の方など、患者さんのつながりで来ていただいています。「家族が通っていて……」と言って来ていただくことが増え、うれしいです。信頼していただけているならば、応えなければと身の引き締まる思いです。あとは、ホームページからの患者さんがかなり増えてきています。遠方では岡山から来られている方もおられます。現在の治療に不安を感じ、こちらに来られて治ったという方もおられます。なかには東京に引越しをされた後でも、わざわざメンテナンスのためにお越しくださる患者さまもおられます。

記事更新日:2018/01/16


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細