全国のドクター9,336人の想いを取材
クリニック・病院 158,521件の情報を掲載(2024年5月20日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 文京区
  4. 千駄木駅
  5. ひのまる歯科
  6. 渡邊 学 院長

渡邊 学 院長の独自取材記事

ひのまる歯科

(文京区/千駄木駅)

最終更新日:2023/08/04

渡邊学院長 ひのまる歯科 main

千駄木駅から徒歩1分、完全予約制の診療を行う「ひのまる歯科」。幹線道路沿いのビル9階にあり、窓から谷根千の落ち着いた街並みが見下ろせる。陽光の降り注ぐカウンセリングルームで話を聞いたのは渡邊学院長。健康な歯を守る上で最も大切なのは「患者さんの意識」という考えのもと日々診療に励んでいる。「治療後にどうなっていたいか。それをお話しいただくことから歯科治療は始まります。歯科医師任せではなく、ご自分の納得のいく治療を選択しましょう」と話す渡邊院長に、同院の特徴や診療スタイルについて詳しく話を聞いた。

(取材日2023年6月23日)

「聞く」から始まる、百人百様の歯科治療

カウンセリングを重視されていると聞きました。

渡邊学院長 ひのまる歯科1

歯学部を卒業後、しばらく町の歯科医院に勤めていたのですが、虫歯を削ったりつめたりしたことで多くの方が再治療を求める状況が続き、「これは違う」と感じたのを機に今の方針へ至りました。歯に穴が開くのには何らかの原因があります。それを追求し、あるべき状態に導かなくては、何度も再発を繰り返してしまうでしょう。そこで、縁のある先生方や歯科衛生士の方から、歯科医療の先進国といわれる北欧などで行われている診療について話を聞き、何が必要なのかを考えました。その中で「これだ!」と思ったのがカウンセリングです。患者さんのお口とそれを取り巻く生活環境を踏まえた治療やケアをいくらご提供しても、ご自身に自分の歯を守る意識がないことには良い結果は得られません。患者さんの意識を引き出し、それぞれが継続できる方法を見つけていくお手伝いをするのが歯科医師の役目と考えています。

具体的にはどのように診療を進めるのですか?

開業当初はとにかく説明が大事と考えていましたが、今は患者さんのお話を「聞く」ことを優先するようになりました。例えば、治療後に患者さんがどうなっていたいか、お仕事・ご家族の状況、過去の治療内容も詳しくお尋ねしています。患者さんのご希望や生活背景がわからないことには、治療のゴールが決められないと考えているからなんです。極端な話、「歯が痛い」というお悩みは抜歯をすれば解決するでしょう。ですが、新たに「大切な歯を失う」という問題が発生します。もしかしたらそれは患者さんの望む未来ではないかもしれません。そうしたことから、当院では歯科医師任せではなくご自身で納得のいく治療を選んでいただく診療スタイルを取っています。もちろん、各治療法のメリット・デメリットも丁寧にお伝えしますし、マイクロスコープを用いて口腔内の状態をリアルタイムに共有しながらご判断いただくことも可能です。

患者さん主体で進められるのですね。

渡邊学院長 ひのまる歯科2

今何に困っていて、この先どうなりたいか。その答えは、百人百様です。でも治療の目的がわかれば、その方のご希望に合ったプランを複数提示して、ご本人に選んでいただけますよね。もっといえば、当院ではご希望に添えないケースだってあるでしょう。そうした場合は、他の先生に診ていただいたほうが、その方の人生の大切な時間を有意義に使っていただけるかもしれません。極論、患者さんが幸せに暮らしていけるのであれば、何も私が治療を行う必要はないわけです。あくまで患者さんが快適な人生を送れるかどうかが第一。もし、当院での設備、知識、技術で希望にあった治療が難しいと判断すれば、より相応しいと思える先生をご紹介しています。もちろん、状況によっては、今すぐ決められないという方もいるでしょう。そうした場合は、また別の日に受診していただき、お話をしながら決めていければ良いと考えています。

自分の歯を守る意識と習慣を身につけてもらうために

どのような患者さんが多いですか?

渡邊学院長 ひのまる歯科3

地域の方から遠方の方、セカンドオピニオンで来院される方もいらっしゃいます。虫歯や歯周病の方はもちろん、特に症状がなくても検診やクリーニングを希望される方も多いですね。そうした方にはじっくりお話しすることから始めます。マイクロスコープなどを使って得られたデータをもとに、現状と将来的なリスクなどをご説明すると、どうしてもお話だけで1時間はかかってしまうんです。その後、2時間かけてブラッシングや生活背景のチェックと指導、クリーニングを行います。初回からたっぷり時間をかけ、患者さん自身に歯を守る意識を持っていただければ、その後は半年に1度程度のチェックでも良い状態を保っていけるのではないでしょうか。基本的に、初診時は検査とカウンセリング、応急処置のみを行なっています。ですので、「時間も回数もかけず、すぐに治療を始めてすぐに終わらせてほしい」という方には、当院は適さないだろうなと思っております。

歯科医院が苦手な人にはどう配慮されていますか?

「治療が苦手」と一言で言っても、「チェアに座るのが嫌」「麻酔が苦手」「歯を削られたり、血が出たりするのが嫌」など、その原因はさまざまだと思うんです。ですので、具体的にどの程度であれば問題がないのか一つずつ明確にするようにしています。特に痛みへの不安が大きい方は、痛みを強く感じやすい傾向があるので、初診の際は強い痛みを伴う治療は基本的に行いません。すぐに決断を迫らず、今日の処置はどこまでならできそうか確認することが大切なんです。また、治療に恐怖を感じる方は、来院されること自体がつらいはずです。「それでも治療を受けたい」と言われる患者さんの勇気にお応えして、少しでも快適に過ごせるようお手伝いができたら。もちろん、できないことはできないと言いますが、できる限り患者さんのご要望に沿った治療をご提供したいですね。

予防にも力を入れておられるようですね。

渡邊学院長 ひのまる歯科4

はい。予防において特に重視しているのは、患者さんご自身の「歯を大事にしたい」という気持ちです。私たちがなぜ毎日、歯を磨かなければならないかというと、虫歯や歯周病にならないためですよね。つまり歯を大事にしたいから、磨いているのです。ただ、逆に考えると「歯を大事にしたい」という気持ちがあるのなら、その手段は何も歯磨きだけではありませんし、歯科医師の立場から専門的なアドバイスをすることも可能なんです。例えば虫歯であれば、食生活やフッ化物の使い方等の生活習慣の見直しも必要でしょう。歯周病予防のためには、喫煙習慣から歯並び・噛み合わせ、詰め物・かぶせ物が適切かをチェックして、必要に応じて治療をしなければなりません。そういう意味では、予防も治療の一部といえると思います。

ネットワークを活用し難症例であっても解決方法を探る

特に力を入れていらっしゃる治療は?

渡邊学院長 ひのまる歯科5

基本的な虫歯・歯周病・入れ歯の治療について、文献、特にガイドラインをベースにした治療計画・予防計画を土台とし、ニーズに合わせて総合的に対応しています。ただ、すべての治療を最後まで私一人で担えるとは思っていません。より高度な治療、複雑な治療が必要だと判断した場合には、専門的な治療ができる先生方に速やかにご紹介しています。幸い、さまざまな分野に高い専門性を持つ先生方とのネットワークも形成できていますので、難症例でも当院を入り口として適切な治療への道筋をつけることが可能です。抜歯の検討が必要な難しい症例でも、マイクロスコープを活用して細部まで確認した結果、抜かずに治療することが見込める場合もありますので、諦めずにご相談ください。

千駄木エリアに対して、どんな印象をお持ちですか?

千駄木は実際に暮らしてみると想像以上に温かい土地柄で、現代では貴重な「人と人とのつながり」がある魅力的な街です。小学生の子どもがいるのですが、地域の皆さんに一緒に育てていただいている感覚があります。患者さんとも、新しくできたお店のことなど世間話でよく盛り上がるんですよ。地域の皆さんとのつながりがあってこその当院だという、感謝の思いを常に持ちながら日々診療しています。お祭りでみこしを担いだり、子ども向けのイベントを主催させていただいたりするのも、この街ならではの楽しみですね。

今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

渡邊学院長 ひのまる歯科6

自分自身が新しい知識や技術を身につけて患者さんに還元することはもちろん、勉強を通じて先生方とのつながりが広がっていくのは楽しいものです。今後もさらに学びを深め、ネットワークを強化して、皆さんのお役に立ちたいと考えています。虫歯の再発やお口のトラブルでお悩みの方、その原因は意外な生活習慣にあるかもしれません。一度じっくりとお話しをして、その原因と対策を一緒に探ってみませんか。そして、治療後にどんな人生を送りたいか、ぜひお聞かせください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/55万円~、矯正治療/66万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access