医療法人社団翠会 川崎さつき橋デンタルオフィス

医療法人社団翠会 川崎さつき橋デンタルオフィス

池田祐子 院長

171875 df 1 main 1441351735

かかりつけ医として、歯やお口の知識をもっと広めたい

―歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

私、実は歯科医院にかかったことがなかったんです。歯科大学の付属幼稚園に通っていたのでフッ化物洗口などをきちんとしてもらっていたということがあったのかもしれませんが、とにかく歯が丈夫で。歯科医院でどんなことが行われているのかも知りませんでした。医療関係の仕事に就くつもりではいたのですが、歯科医師になったら歯を削ったり、入れ歯をつくったり、工作みたいなことまでやらなければいけないということを授業で習ったときには衝撃的で。だって、医科のドクターが義肢や義眼をつくるなんてことはないでしょう? あまりにも知識がないので先輩や同級生からはよくからかわれましたよ(笑)。

―歯科医師になって良かったと思われるのはどんなときですか?

私がそうだったから余計に実感できているのだと思いますが、世の中の人が歯やお口について知らないことはかなり多いと思うんです。それを知ってもらえたときには歯科医師になって勉強してきて良かったな、と思います。例えば治療費。ネットで検索すると、安価の治療を謳っている歯科医院が見つかります。もちろん中には良心的なクリニックもあると思うのですが、安いということは何かに妥協しているという場合が多いんです。材料のラインナップが少なくてぴったりのものがつくれなかったり、長く保たなかったりする。長い目で見たら、多少値が張ってもよい素材を使っているクリニックを選ぶほうがいい場合が多いんです。そういった知識を、今後も広めていきたいですね。

―休みのときにはどんなことをして過ごされていますか。

寝てるか、買い物してるか(笑)。最近はビジネス書を読む機会が増えましたね。クリニックを一つ任せてもらっているので、いかに楽しい職場にできるか、という点を学びたいと思って。歯科医院のスタッフというのは激務なので、その中でも自分なりの楽しみを見つけてもらったりステップアップの場にしてもらうにはどうすればいいか、といったことを本から学んでいます。リフレッシュの方法は、大学時代の教室や部活の仲間と会うことでしょうか。弓道部に入っていたのですが、高柴理事長も弓道部のOBなんですよ。先輩の話を聞いて勉強したり、後輩が頑張っているのを見て刺激を受けたりしています。

―今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

開業してから1年と少し経って、定期メインテナンスで通ってくれたり、かかりつけとして毎回通ってくれる患者さんが少しずつ増えてきました。これからも、皆さんに、来てよかったと思ってもらえて、なにかあったときに頼ってもらえる、ハードルの低いクリニックでありたいと思っています。読者の皆さんには、年齢を重ねたときに健康について考えてもらいたいですね。30代以降、体の不調も出やすくなるしお口の中の環境も変わってきます。年配の患者さんを見ると、歯があるのとないのとでは年齢は同じでも受ける印象がまったく違うんですね。歯があって食事ができれば栄養状態も良くなりますし、噛むことができれば足腰も強くなる。入れ歯を変えただけで寝たきりが治ったというような事例もあるくらい、歯というのは全身の健康に強い影響力を持っているんです。アンチエイジングという意味でも、美容院と同じような感覚で歯科医院でケアする習慣をつけていただきたいと思います。それから、ひと昔まえと比べても今は保険の範囲内でも格段によい素材を使えます。以前の素材だと金属の割合が高いので、今後身体に悪い影響を与えかねません。ですから、小さい頃に詰め物やかぶせ物をされた方は、入れ替えも視野に入れてぜひ一度歯科医院で確認してみてください。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

歯列矯正:検査・相談料3万円、第Ⅰ期25万円~35万円、第ⅠⅠ期80万円~95万円(分割支払い可能)、インプラント治療:15万円



Access