京成津田沼バニラ歯科

京成津田沼バニラ歯科

阿部美幸院長、阿部芳之先生 

171759 df 1 main 1438143247

習志野市の「京成津田沼バニラ歯科」は、阿部芳之先生と阿部美幸先生夫婦が、「家族みんなで通えるクリニック」をめざして2014年に開業した。美幸先生が院長となり女性目線をいかんなく発揮。キッズスペースを、単なるスペースではなくルームとして独立させたり、親子で治療ができる個室を備えているのも美幸先生のアイデアだ。「私の経験を生かして、お母さんとお子さんに優しいクリニックにしたかったんです」という。忙しい人にも通ってほしいと、平日は夜8時まで、土・日曜日も診療しているのも大きな特徴だ。予防に力を入れ、「歯医者さんは虫歯になってから行くところという概念を変えたい」という共通の思いを持った両先生に、医療に対する思いをじっくりと聞いた。
(取材日2015年6月22日)

子育て中でも安心して通える、女性目線のクリニック

―開業から1年とのことですが、どういった患者さんが多いのでしょうか。

【美幸院長】お子さんと、そのお母さんが大半を占めています。お子さんの虫歯治療などをきっかけに来院されて、そのお母さんがご自分の歯の治療にいらっしゃるという流れが多いです。
【芳之先生】京成津田沼駅の周辺は、小児歯科がほとんどないんです。JRの津田沼駅周辺には小児歯科の医院があるので、そこまで通っているという方が多くて、苦労されていたようです。

―ご夫婦で診療されていますが、女性が院長というのは何か理由があるのですか。

【芳之先生】女医がいることが、すぐにわかるからです。お子さんを通わせたい方や女性の方は、女性の医師がいる医院を探すと思うんです。でもホームページなどでは、細かく見ないとわからないところも多いですよね。その点、院長なら名前が表に出ますからぱっとわかるので、女性の方が来やすいのではないかと思ったんです。
【美幸院長】お子さんをお持ちの方は、歯医者に通えなくて困っている方がすごく多いので、そういう方にこそ通っていただきたいんです。最近はキッズスペースがある歯科医院も多いですけれど、「赤ちゃんは泣き叫んじゃうし、迷惑がかかるから、子どもがいると歯医者に行っちゃいけない」と、歯が痛くても我慢したりしてしまうんですね。その点、ここはキッズスペースを完全に独立させた個室にして、声が漏れないようにしているので安心です。好きなおもちゃやぬいぐるみなど、お気に入りのものを持って来てお家と同じように過ごせる空間になっています。歯医者が苦手なお子さんでも、お母さんと一緒に治療を受けることができるよう、個室も用意してあります。

―女性目線の歯科医院ということが、大きな特徴なのですね。

【美幸院長】はい。スタッフもみんな女性ですので、「女性ならではの目配り、気配り、心配りを忘れないでね」と言っています。あとは「女の子は笑顔が可愛いから、笑顔でね」ということも(笑)。土足にしたのも、私の意見です。この辺は高齢の方も多いと聞いていたので、靴を脱がずにすむようにしました。スロープも大事ですけど、靴を脱いだり履いたりするために腰を曲げるので、実は、すごく負担がかかるんですよね。その負担を軽減しようという設計にしました。もちろん、ベビーカーで来院される方にとっても、段差がないので移動がしやすいようになっています。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細