全国のドクター9,238人の想いを取材
クリニック・病院 160,685件の情報を掲載(2022年6月30日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 茨木市
  4. 茨木市駅
  5. 柏木歯科医院
  6. 柏木 淳平 院長

柏木 淳平 院長の独自取材記事

柏木歯科医院

(茨木市/茨木市駅)

最終更新日:2021/10/12

170906

阪急京都本線「茨木市駅」から徒歩で約3分の位置にある「柏木歯科医院」。勤務医としてキャリアを積んだ院長の柏木淳平先生が、2013年10月に開業した。親切で丁寧な診療は患者から好評だという。口腔内CCDカメラやデジタルレントゲンなどを活用し、モニターに映した画像をもとに患者に説明する。「患者さんの歯がどのような状況で、これからどのように治療をしていくのか、実際の映像を見ていただければ不安は解消すると思います」と柏木先生。診療時のカウンセリングに時間をかけ、可能なかぎり要望をかなえてあげたいと、患者の話に耳を傾ける。

(取材日2017年10月23日)

クリニックは、健康的できれいな白い歯をイメージ

歯科医師をめざした理由と、開業までの経緯を教えてください。

1

歯科医師になると決めたのは高校生の時です。当時は、医療関係の職業に就きたいと思い医師を志しました。医師か歯科医師か迷いましたが、食事をする口の健康を守ることで患者さんの全身の健康を守れると思い歯科医師に決めました。大学は大阪大学の歯学部に進学して、卒業後は大学院に残って義歯の勉強をしました。当時は今のような研修医の制度がなく、大学卒業後は大学院に残って勉強をするか、研修医になるか、開業医のところで勤務をするか、どれかを選ぶことになっていました。そのとき私は、懇意にしていた先生が誘ってくださったので、それが縁で大学院に進みました。その後は複数の歯科医院でキャリアを積んで、2013年にこちらで開業しました。

落ち着いた雰囲気の待合室ですが、こだわったのはどのようなところですか。

お待ちいただく際にくつろいでいただけるよう、待合室はゆったりとした空間にしました。白を基調にしたのは、「健康的できれいな白い歯」をイメージしたからです。患者さんには、いつまでも健康的な歯で過ごしていただきたいという思いを込めました。こちらが診察室ですが、診察のときには患者さんとゆっくりお話しをしたいと思っているので、プライバシーを考慮して半個室になっています。周りを気にせずお話しいただけるのではないでしょうか。あちらにはキッズスペースを設けてあるので、お子さん連れでも、ほかの患者さんに気兼ねすることなくお待ちいただけると思います。そのほかでは、衛生管理にもこだわっています。待合室や診察室を清潔に保つだけでなく、診療ではなるべく使い捨ての材料を使用したり、治療で使う器具は超音波洗浄器や高圧蒸気で滅菌したものを使用したりしています。

クリニックにはどのような患者さんが来院されますか。

2

年齢や性別を問わずさまざまな患者さんに来ていただいていますが、多いのは20代から30代の方でしょうか。近くに大学があるので学生さんも多いですし、駅からも近いため、ビジネスパーソンの方が予約なしで来院することも多いですよ。それがきっかけで、長く通っていただいていています。主訴は虫歯や歯周病ですが、顎関節症の患者さんがときどき来ます。数はそれほど多くはないのですが、近くの内科などを標榜していらっしゃるクリニックからご紹介いただいているようです。顎関節症の症状は顎が痛い、開きにくいなどといったケースが多いので、ストレッチやマッサージなどをしたり、自宅でできるマッサージ法などの指導をしたりしています。そのほかでは、予防にも力を入れているので、定期的にメンテナンスに通われる患者さんが増えています。

診療を通じ、歯の健康をトータルにサポートしたい

診療で心がけているのはどのようなことですか。

3

クリニックでは診療前にカウンセリングをするのですが、そのときに患者さんから言われるのが、説明をしてから治療をしてほしいという要望です。ですので、クリニックでは歯の状況がどうなっているのか、そして、どのような治療をしているのかご理解いただくため、口腔内カメラを使って実際の画像を見てもらいながら説明しています。口で説明されても理解できないけど、映像を見てよくわかったとおっしゃる患者さんが多く、とても好評です。そのほかでは、治療方針を決めるときには患者さんの要望をしっかり聞いて、こちらの考え方を一方的に押し付けないことです。例えば、患者さんの中には保険を使って治療してほしい方もいれば、お仕事の都合で応急的な治療を希望される方もいます。そうした要望には、可能な限りこたえていくようにしています。

さまざまな診療機器を導入されていますが、いくつかご紹介いただけますか。

先ほどお話しした口腔内CCDカメラですが、これはとても高精度なカメラで、細部まで鮮明に撮影をして、目の前の大きいモニターで見ていただいています。虫歯や歯周病の状態をわかりやすく説明できるので、治療にとても役立っています。そしてデジタルレントゲンですが、こちらは患者さんへのX線照射量を従来に比べて半分以下に抑えられるだけでなく、映像をデジタル画像で処理しているので、虫歯の状態などを大きなモニターに映して詳しくご説明しています。そのほかには、電動麻酔器もあります。3段階の注射スピードが選択でき、ゆっくり一定に麻酔注射をすることで、痛みを極力抑えることができます。

ホームページに「トータルサポート」とありましたが、詳しく教えてください。

4

クリニックには若い方からご年配の方までさまざまな患者さんがみえますが、すべての方に同じ治療をするわけにはいきません。高い質を求める方もいれば、保険診療の範囲で治療をしたいという方もいるため、どのような患者さんが来ても対応できるようにしています。また、同じ症状でも、年齢によって最適な治療方法が違うこともあるため、患者さんのライフステージにあわせた治療も心がけています。最近力を入れているところでは、治療が終わった患者さんの予防の意識向上で、歯の状態が悪くなる前のメンテナンスをお勧めしています。こうした取り組みを通して、地域の患者さんの歯とお口の健康をずっと守っていきたいと思っています。それがクリニックの「トータルサポート」です。

気軽に相談できる歯科クリニックでありたい

予防に力を入れているとのことですが、虫歯予防のポイントはどんなところですか。

5

虫歯の予防で大切なのは、生活習慣の改善だと思っています。歯磨きも重要ですが、それ以上に食べているものだとか、1日に取っている食事の回数だとか、食事の間隔だとか、そういう生活習慣を見直すことが大切です。ですので、治療に来た患者さんには生活習慣を必ず聞いて、甘いものばかり食べている方や糖分の多いコーヒーをよく飲む方には、それらを控えるように指導をしますし、間食が多い方には間食を減らすように指導をします。また、虫歯の治療が終わった患者さんには、定期的なメンテナンスも勧めています。半年に1回でかまわないのでメンテナンスをすれば、いつまでも健康な歯を保っていけるのではないでしょうか。

今後の展望はございますか。

診療科目を増やし、さまざまな症例の患者さんを受け入れています。すべての患者さんを私が診るというのではなく、お口の悩みを気軽にご相談いただける最初の窓口になりたいと思ったからです。気軽にご相談いただければ悪化する前に治療できますし、患者さんが専門的な治療を希望すれば、ふさわしい先生や病院を紹介しています。それが地域貢献につながるのではないでしょうか。この方向性はこれからも貫き、ご相談に来られたすべての患者さんのお力になりたいと思っています。展望としては、「患者さんの健康は自分がサポートする」という責任感のある衛生士をもっと増やしていきたいですね。最近、治療が終わった患者さんに予防の大切さをご紹介してきたところ、メンテナンスを希望される患者さんが増えてきました。しかし、希望する日に予約できないケースもあるようで、患者さんにご迷惑をおかけしています。そのため、できるだけ早く増員を実現したいです。

最後に、読者へメッセージをお願いします。

歯医者さんは歯を削ったり、麻酔の注射をしたりするため、好きな方は少ないと思います。ですが、早めに受診すれば治療もそれほど負担にはなりませんし、通院回数も少なくて済みます。お口のことならどんなことでもお力になれると思いますので、気軽に来ていただけるとうれしいですね。お口の健康を守るためには、数ヵ月ごとにメンテナンスをしていただくのが理想ですが、相談だけで構わないので、年に1回は受診していただくといいと思います。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access