おさめスキンクリニック

おさめスキンクリニック

納 さつき院長

Bana

クレンジングの大切さを伝え、健康で美しい肌に導く

―力を入れているのはどんなことですか。

毎日自分で肌を調節するためのアドバイスに力を入れています。クレンジングと洗顔については、今どんなことをしているかを伺い、その人の肌に合ったケアの仕方をアドバイスしています。これは、どんな方でも一緒、基本中の基本です。しっかりクレンジングすることで、不要な角質を除去して、きれいな肌が出てくるようにします。毛穴のケアがきちんとできないとニキビもできるし、肌が衰えてきます。アトピーも肌に合った方法でケアをすることで、新しい皮膚を早く作るように促せるんですよ。皆さんがもともと持っている肌に戻し、健康できれいな肌になってほしいと思っています。

―クレンジングの大切さを伝えるようになったきっかけを教えてください。

クレンジングだけに15分かけるケアの方法があります。この方法を考案した先生のもとでクレンジングを教えていただき、肌作りに欠かせない、大切なものだと学んだのがきっかけです。この先生のスキンケア商品やドクターズコスメなども当院でご紹介しているんですよ。また、思春期になると皮脂腺が発達してきますが、そこできちんとクレンジングしていれば、ニキビができにくくなります。ニキビにならなければ、将来ニキビ痕に悩むこともないですしね。クレンジングはメイクをする女性だけでなく、子どもや男性にも大切です。アトピー性皮膚炎の子どもでも、クレンジングにより皮脂腺が活発になってくると皮膚が潤ってきて、症状の改善につながっていく場合もあるんですよ。

―ニキビの治療を希望される方も多いとお聞きしました。

ニキビの一番の原因は、毛穴の詰まりです。体質や食生活などの他に、ストレスや寝不足などの生活習慣も原因となります。皮脂腺をコントロールするのが交感神経や男性ホルモンなのですが、日常でも仕事でも忙しい日々が続くと、どうしてもこの「戦う」ホルモンに傾いてしまいます。お仕事をされている女性の中には、ニキビ症やあぶら症でお困りの方が多いという印象です。よく、ニキビと吹き出物は違うと言われていますが、年齢に関係なく、実は一緒なんですよ。ニキビ痕はひどくなる前にきちんと治すのが痕にならないコツです。

―先生ご自身も、ニキビに悩まれた経験があるとか。

実は、大学生の頃、ニキビや毛深いことで悩んでいました。おかげさまで今では「全然わからない」と言われるまでになりましたが、そういう思いをしたことがあるからこそ、ニキビや毛深いことでお悩みの患者さんのお気持ちにも、親身になってご相談に乗れると思います。



Access