三軒茶屋矯正歯科クリニック

三軒茶屋矯正歯科クリニック

中村真治 院長

頼れるドクター

170823 df 1 main 1412905783

東急田園都市線・世田谷線三軒茶屋駅からすぐの場所に位置する「三軒茶屋矯正歯科クリニック」。2014年3月に開業したばかりの院内は、明るく清潔で、アロマの香りが漂う居心地の良い空間だ。院長の中村真治先生は、若々しく、スーツを颯爽と着こなし、物腰も柔らかく、患者さんはすぐに打ち解けられるだろう。奥羽大学附属病院で助教を務めた経験を持ち、クリニックのスタッフは同大の先輩、後輩だ。スタッフ同士のチームワークが非常に良く、楽しく仕事に取り組んでいる雰囲気がよく伝わっている。クリニックでは最新の医療を積極的に取り入れ、中村先生も非常に勉強熱心だ。インタビューでは、中村先生が矯正歯科医療の仕事に対する情熱が伝わってきた。
(取材日2014年9月22日)

最先端の医療を取り入れるため、アンテナを常に張る

―開業までの経緯を教えてください。

大学院時代の先輩にあたる副院長の井上敬文先生をはじめ、学生時代の先輩、後輩で一緒に仕事がしたいと開業しました。僕は本当に周りの人に恵まれていて、矯正を専門とするドクターは僕も含めて6人で、毎日楽しく仕事をしています。クリニックの環境は、雰囲気がよく生活もしやすいこと。その中で、特に食べ歩きが好きなので、夜遅くまで営業しているお店が沢山ある場所ということで、三軒茶屋を選びました。開業して半年経ちましたが、毎日新しい発見があり、いつもスタッフとみんなで食べブログばかり発信していますね(笑)。これからは世田谷区の地域に支持される矯正専門のクリニックにしていきます。

―矯正を専門に研究しようと思ったのはいつ頃ですか?

大学生の頃、虫歯になってから治療するのではなく、根本から虫歯をなくしたい、予防したいという思いがありました。虫歯の原因のひとつに歯並びの悪さがあり、そこから矯正の勉強が始まったんです。大学の矯正の講座で、噛み合わせの権威であるランドマーク歯科(自由が丘)の伊藤秀文先生と出会い、共同で研究ができたことはかけがえのない経験です。大学を退職した今も、月に1回、ランドマーク歯科で勉強をさせてもらっていて、当院でも歯並びから噛み合せの診断に「TWIN HOBY」という咬合器を診断方法の一つとして取り入れているんですよ。ドクター同士で勉強会を行ったり、学会やセミナーにも積極的に出席するようにしています。患者さんのために、常に最先端の技術、情報を得て、アンテナを張っていますね。

―診療時間が14時半〜22時というのは珍しいですね。

矯正の患者さんが通院しやすい時間帯を考えて、夜遅くまでの時間に設定しました。お子さんは午前中が学校で、午後から来院します。午前中の診療時間は設けず、その分夜は22時まで。大人の方だと平日の日中は仕事があり、20〜21時台に来院する患者さんも多いですね。土曜日は9〜18時まで診療しています。日曜日はお休みにしています。三軒茶屋は美容師さんや美容関係、医療関係、デザイン関係の方が多く、そういった方たちのニーズに合った診療時間のようです。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Yokohama a
Shonan a
Shinnakasugi a
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細