求人情報ON
武蔵小杉整形外科

武蔵小杉整形外科

小谷野康彦 院長

170798 df 1 main 1430362551

白衣のポケットには、25年前整形外科に入局したときから使っているという整形外科医用ハサミ。そんなこだわりにも、整形外科医としての矜持が感じられる「武蔵小杉整形外科」小谷野康彦院長。大学病院などで、長年、膝関節疾患やリウマチに特化した治療に取り組み、リウマチに対する生物学的製剤治療や膝関節骨壊死症などの経験も豊富な専門医だ。沿線の医療施設で地域医療に携わってきたこともあり、近年開発が進む武蔵小杉でより多くの患者に医療を提供したいと、2014年8月に駅北口にある医療モール「武蔵小杉駅前メディカルプラザ」内に開業した。これまでの経験をもとに「地域のかかりつけ医として、また専門医としての治療の完結をめざしたい」と語る小谷野院長。趣味はバイオリンで、母校のOBオーケストラにも所属するという一面をもつ。ダンディな風貌と気取らない語り口も魅力的なドクターだ。多くの患者に慕われる小谷野院長に、クリニック開業や医療への思いを語っていただいた。
(取材日2014年9月17日)

長年の経験をもとに、満を持して開業

―医師を志したきっかけやこれまでの経緯を教えてください。

私は埼玉県の浦和出身で、歯科開業医である父の背中を見て育ちました。子どもの頃、父が患者さんから「いつもありがとうございます」と声をかけられるのが印象に残っており、「医業はやりがいのある仕事だな」となんとなく感じていたようです。兄が歯科医師をめざしたため、私は違う道に進みたいと考えて医学部に進みました。学生時代は内科医になろうかと考えていたのですが、先輩に「整形外科に向いているよ」と誘われ、言われるがまま整形外科に入局しました(笑)。いつも白衣のポケットに入れているハサミは、入局時に配られた物で今も大切にしています。専門は関節外科で、軟骨に関する基礎研究を行いながら20年間大学病院で変形性膝関節症の治療や人工関節手術などに携わり、その後、勤務医としてリウマチの専門治療にも取り組んできました。

―武蔵小杉で開業されたきっかけは?

私自身が武蔵小杉に住んでおり、地域の方々のお役に立ちたいという気持ちと、それまで長年勤務していたのが東急線沿線の病院とリウマチ専門クリニックでしたので、これまで拝見させていただいていた方々も引き続き診察するには東横の交通の要である武蔵小杉が最適と思っていたからです。5年前からずっとこの地域で開業したいと場所を探していて、やっと出会ったのがここなんです。ちょっと広過ぎるぐらいなのですが(笑)、いい場所が見つけられたと思っています。

―素敵な雰囲気のクリニックですが、開業の際、こだわられたのはどんなところですか。

整形外科というと少し堅いイメージがありますので、受付や待合室は「癒しの空間」をコンセプトに、少し大袈裟ですが、ホテルのロビーをイメージして、患者さんの気持ちが安らぐような優しい雰囲気を醸し出そうと色合いやインテリアを工夫しました。BGMには私の好きなクラシック音楽を流しています。設備的にはスペースが広くとれたので、全体に余裕のあるつくりになっています。多くの患者さんの診察や処置が同時に行えるように、診察室や処置室も複数設けましたし、これから多様な診療を手がけたいと思っていますので各室はパーティションで仕切り、必要に応じて改造もできるようになっています。

―オープンから1ヵ月半とのことですが、少し落ち着かれましたか。

多くの患者さんに来ていただき、スタッフもいい人が集まってくれて、まずまずのスタートではないかと思っています。これから大丈夫かなと不安な気持ちはありますが、幸い、疲れやストレスはないんですよ。開業医としてはまだまだ駆け出しですから、先輩の話なども聞きながら、頑張ろうという気持ちが強いですね。患者さんは、今まで私が診ていた方と、チラシやホームページで当院を知って来てくださってきた方が中心です。また、当院は医療モール内にあるので、階下にある眼科や耳鼻科を受診された方にも認知されています。ただ、外を歩いていてもビルの外にはあまり目立つサインもなく、広告もあまりしていませんので、インターネットの力は大きいなと実感しているところです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細