全国のドクター8,987人の想いを取材
クリニック・病院 161,453件の情報を掲載(2020年2月21日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 文京区
  4. 本郷三丁目駅
  5. 本郷四丁目歯科
  6. 林 以庸 院長

林 以庸 院長の独自取材記事

本郷四丁目歯科

(文京区/本郷三丁目駅)

最終更新日:2019/08/28

170759 df 1 main 1447054202

「本郷四丁目歯科」は本郷三丁目駅から徒歩5分、古くからの街並みと新しいマンションが混在する春日通り沿いにある。2014年に開業した当医院は、ガラスと木の異素材を組み合わせた入口など、院内はとてもスタイリッシュで清潔感のある印象だ。院長の林以庸(はやしやすのり)先生は、「目まぐるしく進歩している歯科の世界でもっといい治療ができるように、常に勉強を続けている」と熱く語る。インプラントなどの自由診療も行っているが、保険治療でも自由診療でも分け隔てなくマイクロスクープなどの新鋭機器を用いた治療を行う。院内のこだわりや治療方針、参加している勉強会や専門である歯周病治療についてなど語ってもらった。
(取材日2015年10月26日)

車いすやベビーカーが入れる広い個室を完備。衛生管理を徹底的に行う

治療もクリーニングもすべて個室で行うんですね。そして広々としていますね。

170759 df 1 1 1447054202

院内はバリアフリーにしてスロープをつけました。治療中には病状の説明やプライベートの話などをしますから、プライバシーを考慮して治療室もクリーニングルームもすべて個室にしました。個室は車いすの介助の方やお子さんの付き添いの方、ベビーカーの方でも入れるように、そして閉そく感を感じさせないように広くしました。個室同様にレントゲン室もゆとりのある広さです。また、虫歯や歯周病は最近感染ですから口腔内の治療をする歯科医院は厳重な衛生管理が必要になります。メンテナンスに使う歯ブラシや器具などは、患者さんごとに専用のものを使うようにしています。仮歯や義歯のかけらから粉じんが出て空気中に浮遊しますが、それを吸い込むと体に悪い影響を及ぼす可能性があります。そのため当院では、通常診療室に設置する口腔外バキュームを消毒室にも入れて粉じんを吸い取り、室内の滅菌に力を入れています。

患者層について教えてください。

近年マンション開発が進んでいるせいか、ファミリー層が多いですね。最初に来院された奥さまが、お子さま、ご主人さま、おじいちゃん、おばあちゃんを連れて来て、ご家族で通ってくださることもあります。年齢層は幅広く、下は3歳くらいから上は93歳までいらっしゃいます。この辺りは都心でも下町でもない文教地区ですが、昔から本郷にお住まいの方もいらして、人情味のある感じが残っているところもいいですよね。近くの大学病院や遠くにある著名な先生の歯科医院に通う方もおり、皆さんの歯科治療に対する意識は高い印象です。

専門は歯周病だと伺いました。

170759 df 1 2 1447054202

大学卒業後は大学院の歯周病科で研究していました。その後は港区白金台にある富沢歯科医院で補綴物や入れ歯などの経験を積み、2014年に当院を開業しました。歯周病の治療は日々進化していて、従来の治療では歯根の表面にあるセメント質や歯肉が拡大視野下でない場合、傷つく可能性があることが報告されています。当院は超音波スケーラーやエアフローを使って、歯根や歯肉を傷付けないように歯石と細菌のかたまりを除去しています。初診時は皆さんに歯周病の検査を行い、ご希望があれば治療やクリーニングを行います。症状が軽度の場合は歯科衛生士がクリーニングを行い、中度、重度の場合は歯科医師である私が診察にあたります。

歯周病を研究してきた院長が先進の機器を用いて治療や予防に取り組む

メンテナンスに力を入れているそうですね。

170759 df 1 3 1447054202

虫歯や歯周病といったトラブルは感染症です。たとえ治療をしても、その後手入れを怠って再発しては元も子もありません。歯ぐきは歯を守るクッションの役割をしていますが、歯周病が進行して歯ぐきがどんどん薄くなると、歯を守ることができなくなりますし、虫歯にもなりやすくなります。予防のためには患者さんが日々のお手入れをし、歯科医院でクリーニングを定期的に受けて、口腔内をきれいに保つことがカギになります。ですから、治療終了時には皆さんに「治療が終わってからがスタートです」とお話しているんですよ。歯科衛生士が行うクリーニングは歯の健康を保つために欠かせないものですから、重視しています。患者さんからは、歯科衛生士も「先生」と呼ばれているんですよ。保険治療で受けられますのでぜひ足を運んでいただきたいですね。

診察時に心がけていることを教えてください。

患者さんに長い間役立つ治療や処置を行いたいと考えています。ですから初診時は応急処置が必要な1本の歯だけでなく「一口腔内」ととらえて、約1時間かけて、丁寧に診察をします。初診料をいただくのですから、それに見合ったことを行いたいと思い、レントゲン撮影など口腔内の診査をして、主訴以外の提案もいたします。口腔内全体についてお話しながら、その方に合わせた治療プランもいくつか提示するようにしています。もちろん、どこまで治療するかは患者さんと相談しながら決めていきます。レントゲンを撮ることで医師の立場からすれば今後に生かせる貴重な記録になりますし、患者さんにとっては自分の口の中を知るいい機会になりますので、口腔内写真をお渡しするようにしています。それに、患者さんはお話するよりも目で見た方がわかりやすいと思いますから。そういう意味もあり、診療室には大きなモニターを設置し、患者さんに画像を見てもらって「ここを削りますよ」なんてお話しながら治療にあたっています。また、マイクロスコープを使って虫歯や歯周病などの治療を正確に、必要最低限の範囲で治療するように心がけています。マイクロスコープで拡大するとしないのでは治療に格段の差が出てきますから。

勉強会での活動にも力を入れられていると伺いました。

170759 df 1 4 1447054202

歯科治療の世界は日々進歩しています。そして自分自身も、もっと高いレベルの治療を地域の皆さまに提供したいと考えているので、積極的に勉強会に参加しています。所属している「スタディーグループ赤坂会」は、やり直しのない治療をコンセプトに患者さんに対し、正しい理論に基づいた治療をするための勉強会で、寺西歯科医院の寺西邦彦先生が立上げました。大学院生時代にたくさんのケースプレゼンテーションを読んでいましたが、ある雑誌で赤坂会に所属している北大塚歯科の飯沼学先生の論文を拝読し、その内容の素晴らしさにまるで雷に打たれたような感銘を受けました。そして、飯沼先生にお会いしたくて足を運んだのが参加のきっかけですね。私の師匠にあたる富沢歯科医院の富沢直基院長の元で働く機会をいただいたり、飯沼先生だけでなく、赤坂会に所属する勉強熱心な先生方とお話する機会に恵まれています。歯科の技術についてはもちろんですが、1人の人間としても得るものは大きく、非常に有意義な時間を過ごしています。

歳をとっても自分の歯でいられるよう、こまめなメンテナンスを

歯科医師になった理由を教えてください。

170759 df 1 5 1447054202

歯科医師である祖父、父とは仲は良かったのですが、高校時代までは、自分自身は歯科医師になりたいとは思っていませんでした。両親は「自分のやりたいことをしなさい」と言ってくれていましたが、当時は自分が何になりたいのか分かりませんでしたね。しかし、高校生ぐらいのころに祖父が倒れまして、亡くなる直前に病床で「早くよくなって歯科医師の仕事がしたい」と言ったんです。その時「倒れた祖父がもう一度やりたいと言った歯科医師という仕事」に興味が沸き出てきて、歯科医師をめざそうと思いました。何事も影響を受けることは次へのステップへのきっかけとなりますが、私はきっかけを与えてくれた方に対し恩を返すべきだと考えています。今私が歯科医師として仕事をすることは、きっかけを与えてくれた祖父への恩返しになると思っています。

休日は何をされていますか。

コーヒーが好きで、自分で入れたり、お店に飲みに行ったりしています。小さな頃からコーヒー好きの父がサイフォンでコーヒーを入れていたのを見ていた影響か、私も昔ながらのサイフォンでコーヒーを入れるのを楽しんでいます。また、コーヒーショップを探し歩いたりもしていますね。また、F1も好きで以前はよく鈴鹿サーキットへレースを見に行っていました。今は自分で入れたコーヒーを飲みながら、TVでF1観戦するのが至福のひとときです(笑)。ミニカーのコレクションもしているんですよ。実はこだわり派かもしれませんね。

読者の方へメッセージをお願いします。

170759 df 1 6 1447054202

歯を失ってご苦労されている方がいる一方で、大きなトラブルもなく元気にお過ごしのご高齢の方もいます。歯は一度抜けてしまうと、もう生えてこないのです。歳をとっても自分の歯を残せるように、歯の大切さを知って日頃のお手入れを徹底して欲しいです。特に30代後半からは歯周病対策にも力を入れてください。一般的に歯科医院は痛くて、時間やお金がかかるイメージのようです。しかし、私も皆さんがなるべく苦しい思いをしないように痛みの少ない治療を迅速に行うように心がけますし、クリーニングや早期の虫歯治療なら痛みもなく費用もかかりません。歯科医院は歯を守るところだと前向きに考えて欲しいですね。また、お子さんに対しては、フッ素塗布や歯みがき指導を行います。小さな頃から歯科医院でクリーニングの習慣をつけておけば、積極的に予防ができるようになるはずです。当院で皆さんの歯を守るお手伝いをさせてください。

Access