全国のドクター8,873人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月26日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 船橋市
  4. 大神宮下駅
  5. みらいえデンタルオフィス
  6. 桑原正光 院長

桑原正光 院長の独自取材記事

みらいえデンタルオフィス

(船橋市/大神宮下駅)

最終更新日:2019/08/28

170723 df 1 main 1435825549

船橋市の初詣でスポットとして名高い通称「船橋大神宮」の向かい、印象的な丸いビルの1階にある「みらいえデンタルオフィス」。「予防が一番大事」と語る院長の桑原正光先生が、定期的に「通いたくなるクリニック」をコンセプトに、2012年秋にオープンした。院内はグリーンとイエローのエコロジーカラーをアクセントにした、明るくくつろげる雰囲気。キッズスペースは壁に描かれた大きなツリーで楽しげに演出され、診療スペースの片隅にはガラス張りのカウンセリングルームが設置されている。診療は小児歯科やインプラントなど、オールマイティーに対応。歯型を取らずにかぶせ物を設計・製作できるコンピュータシステムにより、症例によっては即日所要1時間ほどで義歯を入れることも可能だ。研究熱心で温かい人柄の桑原院長に楽しく話を伺った。
(取材日2015年6月9日)

研究熱心なドクターが予防にこだわる、「通いたくなる」歯科医院

開業までには、どのような経緯があったのですか?

170723 df 1 1 1435825549

子どもの頃から手先を使うことが好きでしたし、母は眼科医、父と祖父は岩手医科大学の出身だったので、自然な流れで父と祖父の母校に進み、歯学を学びました。卒業後は地元の鹿児島大学の大学病院で口腔外科を学んだ後、先輩の誘いで千葉県内の歯科医院に院長として勤めました。歯科医師というのは国家試験に合格しただけでは、知識はあっても何もできないんですよね。ですから臨床に携わるようになってからのほうが、学生時代の100倍くらい勉強したような気がします(笑)。歯科診療の奥深さを感じて、勉強することが楽しくてたまらなくなったんです。それは今も同じで、学生時代にはなかった器具や治療法が次々に開発されていますから、診療後に研究したり練習したりして、エビデンスがあると判断したものは積極的に取り入れています。本当に臨床が好きなので、もっと自分の思いを生かした診療をしたいと思い、「未来へ羽ばたこう」という思いを込めて「みらいえデンタルオフィス」を開業しました。

クリニックのコンセプトはどのようなことですか?

コンセプトは「通いたくなる、安心のクリニック」です。歯科医院というのは患者さんにとって極力行きたくない場所ですよね。しかし患者さんの歯を守るためには「通っていただく」ことが絶対に必要です。ですから車を車検に出すように、美容院で髪を整えるように、「あの歯科医院で口の中がきれいになって良かったから、何ヵ月か経ったらまた行こう」と思っていただける歯科医院をめざしています。また、当院では一般歯科、小児歯科、義歯、インプラント、審美歯科を行っていますが、最も重視しているのはやはり予防です。痛くなってからではなく定期的に通っていただければ、早期発見をしてできる限り削らずに治療することができます。早い段階での質の高い治療が予防につながるので、「通っていただく」ことが本当に大切なんです。

開業にあたってこだわったことは何ですか?

「通いたくなる歯科医院」がコンセプトなので、明るくオープンなクリニックづくりにこだわりました。ユニットも個室だと緊張される場合もあるので、あえてオープンにして、パーティションで区切っています。内装も、くつろいだ雰囲気になるように、受付カウンター、パーティション、レントゲン室のドアなどに曲線をあしらい、歯科医院らしくない雰囲気を演出しています。また、お子さんのためのキッズスペース、込み入った相談の際に使用するカウンセリングルームも設置しています。立地も駅から1分で来られる「通いやすさ」を考慮しました。駐車スペースも4台ありますし、診療時間も水曜を除く平日は20時まで行っています。

患者さんの年齢層はいかがですか?

170723 df 1 2 1435825549

お子さんからお年寄りまでさまざまですが、地域の傾向として中高年の方が一番多いようです。私自身子どもが2人いますし、小学校の校医もしているので、少しずつお子さんも増えていますね。赤ちゃんを連れていらっしゃるお母さんも多いです。痛みには日頃から表面麻酔を何度かに分けて注射したりして気を遣っているのですが、お子さんの場合は特に恐怖心を持たせないように気をつけていますよ。

コンピュータシステムによる審美面にもこだわったオールセラミックス、インプラント。症例によっては1日での施術も可能

説明の際に心がけていることは何ですか?

170723 df 1 3 1435825549

歯科治療には、診断が一番大事なんです。ですから、初診には時間をかけています。たった1本の虫歯であっても、何かしら原因があるから虫歯になるわけです。歯磨きの仕方、噛み合わせ、顎のずれなど、患者さんが10人いれば10人それぞれに何らかの原因があります。それを探らずに、いきなり削って詰めてしまうと、また同じことが起きてしまうので、全体的にチェックして原因を探った上で、治療に入ります。説明の際は、口腔内画像やレントゲン写真をモニターに映し出し、プリントアウトしてお渡しするなどして、明るくわかりやすくお話しするようにしています。患者さんのデータはモニターにすぐ映し出せるようになっているので、治療前、治療後の写真の比較や、数年前の様子もすぐにお見せすることができます。私自身も写真があると診療しやすいので、写真は常にたくさん撮っているんです。丁寧にご説明することで、患者さんも同じ原因を繰り返さないよう気をつけていただけるというメリットもあります。全体を通して心がけているのは、自分が行ってどうされたいかを考えて説明し、治療するということですね。

義歯、インプラントの診療について詳しく教えてください。

CT、マイクロスコープのほか、かぶせ物を設計・製作できるコンピュータシステムを導入し、機能面だけでなく審美的にも仕上がりの良いものを提供しており、ご満足いただいています。このシステムによって今まで以上に正確な診断が可能になり、さらにシミュレーションソフトを使うことで安全性もより高まりました。また、このシステムがあると、症例によっては、1日で施術することもできるんです。例えばかぶせ物の場合、型を取って仮り歯を入れてと何度か通院が必要だったのが、撮影した口腔内の写真をシステムに取り込んだら、10分ほどでセラミックの歯が完成し、その日につけて帰ることができます。所要時間は1時間くらいです。インプラントの場合も、前歯が2本折れた方がいらしたのですが、通常ですと半年はかかるところを、シミュレーションをしっかり行って1日で施術したことがあります。前歯は半年経過すると、どうしても骨が下がって見栄えが悪くなるので、抜歯してすぐインプラント入れて歯を立ててあげたほうがいいんです。とはいえ、これは決して簡単な施術ではなく、しつこいくらいシミュレーションを行って技を駆使して行っています。おかげさまで患者さんには「こんなに楽にできるとは思わなかった」と喜んでいただいています。

改めて、歯科予防に対するお考えをお聞かせください。

170723 df 1 4 1435825549

定期健診が重要なのは当然のことですが、実は「質の高い治療をし、一生の治療回数を少なくする」ということも非常に重要な予防と言えるんです。歯というのは治療すれば治療するほど悪くなります。削れば削るほど神経に近くなり、神経を取れば折れやすくなるからです。ですから、治療回数はできるだけ少ないほうがいいですし、どうしても治療が必要な場合は歯に優しい材料でしっかりと治療してあげたほうがいいんです。当院ではこのような予防重視の観点から、銀歯よりもセラミックをお勧めしています。もちろん強制することはありませんが、セラミックは見た目がきれいなだけではなく、長持ちするんです。金属は歯とあまりにも性質が違い、非常に硬いので、隙間ができて虫歯になったり、時には噛み合わせる相手の歯が折れることもあります。その点、セラミックは歯としっかり接着するので隙間ができませんし、歯に近い硬さなので長年使っても歯と一緒に削れるので、虫歯になりにくいんです。私の経験上では、汚れもつきにくいですね。歯科予防は、家を建てる時の基礎づくりと同じです。最初にしっかりと良い土台をつくれば地震が来ても傾かないように、5年10年20年と長持ちする治療をし、その上で定期的にメンテナンスすることが大事なんです。

クリニックでは患者の笑顔、プライベートでは子どもと過ごす時間を大切に

歯科医師としてやりがいを感じるのはどんな時ですか?

170723 df 1 5 1435825549

やはり患者さんが「あんなに痛かったのが、こんなにきれいに噛みやすくなって」と喜んでくださるのがすごくうれしいですね。患者さんが笑顔で「良かったわ」「また来るよ」と言ってくださる時、本当にやりがいを感じます。また、「予防が大事ですよ」とお伝えした患者さんがメンテナンスに来てくださるようになると、「思いが通じたのかな」とうれしくなりますね。1人でも多くの患者さんに喜んでいただいて、予防のお手伝いをして、自分自身研究を重ねていきたいです。

休日はどのように過ごしてらっしゃいますか?

小学6年生と年中の子がいるので、講習がある時以外はできるだけ一緒に遊んでいます。普段忙しくてなかなか遊んでやれませんし、子どもと一緒に過ごせるのは今だけだと思いますので。下の息子とは公園で自転車に乗ったり、鉄道が好きな子なので一緒に電車を見に行ったりしますね。長女はコンピュータやゲームが好きなので、一緒にゲームをすることが多いですよ。

常日頃大切になさっている思いをお聞かせください。

常に思っているのは、患者さんが来てくださって、自分も元気で、仕事が忙しいことそれ自体が幸せだ、ということですね。毎日忙しいですし、責任の重い仕事ですし、大変ではあるのですが、それは必要としてくださる患者さんがいるからこそですよね。そう思うと、忙しくても全然苦にならないんです。むしろ、要望よりもっと良い仕上がりにして、患者さんをびっくりさせたいとはりきってしまいます。何より必要とされていることがうれしいので、これからも頑張っていきたいですね。もちろん歯科は魔法ではありませんので、できないことはできないと正直に言いますし、ご紹介することもありますが、「自分の家族だったら、愛する人だったら」という思いを持って、患者さんと接していきたいと思います。

読者へのメッセージと今後の展望をお聞かせください。

170723 df 1 6 1435825549

やはり何はともあれ、予防が大事ということを申し上げたいですね。予防に必要なのは、しっかりと原因を探った上で長持ちする治療をすること、そしてそこからがスタートだと思って定期的にメンテナンスをすることです。歯間ブラシ、フロス、歯磨き粉など日頃のメンテナンスもサポートしながら、これからも1人ひとりの患者さんを大事にして、その場しのぎではなく10年20年後を考えた診療を行っていきたいと思っています。そのためにも、今後もどんどん進化する歯科治療を、アンテナを伸ばして良い治療はしっかりと取り入れていきたいですね。

Access