全国のドクター8,582人の想いを取材
クリニック・病院 161,523件の情報を掲載(2019年11月19日現在)

田川歯科クリニック

田川 雅久 院長

170340 %e7%94%b0%e5%b7%9d%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

阪急池田駅から徒歩3分。一般的な歯科治療に加え、口腔外科やインプラント治療、矯正治療などの専門性の高い治療を手がける「田川歯科クリニック」は、気軽に通える身近な歯科医院でありながら、オールラウンドに歯の健康をサポートする地域住民の頼れる存在。専門性の高い治療を提供する一方で、予防に力を入れている理由について田川雅久院長は、「どんなに素晴らしい技術でも、生まれ持っての歯にはかなわない。大切な歯を守り、北摂エリアから虫歯をなくすことが目標」と話す。患者さんにとって有利な結果に導くことを第一に考え、日々診療に取り組む田川先生に、開院に至るまでの経緯や地域医療への思いなどを語ってもらった。
(取材日2018年1月29日)

幅広い専門分野でトータルに治療し予防にも尽力

―開院に至る経緯を教えてください。

歯科を通じて患者さんの健康を守るには、歯の治療知識にとどまらず、口腔内全体を勉強しておく必要があると考え、大学卒業後は九州大学顎顔面口腔外科に入局しました。顎関節症や外科矯正、舌や歯茎のがんや顎を骨折された方の治療、外科的手術にも関わり、顔面や顎のさまざまなトラブルや口腔疾患について学べたことは、現在の歯科診療にも大いに役立つ貴重な経験だったと思います。その後はインプラント治療や矯正治療の経験を積むために、専門治療に特化した医院をあえて選び勤務しました。これまで学んだ知識を地元である北摂で役立てたいと考え、2013年に開業しました。

―クリニックの強みはどういった点ですか?

一般歯科と口腔外科を学んだだけでなく、開業前は矯正歯科やインプラント治療に特化したクリニックで勤務し、インプラント治療においては専門に行っている大手の医療機関の院長として、ほぼ毎日インプラント手術を行い、顎の骨が少ない難症例にも多数携わってきました。今も一般的な歯科医院に比べて、インプラント治療をすることは多いと思います。幅広く治療をしてきた経験から、「この治療は当院では無理なので別の歯科医院を受診してください」ということはほとんどありません。例えば歯周病になる原因が歯茎の形にある場合、歯周外科という専門的な分野の治療になり、特殊な技術と道具で歯茎の形を整えていく必要がありますが、そういった治療にも対応が可能です。患者さんにとっては、治療内容ごとにあちこちのクリニックへ行くのは負担になりますよね。身近なクリニックでオールラウンドに治療が受けられることは大きなメリットだと思います。

―歯科診療ではどのようなことに重点を置いていますか?

歯科の治療技術の進歩は目覚ましく、インプラント治療を受ければ自分の歯と同じように噛めるようになります。ですがどれだけ優れた治療であっても、人工の歯には寿命があり、本来の歯にはかないません。高度な治療の現場に携わってきたからこそ、予防医療の重要性というものを身に染みて感じるのです。本当の意味で患者さんの健康を守るには、自分の治療技術を発揮して悪くなった歯を治すことも大切ですが、生まれもっての健康な歯を失う前の段階で食い止めることが重要だと考えています。多くの難症例の治療に関わり、行き着くところはやはり予防の大切さなのです。予防の啓発は、患者さんに身近な歯科医院の役目だと思っています。



Access