全国のドクター9,096人の想いを取材
クリニック・病院 160,835件の情報を掲載(2021年5月10日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 寝屋川市
  4. 寝屋川市駅
  5. 医療法人ひなた会 ひなた歯科クリニック
  6. 伊神 十郎 院長

伊神 十郎 院長の独自取材記事

ひなた歯科クリニック

(寝屋川市/寝屋川市駅)

最終更新日:2019/08/28

169453 %e3%81%b2%e3%81%aa%e3%81%9f%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

南向きで日当たりがいいことからネーミングされた「ひなた歯科クリニック」は、ロゴマークも思わず笑顔になるデザイン。地元住民の通いやすさに配慮して土日も診療を行う同院は、京阪本線寝屋川市駅から徒歩14分、駐車場も13台分完備され車でのアクセスが可能。小さい子ども連れの家族や高齢者も安心して通うことができるようにと、院内はバリアフリー仕様になっている。日本拳法四段で、休診日にはその指導員も務める熱意あふれる伊神十郎院長は、岐阜県の出身。大阪の開業医クリニック数ヵ所で研鑽を積み、すっかり関西になじみこの地に開院したと話す。地域貢献にも積極的でサービス精神旺盛な伊神院長にたっぷり話を聞いた。
(取材日2018年4月18日)

要望に添えることを第一に、耳を傾ける

こちらのクリニックでは、どういった患者さんが多いですか?

1

この辺りは住宅地なのでファミリーが多く「フッ素を塗ってほしい」と、1歳2ヵ月のお子さんを連れて来られる方から、入れ歯が必要なご高齢の方まで幅広いです。また、最近では片言の英語を話すアジア圏出身の外国人の方も来院されます。先日は片言の英語も話せないというベトナムの方が来られまして、同時通訳サービスを使いながら診療を行いました。当院には中国語が話せるスタッフがいますので中国の方も来られますし、患者さんの層はバラエティー豊かですよ。その分、治療も多岐にわたりますが、非常勤も含めて9人の歯科医師がおりますので、それぞれの分野における専門性を生かした治療を提供できます。

多様なニーズに応える中で気になったことはありますか?

開院して5年、これまで診たことのない数の総入れ歯に接して、それが高齢の方だけではないことに衝撃を受けました。歯が1本もない方が40代でも男女問わず結構いらっしゃって、50代では当然かのように多い現状です。患者さんに聞くと他院で抜かれたと仰います。一昔前に、抜いて入れ歯にするといった流れがあったのか、それはわかりませんが、豊中市や阪急の淡路、隣の守口市で勤務医として診療していたときには見られなかった傾向です。歯がわずかに残っていて、当院では抜かないと聞いたからと来院される患者さんもいます。ですから、1~2本残っている歯がグラグラになっていて抜け落ちる寸前でも、抜かないでほしいと言われる場合は希望に添えるように対応しています。

他にも、驚かれたことはありますか?

2

長年歯科医院に行かなかったという人があまりにも多いことです。10年以上は当たり前というか、20代後半の男性で歯科は20数年ぶりという方もいました。ですから口腔内にかなりの治療が必要な方がほとんどです。一刻も早く口の中の健康を取り戻せるように治療にあたりながら、歯の重要性、メンテナンス・予防歯科の大切さをわかっていただけるように努める必要性を感じています。歯科が久しぶりという患者さんの中には、エックス線検査で顎の骨の中に大きな腫瘍が見つかった症例もあります。早い段階であれば比較的小さな処置で済ませられる歯原性腫瘍も、大きくなると顎骨離断再建などの手術に至ります。30代の方でしたが、これ以上発見が遅れていれば顎の骨が折れてしまう手前のところでした。

歯の健康のために多方面からアプローチ

カウンセリングにも力を入れておられますね。

3

いくらいい治療法でも、患者さんの理解と治療への意思表示がなければ進められませんので、昨今いわれているインフォームドコンセントに尽きると思うのです。また、経済的なことはもちろん、出張が多い、仕事と育児で時間がとれない、仕事が不定期といった多種多様なライフスタイルに合わせていくことも大切です。急患を受け入れているのも、通院が難しい患者さんの背景を考慮してのことです。それに、他院で治療を断られた方の受け皿が必要です。そうした対応に追われることもよくあるため営業日は慌ただしいですから、インプラントの施術を休診日に行うこともあります。

個室のオペ室も備えられていますね。

やはりインプラント治療には必要ですので。当院では安全な施術のために、長く維持できる噛み合う位置を見定めたら、CTで撮影して3Dシミュレーションを行っています。サージカルガイドというのですが、CTデータと型採りしたものとでオペをするための枠、模型を作ります。事前に画面上でいろいろな角度から見て検討できるので患者さんも安心ですし、計画したとおりの位置にインプラントを埋入できる治療が行えます。これからは、もっと身近なものとして選択肢の一つに考えていただければと思っています。

今後、力を入れたい分野はありますか?

一つは今注目されている再生医療です。歯周病により溶けた歯槽骨の一部を再生できるようになってきているので、早い段階で処置を施せば改善できることを知ってもらいたいです。もう一つは訪問歯科診療です。勤務医時代に経験があり、この春から取り組んでいます。寝たきりになるとご家族が特に困るのが歯磨きで、入れ歯も着けっぱなしだったりします。そうなると細菌が繁殖してカンジダ病も発症しますから、歯科衛生士の口腔ケアは必須です。また、噛めないと食べれずに体が衰弱する一方ですし、丸呑みしていると誤嚥性肺炎を起こしやすく、使わなくなると使えなくなるのが筋肉なので入れ歯が必要です。顎の筋力を落とさないための摂食嚥下訓練も行います。そして、何よりコミュニケーションをとって信頼関係を築く、その人の心の癒やしとなる存在になれるように心がけていきたいです。

地域貢献にもつながりますね。

4

他にも、地域の歯の健康サポートのために、気軽に通ってもらえる工夫を試みてきました。各ユニット周りの椅子は子どもさんの治療中、お母さんやごきょうだいの方もそばで座って待ってもらえるように備えていますし、男性歯科医師が苦手な方の場合には、女性歯科医師が診療にあたります。一方で現在課題としてあるのが、「痛くなくなったから大丈夫」と治療を中断されるケースがあることです。そうなると結局は時間がたってまた歯科医院に治療で来ないといけなくなり、患者さんの健康面や経済面でも負担がかかるので、治療を完了できるように働きかけていきたいです。

めざすのは良好な口腔内からの予防歯科

お忙しいとは思いますが、リフレッシュはされていますか?

5

アウトドア派なのでキャンプによく行きますが、私は内陸出身なのでないものねだりなのか、行き先はほとんど海で魚介好きです。料理は小学生の頃からの趣味で、魚も自分でさばきます。運転してテントを張って、火起こしに、買い出しから仕込み、料理に至るまで全部私がするので、妻と子どもは座って待っているだけです(笑)。後片付けは手伝ってくれますけれど。普段、家でよく作るのはイタリアンで、本場で食べた味を追求しパスタはアネージを使うのが私のこだわりです。

ゆっくりはされないのですね。

体に鞭打って頑張っています(笑)。小・中学校と柔道部で高校は弓道部、大学時代は日本拳法部と、ずっと武道をしてきたので体力には自信があるのです。日本拳法部には関西が地元の先輩たちが多くて、卒業後、大阪に来て以来お世話になり今もよくしてもらっています。医師になって10年ほどは日本拳法から遠のいていましたが、久しぶりに体を動かしたくて4年前に大阪で道場を探しました。見学に行くとそこの師範が私のことを調べて、四段保持者だと知り指導員にとスカウトされました。どういうわけか、その道場の稽古日が水曜日と日曜日の夜で、当院の休診日と同じなのですよね。これは運命だと師範に言われまして、お引き受けしました。

今後の展望を聞かせてください。

6

ゴールは当院の診療すべてを予防・メンテナンスに持っていくことです。なぜならそれは、治療の必要がない患者さんが増えたということですから。それに越したことはありません。今はほとんどが治療メインですが、予防の大切さやメンテナンスの重要性を知ってもらいたいです。そのためにも歯科衛生士と歯科医師を増やしてメンテナンスの受け皿をつくり、処置を迅速に進める展開を考えています。時間がとれるときにまとめて治療してほしいなどの要望にも応えられれば、虫歯や義歯の治療を速やかに完了できて予防歯科に移行できます。あと、第2駐車場と診療室の増設も考え始めました。駐車場もユニットも土日は足りなくなってきているのが理由です。共働き率の高い地域でもあり、高齢の方と学生さん以外は週末に集中して来院されますから。今後も地域の皆さんの通いやすい医院づくりに努めていきます。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/1歯:35万円(税別)、診断料(CT撮影など):3万円(税別)、セラミックインレー/5万円(税別)

Access