全国のドクター9,363人の想いを取材
クリニック・病院 161,015件の情報を掲載(2021年3月06日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 流山市
  4. 流山おおたかの森駅
  5. 医療法人参方善さくら会 北原歯科医院 おおたかの森診療室
  6. 黒瀬 基尋 理事長

黒瀬 基尋 理事長の独自取材記事

北原歯科医院 おおたかの森診療室

(流山市/流山おおたかの森駅)

最終更新日:2021/02/26

20210226 169047 top

流山おおたかの森駅から徒歩5分、塾や音楽教室が入るビルの一角に「北原歯科医院 おおたかの森診療室」はある。理事長は黒瀬基尋先生。「医療法人参方善さくら会」の理事長も務め、同院を含めて、愛知、千葉に10ある歯科医院を束ねている。法人全体で数多くの歯科医師が在籍しており、「連携して、総合的で質の高い治療を行えることが強みです」と話す。黒瀬先生自身は、小児歯科とインプラント治療が得意で、子どもとはすぐに仲良くなるのだそう。「患者さんと、われわれ歯科医師やスタッフ、そして社会にとって『三方良し』の医療を提供していきたい」と、「三方」それぞれにメリットのある予防歯科に注力する。黒瀬先生の掲げる理念やビジョン、新たに構想中という歯科医院の計画を含めた展望などを聞いた。
(取材日2021年1月19日)

子どもの多い、自然豊かな町で歯科医療に励む

先生のご経歴について教えてください。

1

私は岐阜市出身です。祖父が歯科医師で地元で開業しており、とても優しい人だったことから自分も歯科医師になりたいと思うようになりました。日本大学松戸歯学部を卒業後、最初は都会に憧れて東京の歯科医院へ。さらに患者さんの多いところでいろいろ学びたいと千葉の歯科医院に5年間勤務しました。そこには小児歯科専門の先生がいらして、小児歯科について多くを学ぶことができましたね。土日には別の歯科医院でインプラント治療専門の先生について勉強しました。2005年、ご縁があり、愛知県春日井市に当院の本院である「さくら歯科」を開業。当初より小児歯科、インプラント治療が私の得意とする治療の2本柱となっています。

先生が理事長をされている法人では、複数の歯科医院を展開されているとか。

はい。患者さんの増加に伴い、「さくら歯科」を本院とし、春日井市内のほか名古屋市、日進市、さらに千葉・松戸市にも開業して現在10院となっています。ここ「北原歯科医院 おおたかの森診療室」は、以前からある歯科医院を2020年に引き継がせていただきました。今は、私が春日井の本院と当院を行き来し、もう1人の先生とともに診療にあたっています。実は2021年5月、駅に直結するショッピングセンターがオープンするので、その中に移転する予定です。施設がファミリー向けですので、当院にも現在同様、子どもの患者さんが多くなるのではないかと予想しています。院長は新しく、私の大学時代の部活の後輩である先生が務める予定です。

流山市で開業されたのはなぜですか?

2

松戸市に先に1院開業していましたので、お隣の流山市にもと考えました。実は1年ほど前、流山市の市長とお話しさせていただいたことがあるのです。市の施策や子育て世代への支援についてお考えを伺い、共感するところがあって最終的に決めました。日本は少子化が進んでいますが、流山市は10年後も子どもたちが多いのではないでしょうか。この辺りは山や森林があり、自然豊かでのどかなところ。「おおたかの森」という名前は、鷹が飛んでいる町ということから来ているそうです。患者さんも落ち着いた、感じよい方が多い印象で、新興住宅地があるので若いファミリーも来られます。この地で歯科医療に携わっていけることをとてもうれしく思っています。

日本一の「三方良し」をめざし予防に注力

院全体に共通する理念はありますか?

3

法人の名前は「医療法人参方善さくら会」、「参方善」は「さんぽうよし」と読み、「三方良し」の意味です。患者さんと、われわれ歯科医師やスタッフ、そして社会の三方に利益があるようにという願いを込めました。理念は、日本一の「三方良し」になることです。かつては、「歯医者は削って詰めての繰り返し」というイメージが一般的でしたね。私は歯科医師になりたての頃でしたが、これでは良くないのではないかと感じており、虫歯や歯周病になる前の予防が重要だと考えるようになりました。予防に注力することが結局、患者さんのためになり、歯科医師としての貢献があり、社会の医療費を下げることにもなる「三方良し」なのです。法人としては医科と連携して健診施設も持っているのですが、例えば健診で大腸がんを早期に発見できれば、その治療費は大腸がんが進行してからの治療費よりも随分抑えられるのではないでしょうか。

医科とも連携されたのはなぜでしょうか?

歯科はお口の中を診療する科ですので、歯科医師ができることは限られています。最近では歯周病菌が心臓疾患や脳血管疾患、糖尿病など体の病気と関係があることがわかってきていますので、全身を診る医師と協力することは必要だと感じていました。知人の医師に声をかけたところ、賛同してもらえて、その後、3人の医師にも加わっていただくことができました。先ほど理念をお話ししましたが、将来のビジョンは日本一、ひいてはアジア一の「予防集団」になることです。医科と協力することで、より予防の精度を上げていくことができるとともに、より多くの方に予防への関心を持っていただけると考えています。

こちらのクリニックでは、予防にはどのように取り組んでおられますか?

4

虫歯や歯周病の有無、進行度を診る検査を行い、結果に基づいて患者さんに適した予防の方法、定期的メンテナンスの説明をさせていただきます。併せて、クリーニング、歯磨き指導、フッ素塗布などを行います。予防を担当するのは主に歯科衛生士たち。それぞれ、患者さんに対する予防の啓発に熱心に取り組んでいます。専門的な知識に基づき、丁寧にお話をしているので、初診は虫歯だけを診てほしいといらっしゃった患者さんでも、治療後、予防に関心を持ってメンテナンスに来られる方が少なくありません。今では法人全体でも、予防に来られている患者さんは全体の半分以上になりますね。

精度の高い治療を行う歯科医院として社会に貢献したい

先生がいつも心がけておられることはどんなことですか?

5

治療するときは、どなたにも優しい言葉をかけるようにしています。特にお子さんは最初怖がることも多いのですが、何回か会っているうちに仲良くなります。ずっと私に診てほしいというお子さんも多いんですよ(笑)。私自身、昔から子ども好きで、自分の子ども2人はもう高校生、中学生と大きくなりましたが、患者さんであるお子さんのことも自分の子どものようにかわいいと思っています。また、子どもにはもちろん大人の方にも、できるだけ痛みの少ない治療をするように心がけています。小児歯科は歯の削り方にしても細かいコツがあるんですよ。お互いの信頼関係も大事で、しっかりコミュニケーションがとれていれば、お子さんも多少痛くても頑張ってくれますね。

改めて、先生が手がけている歯科医院の特徴についてお聞かせください。

強みの一つとしては、当院を含めそれぞれの歯科医院において複数の歯科医師が在籍していることだと考えています。幅広い分野に対応できる体制が整えられ、総合的かつ精度の高さにこだわった診療の提供が可能になるのです。また、勤務が交代制で各自が勉強の時間をきちんと取れるため、先進の知識や技術をしっかり学んだ上でそれらを治療に生かすことができるようになっています。当院では歯科医師のみならずスタッフの教育にも力を入れており、新卒採用では5次まで面接を行います。人がよく、優しいスタッフがそろっていることも自慢ですね。今春のショッピングセンター内への移転にあたっては、私の後輩である院長のほかに男性1人、女性1人、計2人の歯科医師が着任する予定です。院長は長年、大学で歯の凍結保存、再移植に携わってきていますので、その技術も治療に役立てたいと思っています。

地域の方々へのメッセージや、今後の展望についてお願いいたします。

6

これまですべての歯科医院の設計を、建築士である私の父が担当してくれました。当院の移転後も、どなたにもリラックスしていただける明るいデザインとする予定ですので、地域の皆さまには気軽に足を運んでいただけたらと思います。お子さんが楽しい気持ちで通えるように、待合室でボルダリングができるようにしたり、診療ユニットの天井にアニメを流すモニターを設置したりすることも考えています。実は今春の移転計画に加え、2022年にはもう1つ近くに歯科医院を開業する予定です。さらには「三方良し」の近江商人の地である滋賀県にも開業したいと考えています。どの地域においても志は同じ。小児期からの予防を通して、皆さまが生涯、健康な歯と体で過ごされるように、ひいては社会に貢献できるように、尽力していきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児の矯正/マウスピース型装置を用いた矯正:36万円~(税別)、ワイヤー装置を用いた矯正:65万円~(税別)

Access