新美クリニック

新美 岳院長

 168915

桜通線の鶴里駅から徒歩4分、桜台高校東の交差点を東に入るとヨーロッパの家を感じさせる外観の「新美クリニック」が建っている。総合内科診療のほか、専門である呼吸器、アレルギー治療に強みを持つ新美岳院長を訪ねた。「私は地域の皆さんのなんでも相談役として、医療に関する”コンシェルジュ“のような役割を果たしていきたいです。」と語る言葉からは、医療を通じて地域住民の暮らしに貢献したいと真摯に思う先生の誠実な人柄と温かみが伝わってくる。地元の新聞記事への寄稿で医療に関する著作もあり、時にはテレビ出演もするなど、医療に関する情報発信を行う行動も精力的だ。内科全般の診察のほかに、難病サルコイドーシスの診療にも取り組む新美先生に、医療への思いや内容について話を聞いた。
(取材日2016年6月29日)

対話しながら患者とともにつくりあげていく治療

―診療科目は内科、呼吸器科、アレルギー科ですね、どんな患者さんがいらっしゃいますか?

呼吸器内科専門医およびアレルギー専門医として治療にあたっています。総合内科専門医でもあるので、他の内科疾患であっても来院していただけます。地域密着のクリニックとして、現在は近隣住民さんを中心に、疾患を問わず利用して頂いていますが、近隣の区や他市町村からの患者さんもいらっしゃいます。遠方から来られる患者さんの多くは、専門分野の呼吸器やアレルギーに関する治療を目的に事前に調べて来院されることが多いです。また、在宅診療も行っており、地域のホームドクターとして住民の皆さんの健康づくりに努めています。在宅診療については、私の時間が許す範囲での活動なので、基本的にはクリニックでの診療が中心です。

―専門分野のひとつである呼吸器科での症例を教えてください。

咳が止まらないので困っています、という患者さんが多く来院します。咳が止まらないと、例えば眠れなかったり、勉強や仕事に集中できない、旅行を楽しめないなど、暮らしの多くのシーンに支障がでてしまいます。長引く咳の症状の要因として、呼吸器の異常、特に喘息であったり、鼻炎、あるいは逆流性食道炎などがありますが、現代人はそれらの要因を一つだけでなく複数持っている人が多いことです。そのため、治療に際しては一人ひとりの患者さんとの対話を大切にします。疾患の状態は刻々と変化しますし、状況に合わせて治療内容の調整が必要な場合もあります。そのため、常に対話の中で疾患の状況を把握しながら、必要に応じた治療方針を患者さんとともにつくりあげていく、というイメージでいます。

―アレルギー治療の代表である花粉症の治療についてクリニックならではの治療を教えてください。

花粉症などのアレルギー療法のひとつで舌下免疫療法を提供しています。免疫療法とは、病気の原因となるものを少ない量からゆっくり増やして体内に入れて治そうとする方法です。治療期間は3年から5年と長くかかりますが、効果が期待される治療法です。アレルギー反応は、本来人間の機能として正しい防衛反応です。それが過剰にでてしまったりすることで起こるのですが、先進国では増加しており、また、軽減はできますが、完治することはかなり困難な場合が多く、患者さんとってはアレルギーとほぼ一生の付き合いになることもあります。長く通院していただくためには十分に理解していただくことが必要ですので、対話による説明はもちろん、説明補助の資料なども利用するなど、患者さんにとってわかりやすくなるように工夫しながらお伝えしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細