きたならエキ歯科

冨田尚充 院長

168478 df 1 main 1435283713

東葉高速鉄道と新京成線の連絡駅「北習志野」。その名の通り駅直結の「エキタきたなら」内にテナントを構える「きたならエキ歯科」は2013年に開業。正月以外年中無休、昼休みなしという異色の診療時間の設定や、各科目ごとに専門特化した歯科医師が担当するグループ診療、完全個室のオペ室など、都心と同等の歯科診療を千葉でも提供することをめざして、理想の診療環境を追求している。保育士が常駐するキッズスペースを設けているため親子連れでも来院しやすく、「お気に入りのカフェのように」寛げるよう配慮された院内は、明るく清潔で、歯科医院であることを忘れてしまいそうな居心地の良い空間だ。柔らかな陽光の差す診療室で、相手を包み込むような笑顔が印象的な冨田尚充院長に、歯科医師をめざした経緯や歯科診療にかける思いを聞いた。
(取材日2015年5月26日)

お気に入りのカフェのような居心地の良いクリニック。

―2013年に開業。すぐにクリニックを拡張されたと伺いました。

はい。最初は受付から見て右側の30坪のスペースで開業したのですが、ありがたいことに患者さんが増えるペースが予想以上だったため、1年後に左側の窓に面したスペースまで拡張しました。現在、もともとのスペースは一般的な保険診療、新しいスペースは小児歯科、インプラント、メインテナンスを中心に使用しています。オペをするための専用個室、細密な診療のためのマイクロスコープなど、幅広い診療を提供できる設備も整えました。温かみのある木目調のインテリアや、窓からの景色を楽しめるよう診療チェアを配置するなど、お気に入りのカフェのような居心地の良い空間になればいいな、という思いで雰囲気づくりを工夫しています。

―お子さんが喜びそうなキッズスペースもありますね。

通い慣れているお子さんは受付が終わったらすぐに直行していますね(笑)。保育士が常駐していますから、安心してお子さんを預けていただけますし、お子さんが寂しがらないように親御さんが診療を受けるチェアと直結させています。また、当院ではお子さんに歯科医院になじんでもらえるように、親子イベントも開催しています。こうした小児向けサービスの充実は、お子さんに、歯科医院は怖いところというイメージを持たないでもらいたい、また、親御さんが安心して治療に専念してほしいというふたつの思いが元になっています。

―この場所で開業しようと思われたきっかけは?

開業する前に八千代中央で分院長をしていたので土地勘があったということと、開業用地を探して歩いていたときに、たまたま募集しているのを見かけてピンときたのがきっかけです。この周辺には80軒以上の歯科医院が密集していて、もしきちんと診療圏調査をしたら、開業しないほうがいいというデータが出ていたと思います。ですが、自分が理想とする診療を実現できれば、きっと患者さんに選んでもらえるという確信があったので、数字は参考程度に留めてこの場所での開業を決めました。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細