全国のドクター8,972人の想いを取材
クリニック・病院 160,764件の情報を掲載(2021年9月23日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 豊中市
  4. 緑地公園駅
  5. 浅野歯科医院
  6. 浅野 雅司 院長

浅野 雅司 院長の独自取材記事

浅野歯科医院

(豊中市/緑地公園駅)

最終更新日:2021/02/09

167471

北大阪急行電鉄・緑地公園駅から徒歩3分のところにある「浅野歯科医院」は、小さな子どもから高齢者まで、気軽に立ち寄れる町の歯科医院だ。「近所の方々が遊びに来られるような歯科医院をめざしています」と語るのは院長の浅野雅司先生。若々しい顔立ちから次々と飛び出すユーモアあふれる言葉に、子どものみならず大人もついつい引き込まれ、口の悩みを打ち明ける患者も多そうだ。生まれ故郷の豊中市に戻って2012年に開業し、最近は小児歯科や小児矯正にも力を入れている。「保険診療を中心にした治療を行い、当たり前の治療を当たり前に行う歯科医院にしたい」と語る浅野院長に、開院のきっかけや診療にかける思いを聞いた。
(取材日2020年1月10日)

治療では苦痛を取り除くことを最優先に考える

まずは、先生が歯科医師を志したきっかけと、この地で開業した理由をお聞かせください。

1

父が歯科医師でしたので、自然と同じ道をめざすようになりました。豊中市を開業場所に選んだ理由は、生まれ育った場所だから。豊中市立北条小学校、豊中市立第十六中学校を卒業しており、勤務医時代から「いずれは大阪の地元で開業したい」と考えていたため、開業には何の迷いもありませんでした。また、勤務医をしていると、どうしても治療方針がその歯科医院の考えと食い違う面が出てくるものです。もちろん、医療の質を向上させたいという思いは皆一緒ですが、経営面や衛生面、どこにどれくらいのお金をかけるかなど考え方はさまざま。そうした思いが重なり、大学病院や個人歯科医院での勤務経験、そして総合病院での歯科部長経験を生かして「きちんと納得できる治療をしたい」と考え、33歳の時に開業しました。

先生の考える治療方針と、治療で心がけていることは何でしょうか?

痛みが出たとき、すぐに対応できる歯科医院でありたいですね。患者さんの救急来院で多い理由は、歯や歯茎の痛みです。そして私自身も正直なところ歯科医院は苦手で、進んで行きたい場所ではありません。だからこそ痛みをすぐにとる治療が、患者さんにとって一番うれしいことと思うのです。診療時は症状を細かく問診して原因を調べ、まずは痛みの解消を第一に考えます。その後、どのような処置方法があるかを説明して話し合い、その方に合わせた治療法で対応していきます。治療で心がけていることは、患者さんのニーズに合わせて選択肢を提示し、当たり前の治療を当たり前に行い、かつ再発することのないように精密に治療を行うことです。

どのような患者さんがいらっしゃいますか?

2

子どもから高齢者まで幅広い年齢層の方がいらっしゃいますが、中でも最近はお子さんの受診が目立ちますね。当院ではお子さんが歯科嫌いにならないよう手足を押さえる治療はせず、慣れてもらい、来やすい雰囲気をつくるようにしています。たぶん私の精神年齢が子どもと同じだからか、自然と仲良くなっていますよ。手が空いている時には待合室で一緒に遊んで、スタッフに「仕事してください」と怒られることもあります(笑)。また、キッズスペースを完備しスタッフも多めに配置しているので、お母さんが治療をしている時に、お子さんを抱っこしたり遊んだりとスタッフが対応することも可能です。

小児矯正に注力、専門歯科医師による相談も

近年、力を入れているという小児矯正について詳しく教えてください。

3

顎の成長期を利用して、永久歯がきれいに並んで生えるように誘導する小児矯正に注力しています。近年はお子さんの歯並びを気にする親御さんが増え、定期健診で診ているお子さんに対して、その延長で行うことが多いですね。小児矯正の時期は、通常は6歳から12歳ぐらいまでですが、個人差があり保育園の年長さんから予防的に歯の状況を確認するケースもあります。また、基本的に乳歯には抜ける順序があるのですが、中には順番どおりに抜けず永久歯が生えるスペースが不足することがあります。その場合は、保隙(ほげき)装置をつけて永久歯が生えるまでの間、場所を確保するための処置を行います。なお、月々の調整費は別となりますが、小児矯正の費用は装置の数に関係なく一律としています。この辺りは転勤族の方が多いので、転勤の時期に合わせて矯正を行うか、転勤先で行うかなどを相談しながら進めることもありますよ。

最近は顎の小さい子が増えているそうですね。

そうですね。小さい顎だと、永久歯の生えるスペースが足りなくなることがあります。そのような場合は、スペース確保のための保隙や床矯正装置など、原因に応じた対応をしていきます。現在は第2木曜日と第4金曜日に矯正専門の歯科医師に来てもらい、診断・調整・無料相談を行っています。定期検診を受けているお子さんであれば、歯の角度や骨格など、お口の中の状態がよくわかるため、歯並びだけの問題か、骨格に問題があるのか、また矯正をしなくても問題ないかなど、詳しい状況をお話しできます。気軽にご相談いただければと思います。 成人の矯正や部分矯正にも対応しておりますので、ご相談ください。

先生が理想とする歯科医院とは?

4

近所のお子さんやおじいちゃん、おばあちゃんが気軽に遊びに来られる歯科医院にしたいですね。先日も当院の自動扉が開き、見慣れたお子さんが立っていたので「どうした?」と聞いたら、「なんでもない」と言って走り去り、私も「なんもないのか!」と楽しくつっこみました(笑)。地域に根づいて、用がなくても遊びに来てくれる歯科医院にしたいですし、知り合いの患者さんが顔を出してくれるのはとてもうれしい。お母さんたちも「いつ子どもを歯医者に連れて行ったらいいの?」「歯磨きの仕方は?」など質問だけでもいいので来てほしいですね。また、外傷等で緊急を要する場合は、日中の診療時間外でも対応していますので、まずは電話でご連絡の上、容体を説明していただければと思います。もちろん、急患にも対応しています。

地域のかかりつけ歯科医として患者と二人三脚で歩む

休日はどのようにお過ごしですか?

5

冬の間はもっぱらスキーです。大学時代、スキー部だったこともあり今もよく後輩の指導に出向いています。また毎年、後輩の大会の応援にも行っています。あとは、スキューバダイビングを楽しむことも多いですね。連休があれば、どこかへ旅行に出かけています。週末は家でじっとしていることは少なく、何かしら動いている気がしますね。日焼けで真っ黒になった私を見て、患者さんから「先生、またどこか行ってきたの?」とからかわれることも多いですよ。

読者へのメッセージをお願いします。

この地域は30代から50代の転勤族の方が多いのですが、その世代で歯周病が始まる人がとても多いです。歯周病は治療をしても、歯磨きの仕方が悪いと再発することがありますが、軽度であればきちんと歯磨きをすることで進行を食い止められると思います。当院では、大学病院で歯周科に入局していた経験を生かし、お子さんだけでなく大人の歯磨き指導や歯石取りにも力を入れ、病態に応じて歯茎の手術や歯周組織再生療法も行っています。「今さら……」とは思わずに正しい歯磨き方法を知り、歯磨きの技術を向上させ虫歯や歯周病の予防をしていただければと思います。また矯正治療については女の子の場合、高校生になると金具をつけることを嫌がる子も増えてきます。そういったことが心配だという場合には、小児矯正から始めて、早めに矯正を終わらせるという方法もありますので気軽にご相談ください。

最後に、これからの展望や目標についてお聞かせください。

6

患者さんと二人三脚で治療を行っていきたいですね。例えば、歯を抜くことが最善の治療法に思えても、患者さんが抜きたくないのであれば「諦めずに頑張りましょう」と一緒に頑張りたい。また、原因の特定が難しい場合も根気強く追究し、正しい診断・治療をしたいと思っています。最終的にはすべての世代の方から「あそこに行ったら何とかなる」と頼ってもらえる歯科医院が目標です。私は生まれも育ちも豊中市ですから、お世話になった方がたくさんいますので、これからも地域の皆さまのかかりつけ歯科医として日々精進していきます。幼いやんちゃ盛りの時に、ご迷惑をおかけした、近所の皆さまに恩返しをいなければいけませんからね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/一装置4万4000円~
成人矯正/75万9000円~(検査・診断料を含む)
小児矯正/34万1000円~(検査・診断料を含む)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access