全国のドクター8,424人の想いを取材
クリニック・病院 161,463件の情報を掲載(2019年9月16日現在)

江口歯科医院

江口歯科医院

江口 壯壽 院長
頼れるドクター掲載中

166406 %e6%b1%9f%e5%8f%a3%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

再生能力のない歯だからこそ、原因から解決すべき

―患者さんと接する際に心がけていることは何でしょうか?

患者さんの不安を取り除きたいという思いで接しています。歯科医院というと、一般的には怖いところ、治療が痛いところというイメージがあるかもしれません。自分自身で見える部分ではないし、他人にすべてを委ねなければならないというのは不安なことです。だからこそ、不安を和らげるような対応が必要です。治療を始める前に、患者さんがどんな結果を望んでいるのかを聞き、それに対する治療法のメリット・デメリットを説明します。私からの一方的な説明では患者さんの不安を取り除くことはできません。とはいえ、患者さんの要望だけをかなえていても、それは長期的に見ると患者さんの健康に悪影響を及ぼすこともあります。しっかりとコミュニケーションを取り、ゴール地点を共有することで、患者さんが満足のゆく治療を進めていきます。

―先生が予防歯科に注力しているのはどうしてですか?

大阪大学歯学部附属病院での経験がきっかけです。私はかぶせ物やインプラント治療を中心に学んでいました。それらの治療は、失った歯の代わりに人工物を入れることです。歯科治療の最終局面ですし、人によってはかぶせ物やインプラントが長持ちしないこともあります。どうすればここまで歯が悪くなってしまう患者さんを減らせるのかを考えたとき、予防を重視していくしかないと考えました。歯は再生能力のない部分なので、削ってしまうとそれだけ歯の寿命が縮まると考えています。そうならないための方法は何かを入局して5年目くらいによく考えていて、原因から解決していくという結論に達したのです。

―予防のために歯科医院へ通う頻度はどのくらいが良いのでしょうか?

それは人それぞれの状況によりますね。虫歯や歯周病といった歯の病気は、風邪やインフルエンザのように突然発症するものではありません。その人の食生活習慣やブラッシングによる影響を受けやすいです。なので、甘いものをよく食べていたり、歯を上手に磨けていなかったりすると、歯科医院でのメンテナンスの間隔は短いほうが良いでしょう。患者さんの話をよく聞いていると、皆さん虫歯にならないことを願っています。でも、仕事などの事情で歯科医院に定期的に通うのが難しくなっているんですね。ですので、歯を正しく磨くことや、甘いものを頻繁に取らないことなど、自宅でのセルフケアをできるだけ意識してもらいたいと思います。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細