アクリアデンタルクリニック

アクリアデンタルクリニック

多田 大樹院長

166130 %e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

小田急多摩センター、京王多摩センターの各駅から徒歩7分の「アクリアデンタルクリニック」を訪ねた。待合室では、色とりどりの観賞魚に気持ちが和む。院長の多田大樹(ひろき)先生は、全身の健康を考えた歯科治療を実践しており、一般歯科や噛み合わせなどの治療に加えて、子どもの顎の発育をサポートする矯正治療にも力を入れている。「根本から治す大切さを一人でも多くの患者さんに伝えていき、それが社会全体に広がっていけば」と語る多田先生。今回は、診療において大事にしていることや、今後の展望について話を聞いた。
(取材日2018年11月6日)

根本の原因からしっかり治す歯科医療を実践

―クリニック名の由来を教えていただけますか?

アクリアというのは僕が考えた造語で、水を意味するアクアときれいなを意味するクリアという言葉を合わせて、きれいな水の流れをイメージしました。清流とかの水の流れっていうのは、例えば独り占めしようとしてせき止めてしまうと、よどんでしまって汚くなってしまいます。僕はこれが、人生におけるいろいろなことと同じじゃないかと思っているんです。僕の場合は、特に人との縁であったりとか、いろいろなことに恵まれて助けられてきたなと思っています。僕がいろいろな人からもらったその贈り物を、自分のところで止めて独り占めするのではなくて、次の世代に伝えていったり世の中に還元したりすることができればと思っていて、その中でさらに自分が何かを見つけて成長できればいいなと思って、この名前をつけました。

―どのような患者さんがいらしてますか?

地元の方が多いですが、遠方の方も来ていただいています。年齢的にも幅広くですね。多摩センターという土地柄で、この周辺が最初に開発されてから30年くらいたちますし、その頃に引っ越してきた人たちは60代とか70代ですから、それくらいの年齢の方が多いですかね。でも最近はまた、小さなお子さんを育てている若い世代の人も、増えてきたような感じはしています。来院のきっかけは、痛みがあるとか詰めたものが取れてしまったとか、本当にさまざまです。虫歯や歯周病、噛み合わせの治療をすることが多いですね。

―全身を意識して診るというのが、大きな特徴ですよね。

はい。どのような症状で来院した方でも、「全身の健康」という視点から診ています。歯科疾患と体の病気が関連していることはとても多いのです。特に、口呼吸が原因で病気になるケースは多いのですが、口呼吸をしているかどうかは、口の中や表情などにサインが現れることがよくあります。そのため、口の中を実際に診て気づいたことがあれば、患者さんにお伝えし、ご希望があればその症状に対応できる医科の先生をご紹介するようにしています。このような診療のベースにあるのは、病巣疾患という概念です。今ある症状だけを治すのではなく、根本的な原因を見つけて治していく、という考え方を当院の診療では取り入れています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/35万円~、審美歯科/3万円~、小児の歯列矯正/120万円~



Access