全国のドクター8,907人の想いを取材
クリニック・病院 161,004件の情報を掲載(2021年12月02日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市東区
  4. 栄駅
  5. テレピアデンタルオフィス
  6. 森 進吾 院長

森 進吾 院長の独自取材記事

テレピアデンタルオフィス

(名古屋市東区/栄駅)

最終更新日:2021/11/04

20210819 165584 top

名古屋市営地下鉄東山線・栄駅から徒歩5分ほどの複合ビル2階にある「テレピアデンタルオフィス」は、森進吾院長が2011年に開業。虫歯や歯周病治療、予防歯科、審美歯科に力を入れてきたが、診療内容のリニューアルを行い、自由診療の入れ歯治療を主軸としたクリニックとして再スタートした。穏やかで優しい語り口の森院長は、言葉の端々に百戦錬磨の気概を感じさせる歯科医師。これまで多くの症例を診てきたからこそ多様な価値観を尊重し、患者に寄り添おうとする姿勢は、人間的な魅力にあふれている。「入れ歯=高齢者」というイメージを持つ人は多いが、部分入れ歯は若い世代にもニーズがあるという。森院長がめざす歯科医療のかたち、今後のクリニックの方向性についてたっぷり話を聞いた。

(取材日2021年8月5日)

開業10年の節目に心機一転

診療内容をリニューアルされたそうですね。

20210819 1

もともとほかの歯科医院で対応しきれなかった入れ歯の患者さんを自由診療で診ることがあって、ニーズを意識し始めたんです。そこから、より専門性を持たせた入れ歯治療ができないだろうかと考え始めました。それまで入れ歯の患者さんは年間通して1人か2人いるかいないかの状況だったのが、入れ歯治療の専門性を打ち出したところ、希望される方が増えたんです。折しも需要が増えていた時期に、ちょうどスタッフ体制の変化もあり、この機にほかの歯科医院では難しいとされる、難症例の入れ歯治療を主軸にしようと決断しました。開業10年の節目というのも心機一転には良いタイミングだと思いました。数年前から目標として準備を進めてきたことが実現し、リニューアルすることになったんです。僕の中での一つの区切りですね。

現在どんな症状の患者さんが多いのでしょう?

ほかの歯科医院では治療が難しいと診断された患者さんが多くいらっしゃいます。そういう方は、例えば、顎の骨が左右で形状が異なるなど、治療を行うにあたって何かしら厳しい条件をお持ちのことが多いですね。あと、過去に専門性の高い入れ歯治療を受けた歯科医院が廃業して、対処できるところがなく、当院で引き継いで治療を行っている方もいます。10軒も15軒も歯科医院を回ったのに自分のお口に合った入れ歯を作ることができない方、大学病院でも満足できなかった方も来院されており、このクリニックが最後の砦になりたいと思っています。

ご自身の使命を見いだされたんですね。

20210819 2

10年診療を続けてきて、ようやく自分の理想とする歯科医療が提供できる環境が整い、自分のやりたいことと患者さんのニーズが一致してきたと感じています。ここをスタート地点に、さらに発展させていきたいですね。全体から見れば少数ではありますが、難症例で、治療を受けられずに困っている方が確実にいることがわかったので、これからは、そういう行き場のない患者さんたちのお役に立てる存在になりたいです。そのためには、当院をたくさんの人に知っていただけるよう情報発信にも努めたいですし、来てくださった患者さんには力の限り寄り添って満足いく治療を提供していきたいですね。僕は自分で言うのもなんですが、我慢強い性格なので、難しい症例の方にも粘り強く向き合っていく自信はあります。

多様な価値観を尊重する

入れ歯治療を受ける患者さんはやはり高齢の方が中心ですか?

20210819 3

「入れ歯=高齢者」というイメージがありますが、入れ歯には総入れ歯から部分入れ歯までさまざまな形態があります。部分入れ歯ですと20代でも一定数のニーズがありますし、30代、40代の方もまったく珍しくありません。いずれにしても、入れ歯治療に年齢は関係ありません。若いうちから正しく対処しておくことは、その後の口腔環境にも良い結果につながりますし、必ずしもすべてのケースが入れ歯になるわけではありませんから、気になることは早めに相談してもらえるといいですね。

若い世代であれば、見た目を気にされる方も多いのではないでしょうか。

年齢が下がるほど、入れ歯を入れることに躊躇するのは、やはり見た目を気にする方が多いからだと思うのですが、見た目を気にするのは何も若い世代に限ったことではありません。ですので、当院では、すべての世代の患者さんに対し機能性と同様、見た目の自然さ、審美性も十分に配慮しながら入れ歯治療を行っています。治療の参考のために、なりたい歯並びの写真をお持ちいただくこともあります。若い頃の写真をお持ちになり、「昔はこんな感じだった」と言われるご高齢の患者さんもいらっしゃいます。比較的お若い方には、芸能人の写真を持ってきていただくこともあります。少しでも前向きな気持ちで治療を受けてもらえるよう、こういった取り組みも重要だと考えています。その方にとって一番良い方法をと常に思っていますが、「美」に対する価値観は人によって違いますから、僕は自分の意見を押しつけないように、その方の価値観に沿うようにしています。

まずは自分の希望や理想を伝えることが出発点なのですね。

20210819 4

そうですね。僕はこれまで難症例をたくさん手がけてきましたので、ちょっとやそっとの難しい症例では驚きません。患者さんは何も気にする必要はありませんし、わざわざ当院を見つけて足を運んできてくださったのですから、どんどん要望を言って頼ってほしいと思います。歯を失ってしまったことを悔いても、その歯はもう戻ってはきません。いかに気持ちを切り替えて、この先の快適な生活につなげられるか、そこが大事です。先ほど写真の話をしましたが、視覚的なイメージは言葉より伝わりやすいという利点があります。患者さんが言葉にできないところもくみ取りながら、適切なゴールを見つけていきます。僕は決して話し上手ではないけれど、患者さんのお話をじっくり伺うのは苦にならないので、安心して相談に来ていただけるといいですね。

歯科医療を通し、患者の人生をより有意義なものに

近年、症例に変化などありますか?

20210819 5

これまで義歯や入れ歯治療の患者さんを数多く診療してきましたが、入れ歯に関する皆さんの悩みの内容やその深刻さ加減は、この10年、20年変わっていないのが現状ではないでしょうか。何回繰り返し調整しても、どうしても入れ歯が合わないという方は実際少なからずいらっしゃいますし、失った歯を補う方法として近年インプラントが普及してきましたが、それでもカバーできないというケースもあるんです。当院に来られる患者さんには、インプラントを入れてはみたけれど、きちんと機能していない方も多いです。インプラント治療の失敗からのリカバリーは僕の一つのテーマになっています。

インプラントについてもう少し聞かせてください。

僕は、うまく機能しないインプラントから入れ歯に移行させる方法にも対応していますが、インプラント治療そのものを否定するわけではありません。インプラントが普及したことで恩恵を受けている患者さんもたくさんいます。ただ、普及率が上がっている分、失敗症例が増えている現実も確かにあって、そうなった時、専門性の高い入れ歯の出番となるわけです。他院でインプラント治療を勧められたけれど、ほかの選択肢として入れ歯の話も聞いておきたいと来院される方もいらっしゃいます。そういう時は、インプラントへの誤った先入観につながらないよう配慮しつつお話ししています。最後に入れ歯を選ぶか、インプラントを選ぶかは患者さんの価値観次第。ただ、インプラントも手術して終わりではないので、その後もメンテナンスも含めて、ご検討していただければと思います。

今後の展望は?

20210819 6

歯の健康状態によって生活の質が変わってしまうことから、歯科は「生活に即した医療」といえるでしょう。そういう意味で、歯科医師は重い責任を担っていると感じます。現在当院では、自分に合った入れ歯を作るのが難しい方、インプラントが使えなくなった方など、物を食べる、噛むという点で深刻な状態になった方の見た目を含めた原状回復に力を入れています。歯を失ったことで落胆されている患者さんもいますが、それを補うための方法はありますから、自分を過剰に責める必要はありません。歯科医療は歯を残すことだけが目的ではなく、失った場合にもきちんと噛めるように対処することも大切です。僕は、歯科医療を通して楽しい人生を送るための方法を伝えていけたらいいなと常々思っています。当院で治療を受けた結果、少しでも前向きな気持ちになってもらえれば、これほどうれしいことはありません。

自由診療費用の目安

自由診療とは

入れ歯治療/精密義歯33万円~、ノンクラスプデンチャー33万円~、金属床義歯38万5000円~、シリコーン義歯41万8000円~

Access