ひろせクリニック

ひろせクリニック

広瀬 真院長

頼れるドクター

165469

リスクを管理し、予防するのもかかりつけ医の仕事

―将来の展望についてお聞かせください。

この地域で、できるだけ長く現役の医師として地域に貢献し、患者さんから何でも相談してもらえる、かかりつけのクリニックになっていきたいと考えています。些細なことでも、体のことで困ったことがあれば気軽に相談していただきたいですね。また、当院は人にも恵まれていて、患者さんからよく「スタッフが優しい」「親切」というお言葉をいただきます。それが一番うれしい褒め言葉でもあります。皆、開院した時からのメンバーですが、このメンバーで、これからもずっとやっていけたらうれしいです。

―休日の過ごし方を教えてください。

音楽が好きで、よく聴きます。若い頃はバンド活動をしていました。実は、1年前から「おやじバンド」を結成し、ライブもすでに2回やっています。バンドのメンバーは、娘のバンド仲間のお父さんたち。娘たちの演奏の指導に来ていた保護者同士が意気投合し、バンドを組んでしまったのです(笑)。メンバーの平均年齢は55歳で、ジャンルは洋楽のロック、月1回は集まって練習するようにしています。自宅には猫が4匹いるので、家にいるときはもっぱら猫と過ごしています。ニューヨークに留学していた頃は自炊もしていたので、料理も好きで、今も時々します。得意料理は麻婆豆腐とカレーです。カレーはスパイスから手間暇かけて作ります。

―読者に向けて、メッセージ、アドバイスをお願いします。

血圧やコレステロールを下げるお薬を、きちんと飲まない患者さんがたまにおられます。今現在、特に不調を感じないのに、ずっと薬を飲まなくてはならないのは確かに嫌ですよね。しかし、血圧やコレステロールが高い状態というのは、心臓の病気を非常に発症しやすい状態なんです。それが薬を飲むことで、重大な病気を発症するリスクを、正常な数値の人と同程度まで下げることができます。健康診断前にだけ薬を飲んで数値を下げるのではなく、常にリスクの低い状態をキープしていくことが大切です。つまり、血圧やコレステロール値を下げる薬は、治療のためというより、病気予防のためのお薬なのです。当院では、こうしたこともきちんと説明し、患者さんが早めにリスクをコントロールできるよう、対応しています。昔は大きな病気にかかった人を助けるのが仕事でしたが、今は患者さんが病気にならないよう、予防に重点を置いています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細