全国のドクター9,137人の想いを取材
クリニック・病院 159,055件の情報を掲載(2024年2月25日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 神戸市中央区
  4. 大倉山駅
  5. さくら歯科医院
  6. 湯川 誠 院長

湯川 誠 院長の独自取材記事

さくら歯科医院

(神戸市中央区/大倉山駅)

最終更新日:2023/12/28

湯川誠院長 さくら歯科医院 main

大倉山駅から徒歩6分ほどの閑静な住宅街の一角にある「さくら歯科医院」は、地域の中でも早くから予防歯科や訪問歯科診療に取り組んでいる医院だ。院長を務める湯川誠先生は、患者の要望にできる限り応えたいとの想いから、さまざまな勉強会で技術の研鑽を積んできた。訪問歯科診療では口腔ケアの行き届いていない高齢者の課題に向き合い、一人でも多くの患者のQOLを上げるべく、介護職員との連携強化にも取り組んでいる。現在、常勤3人、非常勤5人の歯科医師体制で、一般歯科・小児矯正・審美歯科・インプラント治療・歯科口腔外科に至るまで幅広い診療にあたる同院。社会貢献の意欲にあふれる湯川院長に、診療への想いを聞いた。

(取材日2023年12月1日)

患者が望む治療に幅広く応えられる歯科医院にしたい

開院から25年がたちましたね。

湯川誠院長 さくら歯科医院1

そうですね。以前この地域は下町のような雰囲気がありましたが、最近は大型の分譲マンションが建ち、ニューファミリー層が増えて、お子さんの患者さんも多くいらしてくれるようになりました。開院当初は地域で予防を推奨する歯科医院があまりいなかったこともあり、歯磨きの大切さもあまり浸透しませんでしたが、少しずつ皆さんの意識も変わっているのではないでしょうか。訪問歯科診療は、私が診ていた患者さんが入院した際に病院に赴いたところ、そちらの院長に「まだまだ歯で困っている人がいるから来てほしい」と言われて始めたんです。超高齢社会を迎えていることや地域の方のデンタルIQが上がっていることから、予防ケア・訪問歯科診療ともにますますニーズの高まりを感じています。

先生の礎には、「医療は奉仕」という想いがあると伺いました。

私は曾祖父の時代から続くクリスチャンの家庭に生まれ、曾祖父は医師、祖父と父は牧師をしていました。親戚には医師や歯科医師も多く、小さい頃から母親に「困っている人やお金のない人に治療を施していたひいおじいさんのように、人のために尽くす仕事をしなさい」と教えられて育ったのです。一方父は、教会附属の幼稚園の園長も務めていました。末っ子長男で小さい子どもが大好きだった私は、「歯医者と園長どちらもやろうか」と考えたこともありましたね。大学に進学した当初は小児歯科に注力したいと考えておりましたが、今後の日本の高齢化も考えて、大学卒業後は研究室で補綴領域を学んできました。現在は、お子さんからご高齢の方まで、幅広く診療しています。

幅広い診療をされています。どのように研鑽を積まれたのでしょうか。

湯川誠院長 さくら歯科医院2

歯科口腔外科が専門の元勤務先の院長や先輩の指導のもと、インプラント治療や親知らずの抜歯、重症化した歯周病の治療などの外科手術を多く経験してきました。自分の領域を大きく広げてくださったその先生方には心より感謝しています。当院を開院後も、「患者さんが望む治療に幅広く応えたい」という想いがあり、さまざまな勉強会に参加し、難治性の根管治療や矯正治療のセミナーなど、常に先進の歯科技術を吸収できるようにしてきました。また、講師の先生が勤める歯科医院に足を運んで、現場を見せていただいたりもしましたね。自分に学んだことが患者さんにお役に立てたらうれしいです。

高齢者のQOLを上げるため、できる限りの口腔ケアを

訪問歯科診療についてお聞かせください。

湯川誠院長 さくら歯科医院3

患者さんのオーダーに基づき、ご自宅や高齢者施設、介護老人保健施設などへ出向いて診療にあたっています。私と副院長が中心となり、虫歯治療や歯石の除去、抜歯、入れ歯治療など、院内診療とほぼ同レベルの治療を行っています。最近は、ご高齢の方への口腔ケアが最も多いですね。また、病院の介護棟にいる意識障害のある患者さんなどの所にも赴き、食いしばり防止のマウスガードの作製や破折した歯の抜歯なども行います。「より多くの方に噛む力を取り戻し、元気になっていただきたい」と願いながら取り組んでいますので、近い将来意識を取り戻された時に、きちんと噛めるような状態になっていることをめざして、口腔ケアに努めています。

訪問歯科診療において、課題に感じていることはありますか?

適切なケアがおざなりになっている患者さんがまだ多く、それを目の当たりにすると本当に悲しくなります。その理由は人手不足や口腔ケアの経験不足、疾患による口腔ケアの制限などさまざまです。しかし、困っている患者さんのQOLを上げるため、私は基本的にできる限りのことをして差し上げたいと考えています。しかし、そうはいっても、私たちができることは限られており、日々患者さんに接している現場のケアマネジャーやホームヘルパーの方の力がとても重要です。神戸市中央区歯科医師会の高齢者歯科・福祉委員会の立場を通じ、介護職員向けの口腔ケアの研修会を行ったり、ケアの仕方を動画にして施設内のホームヘルパーの方たちに実践してもらったりなど、歯科と介護職員との連携にも取り組んでいますので、より良い医療を届けられたらと思っています。

貴院の小児矯正の特徴を教えてください。

湯川誠院長 さくら歯科医院4

お子さんの歯並びについておかしいなと感じたら、早めに矯正を始めることをお勧めしています。小さいお子さんの強みは、骨や歯並びがまだ“完成していないこと”です。永久歯が生えそろってからでは、抜歯を伴う矯正が必要になる場合もありますし、ワイヤーなどの装置は効果が見込める一方、虫歯になりやすいというデメリットもあります。ですので、できるだけ早い時期に「顎の成長・発育に合わせた無理のない矯正」に取り組んでいただくのが良いと考えています。当院では、マウスピース型装置を用いた矯正とお口や姿勢のトレーニングの2方面から、歯並びが悪い原因へのアプローチを提案しています。また歯が生え替わる時期のお子さんは、抜けずに残っている乳歯をよけて永久歯が歪んで生えるという、乳歯の晩期残存のリスクも見逃せません。当院では、必要に応じて適切な時期に乳歯を抜くなど、歯並びをできる限り良くできるようにケアを行っています。

人生100年時代、歯のケアを後回しにしてほしくない

スタッフ皆さんと予防ケアに取り組まれているのですね。

湯川誠院長 さくら歯科医院5

当院のメンテナンスでは、歯科衛生士がエアフローで、セルフケアでは落としきれない歯石などを丁寧に落としていきます。末永い歯の健康のためにはセルフケアと専門的なケアのどちらも必要であり、それを患者さんが自分ごととして習慣にできるかが大切だと考えています。そのため、2023年11月より新たにトリートメントコーディネーターというスタッフを増やし、質問型のカウンセリングを通じて患者さんの望んでいることくみ取ったり、歯科医師や歯科衛生士には聞きづらい相談にも応じたりしながら、適切な治療とともに、歯を1本でも多く残すための予防をご提案するよう心がけています。歯科医院が苦手な方もいらっしゃるかと思いますので、できる限り不安を取り除いて自分の歯の健康に向き合っていただけるとうれしいですね。

先生は後進の育成にも取り組まれていると伺いました。

還暦を迎え社会に還元したいと思い、2022年に歯科を通して子どもたちの未来に寄与するためのNPOを立ち上げました。子ども食堂での歯磨き指導や、児童福祉施設の子どもたちへの無料のマウスピース提供、歯科衛生士などの資格取得をめざす学生への学費援助など、少しずつ着手しています。また近年、当院では中高生の職場体験の受け入れにも応じてきました。さらに上海にある分院では、学校歯科医として現地の日経幼稚園やインターナショナルスクールで健診を行ったり、現地の日本人向けの塾で歯科の出前授業なども行っていました。それらに参加した学生から歯科医師や歯科衛生士の道に進んだという連絡を受けることもあり、本当にうれしく思っています。意欲のある子どもたちが少しでも歯科に興味を持ち、将来の歯科業界を担う人材となってくれるよう、サポートを続けていきたいと思っています。

最後に地域の方へメッセージをお願いします。

湯川誠院長 さくら歯科医院6

人生100年時代に失って困るものは、食べられる力であり、歯であるとお伝えしたいです。地域の皆さん一人ひとりが極力長く歯を残せるよう、歯のケアを決して後回しにすることなく、若いうちや子どものうちからケアに取り組んでほしいと願っています。また、スタッフの福利厚生をより充実させ、働きやすい医院づくりをしていきたいとも思っています。これからも患者さんの希望を極力かなえられるよう努力し、何でも気軽に相談していただけるような歯科医院であり続けたいので、歯に関するお悩みがありましたら、お気軽にご来院ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミック治療/5万円~、インプラント治療/20万円~、小児のマウスピース型装置を用いた矯正/15万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access