全国のドクター8,462人の想いを取材
クリニック・病院 161,436件の情報を掲載(2019年10月17日現在)

グリーン内科

グリーン内科

守谷昭彦 院長

164876 df 1 main 1419214263

宿場町として江戸時代から栄えていた藤沢市長後は、古い町並みと新しいマンションが違和感なく混在する、新旧調和のとれた街だ。その長後駅の東口から徒歩3分の高齢者住宅のクリニックモールの一角に「グリーン内科」はある。開院から3年余りだという明るく温かみの感じられる院内で、質問に答えてくださったのは守谷昭彦院長。自身が学生時代に経験した闘病生活の経験から、患者の気持ちを汲みながら、わかりやすい言葉と丁寧な説明で患者目線での診療を心がけているという。取材中も、休診日にも関わらず、数名の患者が訪れるなど地元の信頼は厚く、中学生から100歳近い高齢者まで幅広い層の患者が訪れるという。そんな守谷先生に、診療方針から趣味のエアロビクスのことまで、じっくりと伺ってみた。
(取材日2014年12月11日)

医師としての原点は、学生時代の闘病生活

―先生は医科大学に進まれる前に、別の大学で学ばれていたそうですね。

はい、はじめは応用化学を学ぶために理工系の大学へ進学しました。ところが入学した最初の夏休みに体調を崩して、自宅療養することになってしまったんです。受験が終わって1番遊びたい盛りの夏休みに、なんで自分がこんな目に遭わなければならないんだろうと思いながら、一ヵ月ほどひたすら部屋の天井を見ながら過ごしていました。体の具合が悪いことに加えて、なんて理不尽なんだろうと気持ち的にすごく辛かったですね。この体験が私の医師としての原点です。この時の肉体的苦痛と精神的苦痛がどうしても忘れられなくて、将来は薬の合成を通じて医療に貢献したいと思うようになったのですが、4年生になった時に、もっと人と向き合いたい、治療という形で苦しんでいる人に貢献したいという気持ちが強くなり、思い切って医科大学へ受験し直しました。医師となった今でも、自宅で天井を見ながら不安でいっぱいだったあの時の自分の姿を思い出しては、時々自分に喝を入れています。

―それで佐賀医科大学に進学されたのですね。

実は私は5期生なんです。だから、入学した時は全学年がそろっていたわけではないのですが、学生の年齢も出身地も実にバラエティーに富んでいて、本当に面白かったですね。佐賀の人たちもはじめは人見知りするけれど、慣れてくると何かと家族のように接してくれるんですよ。私にとって初めての九州だったので、学生時代は四季折々の風景を見ながら各地を旅しました。豊かな自然に、おおらかな九州の風土と温かい人柄のおかげで、とてもいい時間を過ごすことができましたね。

―内科を専門に選ばれたきっかけを教えていただけますか?

私は横浜出身なので、卒業後は横浜市立大学附属病院の研修医としてこちらへ戻ってきました。その時に出会った先生が素晴らしい方で、その方に誘っていただき内科の道へ入りました。内科に入局してからも素晴らしい先生との出会いがありました。その先生は、特に自ら指示は出さないのですが、その一挙一動が、医師としてだけでなく人としても生きる見本のような方でした。例えば回診は1日3回で、朝は「おはよう、今日も一緒に頑張ろう」と声をかけて回られ、昼は「調子はどう?君を忘れていないよ」と言って回り、夜には「今日も一日頑張ったね。明日も一緒に頑張ろう」と回られる。何かしら不安を抱えている患者さんのベッドサイドで、常に患者さんの目線に立って治療されていた先生の姿が今も目に焼き付いています。決して具体的なことを言われた訳ではないのですが、医師とは、かくあるべきという姿を身をもって教えられましたね。その先生の事は、今も心の師として尊敬しています。その先生に少しでも近づきたいという思いで、日々診療をしています。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細