医療法人マイルストーン まつおかクリニック

松岡 慎院長、松岡 京子副院長、松井 永子先生

163531

名古屋市南区の住宅街にあり、真っ白な建物にブルーの看板が目を引く「医療法人マイルストーン まつおかクリニック」。院内に入ると、木材を使った天井や床、畳のスペース、丸テーブルなど、リビングのように寛げる広々とした待合室が迎えてくれる。町のクリニックでは珍しい総合診療科や形成外科のほか、内科、外科、小児科といった幅広い診療を行う。患者の全身を診る総合的な医療を提供しており、近隣住民の心の支えのような存在だ。今回取材に応じてくれたのは、総合診療医としてさまざまな患者を診察する松岡慎院長、そして形成外科の松岡京子副院長と小児科の松井永子先生。優しい笑顔が印象的な先生たちに、クリニックのモットーや今後の展望など話を聞いた。
(取材日2016年6月16日)

専門分野を持つ医師が集まりチームで医療を行う

―それぞれに異なる分野のエキスパートである医師が3人、そして専門外来もあり、診療科目が幅広いですね。

【松岡院長】当院は、患者さんの全身を診ることができる総合診療所でありたいと思っています。また、幅広く診るといっても医師1人では広く浅くになってしまいますので、それぞれの分野で高い医療レベルを提供するために専門の医師が診察をしているのです。現在は、私と副院長、松井先生の3人で総合診療科、内科、消化器内科、小児科、外科、形成外科、皮膚科、肛門外科をカバーし、そのほかに予約制で整形外科の専門外来、皮膚科の専門外来、そして栄養指導の外来を行っています。エコー検査にも力を入れ、先進の機種を導入して、信頼のおける先生に来ていただいています。また、看護師も7人いますので、お互いにコミュニケーションを大切にしながらチームで医療を行っています。

―小児科ではどんな患者さんが多いですか?

【松井先生】一般的な小児科診療をしていますので、風邪症状のお子さんがやはり多いです。私はもともと小児アレルギーが専門ですので、花粉症などアレルギー性疾患や喘息の症状を持ったお子さんなども来院されます。当院には皮膚科の専門外来の先生がいますので、アトピー性皮膚炎のお子さんの場合は、私と皮膚科の先生とで連携をしながら、それぞれの専門分野を持ち寄って多角的に治療を行っています。また、近所に学校がありまして、小学校や中学校の学校医もしています。クリニックに来るお子さんは風邪などを患っていますが、病気だったお子さんたちの元気になった姿を学校で見ることができると、とても元気をもらえますね。

―形成外科ではどんな診療を行っていますか?

【松岡副院長】形成外科というのは一般的になじみのない科目で、特に中部地方では、町のクリニックで形成外科を診療科目に掲げているところは少ないと思います。体表面が専門の外科ですので、傷痕を治療したり、ほくろや皮膚のできものを取る相談に来られる方が多いですね。「この傷痕がきれいに治るとは思わなかった」と言う方や、「今までどこに相談したらいいのか分からなかった」とおっしゃっていただく方もいて、形成外科があることでお役に立てている部分も多いかなと実感しています。また、内科など他の診察でお見えになった患者さんでも、傷痕や先天的なアザといったちょっとした気になることを相談していただければ、専門的なお話しができると思います。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細