全国のドクター8,983人の想いを取材
クリニック・病院 160,874件の情報を掲載(2021年8月03日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 額田郡幸田町
  4. 相見駅
  5. 医療法人 大晶会 うおずみ歯科クリニック
  6. 魚住 大樹 院長

魚住 大樹 院長の独自取材記事

うおずみ歯科クリニック

(額田郡幸田町/相見駅)

最終更新日:2020/06/02

20200601 163184 top

JR東海道本線、岡崎と蒲郡の間に2012年にできた相見駅。真っ直ぐに伸びる線路の東側に広がるのは、真新しい戸建て住宅群。駅から徒歩5分ほどの郊外型ショッピングモール「カメリアガーデン幸田」のテナントの一つとして、「うおずみ歯科クリニック」は2010年に開業した。院長の魚住大樹先生は、大手製造業のベッドタウンとして近年開発が進む額田郡幸田町において、老若男女、地域の人々が買い物がてら気軽に訪れることができるファミリーデンタルクリニックをめざす。大学時代は日本拳法部だったというバイタリティあふれる魚住先生に、診療方針などを聞いてきた。
(取材日2017年7月21日)

あらゆる世代の患者が安心して来られるように

こちらのクリニックにいらっしゃる患者さんは、どんな方が多いのでしょうか。

1

当院は乳児から高齢者まで、幅広く来ていただける歯科をめざしています。特にこのあたりは人口も増えていて、子どもも比較的多い土地柄。私も子どもが大好きなので、小児歯科には力を入れています。子どもにとって居心地の良い環境をつくり、後に「歯医者は痛い、怖い」といったトラウマにならないような治療を心がけています。内装は、薄いグリーンを基調に木目調のフローリングを使い、ナチュラルで優しい雰囲気にしました。エントランスもベビーカーのまま入ってきていただけるようになっています。

先生はなぜ歯科医師をめざしたのですか?

親戚などに医療に関係する仕事をしている人が多く、漠然と医療関係の仕事に興味をもっていました。特に、超高齢社会の日本において、健康的な老後を過ごすために、歯科は重要ではないかと考えて、歯科医師をめざしました。歯学部を卒業後、大学での研修を経て、2つのクリニックで経験を積みました。1つ目は横浜市保土ケ谷区の「ふるた歯科」。こちらはショッピングモールの中で日曜日も診療していて、とても忙しいクリニックでした。そこでたくさんの患者さんを診させてもらい、一般歯科を中心に、幅広い歯科治療を学ぶことができました。その後、地元・愛知県に戻り、名古屋市名東区の医療法人ホワイトデンタルすぎうら歯科に勤務。こちらは特にインプラントやホワイトニング、審美歯科などにも力を入れているところでしたので、その分野での経験も積むことができました。

なぜ、こちらに開業されたのですか? またどんな歯科をイメージされましたか?

2

私は瀬戸の出身で、妻が岡崎の出身ですので、どちらかの地域で開業したいと考えていました。ちょうどこの物件が見つかり、最初に勤務したふるた歯科のようにショッピングモールの中にあり、幅広い患者さんに来ていただきやすいかなと思って、こちらに決めました。もともと老若男女、満遍なくどんな治療にも対応できるファミリーデンタルクリニックのような形態をめざしていましたので、その意味でとても良い環境ですね。車が停めやすいことも好評ですし、母親が子どもを連れてきて、ここに預け、待ち時間に買い物を済ませてくるということも可能です。日曜日以外は毎日午前も午後も診療し、忙しいですが、とても充実しています。

痛みの感じない治療を追求

診療上、大切にしていることはどんなことですか?

3

なるべく痛みを感じない治療をめざしています。具体的には麻酔の打ち方で、その麻酔注射自体の痛み、麻酔の効き具合いも変わってくるのです。私自身、子どもの頃歯医者さんが大嫌いだったのですが、それは注射が痛くて怖かったからなんです。だから、患者さんが「あれ、いつ注射を打ったの?」というくらいの痛みに気づかない治療が理想。注射は皮膚の薄い粘膜一枚のところに打つのですが、歯科医師になったばかりのころは、よく練習する機会を設けていました。また、麻酔の注入速度を遅くすることで痛みが軽減されますので、ゆっくり打つことも心がけています。こうした治療はどうしても時間がかかってしまうのですが、なるべく患者さんをお待たせしない、ということも考えるようにしています。

お使いの設備・機器で特徴的なものはありますか?

拡大鏡を導入しています。口の中は暗くて狭い空間。それを明るく拡大して見るためのもので、もともと外科手術などで使われていたものを、最近では少しずつ歯科医院でも使うようになりました。肉眼では見えないところまで見えるので、精度の高い治療が可能です。着けた姿は、子どもたちにはちょっと怖がられますけれどね(笑)。マイクロスコープ(顕微鏡)のほうがさらに高倍率にはなりますが、拡大鏡は非常に機動性があって使いやすい。歯や歯肉の微細な構造を捉えるにはたいへん有用です。

ホワイトニングや審美歯科に関する数多くの情報も提供していらっしゃいますね。

4

はい。一般歯科・小児歯科をしっかりやったうえで、見栄えなども考えて興味を持ってくださる方にしっかりした情報を提供し、ご希望の方には治療をするというかたちでやっています。以前勤めていた歯科がホワイトニングや審美歯科に力を入れていて、私も多く経験を積んでいるので自信をもって提供できます。また、この分野専門の歯科技工士とも連携しています。例えば、セラミックの入れ歯を作製するときには歯の色に合わせる必要があります。最初に型を採るときに技工士が立ち会うのは普通ですが、当院の場合は出来上がったものを実際に患者さんの歯にセットするときにも技工士に立ち会ってもらい、不具合があればすぐに調整することが可能になっています。

院内のコミュニケーションを大切に

待ち時間が長くなってしまったり、子どもの患者さんが多いと、スタッフの協力体制が大事になると思います。

5

そうですね。院内の人間関係はすごくいいです。私もなるべく怒らないようにして、温かい雰囲気をつくり出すよう、心がけています。院内のコミュニケーションがうまくいっているかどうかは患者さんにも伝わるから、とても重要ですね。妻が事務長として院内のことを切り盛りしてくれていまして、スタッフのマネジメントも彼女の仕事。私がスタッフに何かお願いしたい時は、まず彼女に話をして共有してもらっています。当院のスタッフは全員女性ですが、2ヵ月に1回くらいのペースで食事会に連れ出してくれ、上手に私との間に入ってくれています。私はどちらかというと“いじられ役”です(笑)。でも、そのおかげで私は安心して診療に専念できています。

先生が大事にしていらっしゃる価値観、考え方などはありますか?

「反省はするけど、後悔はしない」、浪速のジョーと親しまれているプロボクサーの名言です。私は学生時代、日本拳法をやっていたこともあって格闘技は好きで、尊敬しているんです。常に前向きで、失敗したら反省はして、改善のために勉強したり努力したりはするけれど、いつまでもくよくよすることなく、ポジティブに考える。これをモットーに、毎日診療に取り組んでいるつもりです。

最後に、今後の展望などについてお聞かせください。

6

地に足をつけ、地域に密着した歯科医師として、着実な医療を提供していきたいです。特に、一度治療した歯を再度治療しなくてよいように、根本から確実に治す医療を心がけていきたいですね。また、長く健康で楽しく過ごすには、「しっかり噛む」ことが大切です。年をとっても自分自身の歯でよく噛んで食べることで、認知症や他の病気の予防にもつながります。歯周病対策などの予防歯科にも力を入れ、できる限り患者さん自身の歯が残せるような取り組みも行っていきます。歯に関わるあらゆる悩みに対応できるよう、幅広いメニューを取りそろえていますので、お気軽にご相談いただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

「ホワイトニング」 オフィスホワイトニング:1万2000円~/1回、ホームホワイトニング:2万5000円~/1回、パーフェクトホワイトニング:4万円
「審美歯科」 クラウン(かぶせ物)ジルコニアセラミック冠:12万円/1本、メタルボンド:9万円/1本、ゴールド冠:8万円/1本、ハイブリッド冠:6万円/1本、インレー(部分詰め物)セラミックインレー:4万円/1本、ゴールドインレー:4万円/1本、ハイブリッドインレー:3万円/1本
「インプラント」35万円~
「矯正」70万円
※すべて税別価格です。

Access