全国のドクター9,119人の想いを取材
クリニック・病院 161,402件の情報を掲載(2020年4月02日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市中区
  4. 栄駅
  5. オアシスデンタルクリニック
  6. 後藤 英夫 院長

後藤 英夫 院長の独自取材記事

オアシスデンタルクリニック

(名古屋市中区/栄駅)

最終更新日:2019/08/28

162770

名古屋の中心地である栄駅の6番出口を出てすぐのビル8階と、抜群の立地にある「オアシスデンタルクリニック」。さまざまなエリアから患者が集まることを想定した後藤英夫院長が、「中心街・駅近・わかりやすい場所」にこだわったという。診療の柱はインプラント。先進の治療にも積極的に取り組み、「インプラントはその人の自信を取り戻す治療」と力強く話す後藤先生。実際、治療によって多くの患者が希望や明るさを取り戻し、人生を激変させた姿を見てきたという。そんな患者の変化が、後藤先生のさらなるやりがいに。クールな印象だが、その実はストレートで情熱的。クチコミや紹介で患者が増えているという状況にも、おおいに納得できる。そんな熱い思いをもった後藤先生にたっぷりと話を聞いた。
(取材日2016年10月6日)

インプラント治療中心のクリニック

同院は、クチコミや紹介による患者さんが多いそうですが、診療のメインはインプラントですか?

そうですね。60~70代の方をメインとした、インプラントが中心のクリニックです。患者さんの6割強が女性で、男性は引退された方や経営者など、時間を自分でコントロールできる方が多いです。診療時間が10~18時なので、働いている方はなかなか通いづらいかもしれません。遠方から通われている方も多いので、1回の診療ではたっぷり時間をとり、通う手間をなるべく減すようにしています。ひとりの治療に半日かけることもありますね。

同院のインプラント治療の特徴を教えてください。

とくにこだわっているのは、グラフトレス治療という方法です。グラフトとは「移植」、レスは「しない」ということ。骨量が少ない方の治療で必要とされていた骨移植・造成をできるだけせずに、もともとの骨を生かしてインプラント治療を行う方法です。条件にもよりますが、インプラント4本ですべての歯を支える治療も積極的に行っています。骨移植を行う治療だとまず骨を採取する手術が必要ですし、移植手術後は約半年の治癒期間を経てからのインプラント手術となるため、治療がどうしても長期的になってしまいます。もちろん、移植を希望する患者さんにはそうした治療法がありますが、「できるだけ短期間、できるだけ少ない処置回数で、効果を出したい」という場合にはグラフトレス治療は最適です。

後藤先生はカウンセリングが最も重要だと考えているそうですね。

カウンセリングは1時間しっかり時間をとっています。レントゲン結果・治療計画・費用などを説明し、お互いが納得すれば治療に入ります。かかりつけの歯医者さんが別にあってセカンドオピニオン的に来られる方もいらっしゃいます。インプラントに興味をもつ理由は人それぞれです。ですから、”なぜ”インプラントをしたいのか、その方が本当に望んでいることはなんなのかをしっかり把握した上で、その方に最適な治療プランを提案しています。実際に治療に入れば後戻りはできません。だからこそ最初のカウンセリングでしっかり目標を共有し、確認します。お互いに覚悟を決める場だと言っていいと思います(笑)。

インプラントはプライドを取り戻す治療である

後藤先生がインプラントにこだわる理由は何ですか?

たくさんありますが、その中のひとつに、僕はインプラントを「プライドを取り戻す治療」だと考えているんです。治療を通して、患者さんの表情や雰囲気ががらりと変わる瞬間を今までたくさん見てきました。入れ歯とインプラントの最たる違いは「取り外しできるか、固定か」。歯は口の中にずっとあるべきものだと思うんです。患者さんの話を聞いていると、入れ歯を付けている方が入れ歯を外した時の顔を鏡で見たくない、他人に見せたくないとおっしゃる方をよく耳にします。日常生活の何気ない場面で、入れ歯を外さなければならないときのストレスは私たちが思っている以上のものなのではないかと感じます。残念ながら入れ歯はマイナスイメージが強く、眼鏡のようにおしゃれなものではありません。だからこそ、取り外す必要がないインプラントが患者さんから喜ばれている理由の一つなのだと思います。

カウンセリングの段階では、インプラント治療に迷いをもっている患者さんもいらっしゃるのでは?

報道ではインプラントについて、マイナス面しか伝えられないため、疑いをもって来院される方が多いですね。インプラントはきちんと行えば有益なものです。ほとんどの方はインプラントで良い生活を取り戻しています。まずはインプラントについて正しい知識と治療法を伝え、イメージを変えてもらえるよう努めています。金銭面での折り合いがつかない場合はどうしようもないのですが、それ以外のことで迷っている方に対しては「このまま迷い続けるのであれば、早いうちに治療したほうがいいですよ」と伝えます。生活が激変しますから。車1台分くらいの費用がかかる場合もありますが、人によっては、それ以上の価値を見出し、インプラント治療を選択されています。

診療の際に心がけていることはありますか?

必要最低限の介入で、できるだけ早く治療を終わらせること。歯の治療が好きな人なんて絶対にいませんから。私も歯の治療は好きではありません。だから、自分がされていやなことは患者さんにもしたくないんです。ですので当院の治療は、なるべく短期間で終え、あとは気持ちのいいクリーニングやメンテナンスで定期的に通ってもらうのが理想のスタイルです。もちろん「ここも治療したほうがいい」という箇所がある場合には伝えますが、患者さんがどうしても治療を望まない場合は、基本的に患者さんの意思を尊重します。治療のゴールは人それぞれですからね。

「結果にコミットする」がすべて

患者さんと会話する際も、細かな気遣いをされているのでしょうね。

カウンセリングで患者さんが本当に求めているものはなにかを把握できるよう努めていますが、「聞かないとわからない」というのでは、僕ら歯科医師の立場としてはダメだと思うんです。誰だって話したくないことや恥ずかしいことはあるでしょうし、察することも大事。実際に治療に入る際は、その方の背景や本音を知り、理解する努力しています。具体的なやり方を言葉にするのは難しいのですが、以前勤務していた福岡のインプラントクリニックで当時の先生のカウンセリングなどを見て学び、そういったノウハウを培っていきました。

毎日お忙しそうですが、お休みの日はなにをされてるのですか?

時間をつくってCMで話題のジムに通っています(笑)。2~3ヵ月で10キロ以上痩せたんですよ。通っていて思うのは、「満足度の高い人生を送るという意味で、ダイエットもインプラント治療も一緒だな」ということ。値が張るし努力も必要だけど、僕自身、実際に痩せたことで「人生変わったな」って思います。インプラント治療も患者さんに費用などで負担を強いるけれど、固定した歯が入ることで人生が変わる。また、サービスや診療の送り手側からすれば、高いお金を払ってもらっているからこそ「お客さんや患者さんに対する責任が重くなる」という点も一緒。「結果にコミットする」がすべて(笑)。だから僕としても、トレーナーのお客さんへの接し方や気遣いは、大いに勉強になりますね。

それでは最後に今後の展望を教えてください。

患者さんがより快適に今後も通い続けてもらえるよう、クリニックをもっときれいにしたいですし、とにかく長く続けられるようにしたいです。治療をやるからには全力でやりたい。その方の人生を変えてやろうっていう意気込みで向き合ってますよ。だからこそ、何度も言いますが、患者さんの表情が明るくなったり、「ありがとうございます」とお礼を言われたときの喜びは本当に計り知れません。そういった患者さんとともに歳を重ねていけるよう今後も努めていきたいと思います。インプラントに関する相談は無料なので、ささいなことでも気になる方はご相談にいらしてほしいですね。相談したからといって絶対当院で治療しなければいけないこともありません。ある意味断りやすい雰囲気も出していますので、安心していただければと思います(笑)。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access