医療法人Natural Teeth もりわきデンタルクリニック

医療法人Natural Teeth もりわきデンタルクリニック

森脇 伸充院長

20180719 bana

西中島南方駅から徒歩10分の場所にある「もりわきデンタルクリニック」。痛みに配慮した治療を心がけ、幅広い世代が通うクリニックだ。「患者さんの希望に耳を傾けベストな治療を提供したい」と語る森脇伸充院長。先進機器の導入や知識・技術の習得にも余念がない。新規患者の半数以上が既存の患者からの紹介だという。また、勉強熱心な院長にならい、歯科衛生士も積極的に外部の勉強会に参加。そこで学んだことは院内ミーティングで共有し、日々の診療に生かしている。9月には近隣に移転予定で、さらに患者の多様な悩みに寄り添っていきたいと意欲を見せる森脇院長に、歯科医師としての考え方や診療へのスタンスについて話を聞いた。
(取材日2018年06月28日)

患者の将来を見据えた治療をめざして

―開業までの歩みをお聞かせください。

子どもの頃、歯並びが悪くて矯正のために歯科医院に通っていました。そこの先生に憧れたことが歯学部をめざした原点かもしれません。浪人を経て九州大学歯学部に進み、卒業後は福岡で2軒の歯科医院に勤務しました。3年ほどで大阪に戻るつもりだったのですが、大学時代にサーフィンにはまってしまって。サーフィンをするには大阪より福岡の方が便利なんです。結局7年ほどいましたね。食べ物もおいしいし温泉もあるし、このまま福岡で開業しようと思ったこともありましたが、将来的なことも考えて親が暮らす大阪で開業することに。「しっかり治そうと考えている患者さんをしっかり全力で治すこと」を目標に掲げました。

―なぜそのような目標を掲げられたのでしょうか。

患者さんにもいろいろな考え方をお持ちの方がいらっしゃいますが、私は先々のことまで考えた上できちんと治したいと考えている患者さんと向き合いたかったからです。間に合わせの治療ではなく、将来を見据えて治療しておくと10年、20年後の状態が全然違うという例を勤務医時代に多く見てきました。長く歯の健康を保てる治療をしておけば、トラブルに見舞われる可能性も低くなり、高齢になってからも自分の歯を残せます。結果的に生涯で歯科にかかる費用も通院する手間や時間も減らせるんです。口内環境が整っていれば病気にもなりにくいですしね。

―先々まで考えた治療ということですね。

そうですね。ただし自費診療になる場合もあるのでしっかりご説明し、ご納得いただいて最適な治療を提供したいと考えたんです。しっかり治しておけば将来的にはご満足いただけるはずですから。とはいえ、開業直後は失敗もありました。インプラントをお勧めするにしても「また断られるだろう」とか、矯正したほうがいいけれど「この患者さんはもやっぱりされないのかな」などと思いながらお勧めしても説得力はないわけで。開業して3年目ぐらいの頃、本来はインプラントをご提案するべきだった患者さんに「勧めてもまた、断られるだろう」と決めつけてお話をしなかったことがあったんです。患者さんの方より「私もインプラントができるはずなのに、なぜそう言ってくれないのですか。私はしっかり治したいのに」と言われたことが衝撃的でした。初心を忘れていたことに気づかされましたね。それをきっかけに患者さんへの接し方が変わっていったんです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細