たいよう歯科

たいよう歯科

近藤 祐院長

 162757

自然光あふれる解放感のある造りの「たいよう歯科」。広々としたキッズスペースには、思い思いに好きなことをして遊ぶ子どもたちの笑顔があふれている。明るく清潔な院内で「自分も歯科医院が嫌い」と話してくれたのは院長に就任して3年目という近藤祐先生。患者の気持ちがわかるからこそ、嫌な思いをさせたくないと患者の声にじっくり耳を傾け、丁寧に説明する診療で多くの患者の信頼を集めてきたのだろう。一つ一つの言葉を選びながら、丁寧に話してくれる近藤先生に、故郷ともいえる伊勢原への思いや今後の展望までたっぷり聞いた。
(取材日2016年3月28日)

患者の不安な気持ちがわかる歯科医師だからできること

―とても明るくて開放的な院内ですね。

クリニック全体が弧を描くような丸みのあるデザインで、診察室の壁面がガラス張りになっているので、診察室に入った時の明るい解放感に驚かれる方も多いですね。ただ、それ以上にスタッフの明るい人柄やきめこまやかな対応が、院内をより一層明るく感じさせてくれているのではないでしょうか。また、伊勢原の患者さんはとてもおおらかな方が多くて、私も気持ち良く診療させていただいています。土地柄なのでしょうか、お子さんもみんな素直に口を開けてくれるのでとても助かっています。

―院長就任までの経歴を教えていただけますか。

大学卒業後2年間、会津中央病院で研修医として勤務しながら口腔外科と義歯について学ばせていただきました。その後、埼玉の歯科医院で経験を積み、2013年に「たいよう歯科」の院長に就任しました。実は伊勢原は私の祖父が歯科医院を開業していた町で、祖父の歯科医院もこのすぐそばにありました。伊勢原は、小さい頃からよく遊びに来ては大山に登ったり、祭りに出かけたりしていた思い出の詰まった場所です。父は東京で歯科医院をやっているのですが、祖父の代から親子3代の歯科医師のルーツがこの伊勢原にあると思うと、偶然とはいえ、不思議なご縁に本当に驚いています。微力ながら歯科医療を通じて、伊勢原に恩返しができればと考えています。

―近藤先生のわかりやすい丁寧な説明に信頼を寄せる患者も多いと伺いました。

実は私は小さい頃から人見知りで、しかも大の歯医者嫌い(笑)。だから患者さんの不安な気持ちがすごくよくわかるんです。初回の患者さんにはなるべくリラックスしていただけるよう雑談を交えながら、できるだけわかりやすい説明を心がけています。といっても、初対面でいきなり信頼してもらうなんて無理がありますよね。患者さんの気持ちを無理に開こうとしたり何かを押しつけたりすることはせず、なるべく痛くない、歯を削らないで済む治療を丁寧に積み重ねながら、少しずつ信頼関係を築いていけたらいいなと思っています。歯医者の私が言うのも変かもしれませんが、とにかく何度も来なくても済むよう、1回1回の診療を丁寧にしっかりと仕上げるよう心がけています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

PMTC治療/6000円
インプラント治療/40万円~
マウスピース型装置を用いた矯正(成人)/40万円~
歯列矯正(子ども)/20万円~
※すべて税抜き価格となります。
※詳しくは医院までお問い合わせください。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細