医療法人創彩会せとぐち心療内科クリニック

医療法人創彩会せとぐち心療内科クリニック

山口 力院長

161843

「医療法人創彩会せとぐち心療内科クリニック」は、瀬戸口駅から徒歩2分の「健康陽だまりビルディング」の2階にある。診療科目は心療内科、精神科、内科。向精神薬を服用する患者が少なくないため、車を運転せずとも来院できるようにと駅から近い場所に開業したという。外観・内装ともに濃いめの茶色を基調とし、院内には観葉植物を飾るなど落ち着いた雰囲気が漂っている。長い間、心療内科の医師として大学病院に勤めた経験に加え、漢方診療にも精通する山口力院長。現在はトラウマ・ケアにも注力し、EMDRと呼ばれるカウンセリング技術を学ぶなどグローバルな療法の提供に努めている。心療内科の医師をめざす契機となった自身の病気のことや日々の診療のこと、EMDRの詳細について詳しく話を聞いた。
(取材日2017年9月7日)

自身の持病をきっかけに出会うこととなった心療内科

―医師をめざした理由をお聞かせください。

いろいろと進路について考えたのですが、親の勧めもあり医師になる道を選択しました。その後、愛知医科大学医学科に入学したのですが、1年生の時に急に体調不良を感じ隣接する大学病院にかかりました。そこで、バセドウ病の診断を受けたのです。その大学病院には内分泌内科の権威と呼ばれている先生がいたので内科的な治療はすぐに効果が出ましたが、私の場合、「眼球突出」という合併症に日毎に悩まされました。眼が後ろから押されているような感覚で、眼球が前に出るのでまぶたが閉じられず、乾燥してびらん潰瘍へと進行すると刺し込むように痛むのです。それが原因で自らが心身症を患うこととなり、同時に入院体験のなかで他患の気持ちに寄り添ったことで、心療内科という領域に出合うこととなりました。

―病気が契機となって、心療内科へと進まれたのですか。

すぐに心療内科の道へ進んだのではなく、愛知医科大学を卒業後、愛知医科大学第4内科に入局しました。1993年から1995年まで東海産業医療団中央病院の消化器科に勤務して、どちらかというと外科的な治療を担当していました。しかし、学生時代に病気を経験していることから、徐々に心や精神の領域へと関心が高まるようになり、1996年に大学病院に戻り心療内科の担当を始めました。そこで心療内科の医師として本格的に修練を積み、2010年に当院を開業するに至りました。私自身、何度か眼科手術を受けた経験もあったので、身体と心の痛みがわかるつもりです。心の問題をアプローチすれば身体の状態も良くなる、いわゆる心身症を治療することを中心とする心療内科の医師を志したわけです。

―この地に開業した理由を教えてください。

愛知医科大学に勤務していた頃は開業する気はなく、大学での医師の道を進むことを考えて開業することは考えにありませんでした。当時担当していた患者さんをずっと診ていかなくてはという責任感もありましたからね。しかし、大学病院で担当した患者さんを地域の医療機関に紹介しようと思った時に、心療内科専門の紹介先が少なく、歯がゆい思いをしたことが何度かありました。そんな時に、大学が変革の時を迎えていたこともあり、2010年の開業に至りました。瀬戸は地元でしたので、当然地元に医療貢献したいという気持ちは強くありました。また、瀬戸はご存知の通り「瀬戸物」で有名ですが、開業当時は一時期の繁栄からは程遠く、町全体もどこかしか活気がなくなっているように思いましたので、少しでも盛り上げたい、力になりたいという思いもありました。

記事更新日:2017/09/29


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細