全国のドクター8,470人の想いを取材
クリニック・病院 161,469件の情報を掲載(2019年9月21日現在)

かみもと眼科

神本 英徳 院長

161556  %e3%81%8b%e3%81%bf%e3%82%82%e3%81%a8%e7%9c%bc%e7%a7%91

白内障手術では多焦点眼内レンズにも対応

―どのような診療に注力されていますか。

白内障の日帰り手術を行っています。私たちの目の中には、カメラでいうレンズの役目を果たすところがあり、これを水晶体といいます。水晶体は本来透明なのですが、年を取ると濁ってきてしまうんです。そのために目がかすんだり、ぼやけたりします。白内障の手術では、この濁った水晶体を取り除き、代わりに新しいレンズを入れます。このレンズにはいくつか種類があって、一般的に使われるのは単焦点眼内レンズです。よく見える部分、ピントが合う部分が1つのレンズですね。患者さんが近くをよく見えるようにしたいのか、遠くをよく見えるようにしたいのかによって度数を決めていきます。どちらにせよ、合わせたピント以外の部分を見るときには、眼鏡を掛ける必要があります。一方、よく見える部分、ピントが2つあるレンズである多焦点眼内レンズを入れれば、遠くも近くも両方が見やすくなることが期待できます。

―多焦点眼内レンズのメリットを教えてください。

遠くも近くもピントを合わせることができるレンズですから、あまり眼鏡を掛けたくない方には向いているレンズです。多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、厚生労働省の定める高度な医療技術を用いた治療、先進医療です。白内障手術を行っている眼科でも、扱っているところはそう多くありません。当院は先進医療実施施設となっておりますので、手術は自己負担となりますが、手術を行う前後の検査や診察、投薬は保険適用となります。多焦点眼内レンズは、乱視や他の目の病気、生活スタイルなどによって使用できない方もいますので、まずは相談していただければと思います。

―診察の際に心がけていることはありますか。

患者さんは、見えにくくなって不安な気持ちで来院されます。その不安を少しでも取り除くことができるよう、丁寧な説明を心がけています。まずは患者さんの話をよく聞き、何を不安に感じているのかを知ることからです。そして検査結果を画像やデータを使ってわかりやすくお伝えします。眼科は診察も大切ですが、まずは検査をきちんとできるかどうかが重要となってきます。当院在籍の3人の視能訓練士には、正確な検査結果を引き出すことの大切さについて理解を促しています。また、看護師や検査・診察助手が、いつも笑顔絶やさないようにと話をしています。私を含め、クリニック一丸となって、患者さんがリラックスできる雰囲気づくりに努めています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術/片目40万円~

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細