全国のドクター9,222人の想いを取材
クリニック・病院 158,511件の情報を掲載(2024年5月26日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 北九州市小倉南区
  4. 下曽根駅
  5. はな歯科クリニック
  6. 小野 渉 院長、小野 雅代 副院長

小野 渉 院長、小野 雅代 副院長の独自取材記事

はな歯科クリニック

(北九州市小倉南区/下曽根駅)

最終更新日:2023/07/25

小野渉院長、小野雅代副院長 はな歯科クリニック main

小倉南区の「はな歯科クリニック」。スーパーやドラッグストアといった施設と同じ敷地内にあるため駐車場も広く、買い物の前後に訪れる患者も多いという。クリニックを訪れると、クリニック名どおり白い花が描かれたかわいらしい入り口の先に、副院長の小野雅代先生が待っていた。小児歯科や予防歯科が得意分野である雅代先生は、自身も2児の母親で子育て真っ最中。その経験を生かし子どもはもちろん、子どもを思う父親・母親の気持ちにまで寄り添った診療をモットーとする。夫で院長の小野渉先生とともに、先端機器の導入や新しい技法の勉強など、日々アップデートしていく努力も欠かさないのだとか。謙虚で物腰やわらかな姿から、優しい診療風景が目に浮かぶ雅代先生に、院内設備や診療内容について話を聞いた。

(取材日2022年4月3日)

専門分野を生かした2人の歯科医師が常勤

こちらに開業された経緯やクリニックのことを教えてください。

小野渉院長、小野雅代副院長 はな歯科クリニック1

【雅代副院長】私も院長も北九州市にある九州歯科大学出身なんです。卒業後に同市の歯科医院に勤めていた経緯もあり、土地勘のある付近のエリアでの開業を希望していて。いろいろと探していたところに、たまたまこの場所の話をもらって開業に至りました。私は中学校・高校も北九州市内の学校に通っていたので、学生時代の同級生が診察に来てくれることもあるんですよ。スーパーなどと軒を並べておりますので、買い物と一緒にお越しいただく患者さんはもちろん、それ以外にも高齢者から小さなお子さんまで幅広い世代に来院いただいています。歯科医師が2人在籍してフレキシブルに対応でき、土曜も夕方まで診察しているので、比較的に通いやすいといったこともあるのではないでしょうか。

院長と副院長のご専門と、クリニックでの役割分担について伺います。

【渉院長】得意分野がそれぞれ違うので、それらを生かして患者さんの主訴に多領域でカバーできるようにしています。私はインプラント専門歯科医院での勤務経験もあり、一般歯科・口腔外科全般、特に「抜歯即時埋入」によるインプラント治療を得意としています。そして副院長は女性やお子さんメインに予防歯科や矯正歯科に力を入れています。歯科医院が怖いという患者さんは女性歯科医師を希望されることも多いので、そちらも対応しています。
【雅代副院長】恐怖心が強い方には、緊急性を要する場合はすぐに治療を開始しますが、そうでない場合は、まず今日は歯科医院に来ることができた、2回目はユニットの椅子に座れるようになった、3回目は器具を口に入れられるようになった、といった段階を踏んでスローペースで進めていくことも。私自身も2人の子どもがおりますので、そういった母親目線でのこまやかなフォローを生かした診療を大切にしています。

得意とされている予防歯科についてお聞かせください。

小野渉院長、小野雅代副院長 はな歯科クリニック2

【雅代副院長】予防歯科に関しては、大学病院勤務時代に専門として培ってきた知識と経験を生かしております。当院では、フッ素塗布や定期検診をはじめとしたトータルケアを実施しています。虫歯の傾向がある患者さんには唾液からリスクを調べていくことも。唾液の質や量から虫歯菌に対する中和や殺菌の能力、歯質の強さを調べます。結果を踏まえて、どういったことが原因で虫歯になるのかを探り、そこから食生活や歯磨きに対する指導へとつなげていく流れとなります。歯は一度削ってしまうと元の状態には戻りません。歯の予防は子どもだけでなく、年齢問わずどなたにとっても大切なことなのです。

先端機器や技法の導入でさらなる高みをめざす

デジタル設備なども積極的に導入されていますよね。

小野渉院長、小野雅代副院長 はな歯科クリニック3

【渉院長】私も副院長もより良いサービスを患者さんに提供したいという思いを強く持っているので、新しい機器や技法は意識的に取り入れるようにしています。新しければすべて良いということでもないのですが、時代の流れとともに歯科全般の技術もスピーディーに発展し続けています。例えば歯科用CTの導入したことで、診断の精度が以前より向上しましたし、マイクロスコープという歯をのぞく専門の顕微鏡は、高倍率で裸眼では見えない場所へも精密な治療を実現してくれます。当院はコンピューターシステムを使ったセラミック素材での修復治療も行っていますが、機器のモニターがエックス線検査の画像よりわかりやすいため、患者さんがより理解しやすいよう、違う治療をされている場合でも説明の際はあえてこちらを使用したりしています。時と場合に応じて機器の使い分けができるのは、当院の強みと言っていいのではないでしょうか。

新しい技法についてはいかがでしょう?

【渉院長】現在、矯正や歯周外科手術を用いず、歯の削り方で歯肉ラインの審美性を高めようという審美的歯周補綴テクニックに注目しています。ヨーロッパを中心として広まっている新しい技法で、歯肉が下がりにくく長期的な歯の健康維持も期待できるということで、現在は院長が講習に行くなどして勉強している段階です。新しい技法を取り入れることで患者さんに喜んでいただけると、私たちのモチベーションも上がり励みになるので、今後も最新の情報にアンテナを張り、新しいことにチャレンジしていきたいと考えています。

患者さんの歯に対する関心も高まっているのでしょうね。

小野渉院長、小野雅代副院長 はな歯科クリニック4

【雅代副院長】患者さんの歯に関するニーズは年々増えている実感はありますね。特に矯正歯科への関心度は高く、お子さんの歯並びを気にされるご両親も多くいらっしゃいます。以前は入れ歯のような取り外し器具を着ける床矯正を希望される方が多かった印象ですが、マウスピース型装置を用いた矯正の方法が登場したことによって、選択肢が増えました。
【渉院長】ご年配の患者さんは、歯周病や、「銀歯を白い歯に替えたい」といったご相談もよくあります。今は歯周病の治療もレーザーなどを使って痛みを抑えた処置が可能ですし、銀歯から本来の白い歯に似せたジルコニアやセラミックへの変更もお手軽にできます。セラミックは、歯肉の退縮防止にもつながるほか、虫歯になりにくいのでメリットも大きいんですよ。患者さんのニーズが増えてきたことに伴って、年代や性別、意向に合わせた治療法の幅も同様に増えていますね。

「ありがとう」の言葉を何よりの励みに患者と向き合う

クリニックの雰囲気づくりで工夫していることはありますか?

小野渉院長、小野雅代副院長 はな歯科クリニック5

【雅代副院長】院長をはじめスタッフとのコミュニケーションを大切に、アットホームで風通しの良い働きやすい職場づくりに気を配っています。スタッフの誕生日にはケーキでお祝いしたりもするんですよ。院長とは、家に帰ってからもよく仕事のことを話したりしますね。得意分野は違えど、治療に関する共通の話題は事欠きません。職場も一緒で家でも一緒なので、周りからは驚かれたりすることもありますよ(笑)。スタッフ体制については、それぞれの持ち場で専門性を追求できるようなスタイルにしたくて、カウンセリング担当、歯科衛生担当と分業制にしています。

仕事と家庭でお忙しいのでしょうね。

【雅代副院長】2人の子どもの母親でもありますので、仕事に子育てに日々奮闘しています。子どもが歴史が大好きなので、休日は家族で展覧会に行ったり、関連した場所に旅行に行ったり。院長は子どもの喜ぶ顔が見たくてキャラクター弁当を作ったりもするんですよ。だんだん成長するにつれて、子どものほうが恥ずかしがったりしているようですが(笑)。当院ではお子さんへの治療はご両親の意向も伺いますが、新型コロナウイルスの流行以降は、親御さんから来院回数を減らしたいといった要望も多かったので、治療の回数やペースを調整しながら対応するようにしています。子育ての経験から、お子さんの気持ちはもちろん、お子さんを大切に思う親御さんの気持ちもくんだ診療を大事にしています。

歯科医師としてやりがいを感じる瞬間を聞かせてください。

小野渉院長、小野雅代副院長 はな歯科クリニック6

【渉院長】幼い頃泣いて治療を受けに来ていた患者さんが、成長して当然のように定期検診に来てくれたり、治療後に親子で「ありがとう」と言っていただいたりした時にうれしさが込み上げ、やりがいを感じます。患者さんの治療に対する順応スピードやリズムはお一人お一人違うので、それをくみ取った上で、できるだけ痛みの少ない治療を提供することは常に意識しています。地域に根差し、長期的に患者さんの歯の健康を守っていけるクリニックづくりに努めておりますので、当院に皆さまのお口の健康づくりをお任せいただければ幸いです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/23万円~、小児床矯正/6万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/成人65万円~ 小児45万円~、セラミックのかぶせ物/5万円~、セラミックの詰め物/2万円~

Access