全国のドクター9,161人の想いを取材
クリニック・病院 161,117件の情報を掲載(2020年7月06日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 神戸市灘区
  4. 六甲道駅
  5. 高倉整形外科クリニック
  6. 高倉 義幸 院長

高倉 義幸 院長の独自取材記事

高倉整形外科クリニック

(神戸市灘区/六甲道駅)

最終更新日:2019/08/28

20190212 bana

JR神戸線六甲道駅を降り、住宅街を抜けたところにある「高倉整形外科クリニック」は、老若男女問わず足や足関節の障害に悩む人々のパートナーとして信頼を集めるクリニックだ。「受診したから、手術をしたから終わりではなく、運動機能の回復には患者さん本人が自主的に筋力訓練やストレッチ等のリハビリテーションを自宅でも行う事が必要なんです」と、はっきりとした口調でそう話してくれたのは高倉義幸院長。時に厳しく説明する事もあるのは、それも患者のことを思うが故の事であることは、丁寧な説明からもうかがえる。「しんどいリハビリに取り組んで、回復するためなら僕は嫌われてもいいです」そう言いながら笑う高倉院長の笑顔には、医師としての覚悟が見えた。
(取材日2019年1月18日)

患者の「一生自分で歩く」をサポートする

開院までの経緯を教えてください。

1

医師になり、米国留学もし、大学病院などで多くの患者さんを診させていただいてきました。多くの手術も担当し、さまざまな患者さんと出会っていく中で「手術をするだけではなく、保存療法でもっとできることがあるのではないか」と感じるようになりました。確かに「手術をしなくてはならない」状態もあります。しかし、患者さん個々の生活様式などを考えた場合、手術をすることだけが100%正解の治療法ではないと考えるようになり、そうであれば自分が思う保存療法を突き詰めていきたいと開業を決意しました。現在は、手術が必要な患者さんに近隣病院のベッドを借りて手術をすることもありますが、特に足に対して高い専門性を持ち治療にあたっています。

先生の治療方針を教えてください。

患者さんが一生歩けるようにサポートすることです。「何歳になったから仕方ない」とか「過去に事故でけがをしたから仕方ない」と投げ出すのではなく、何歳であっても自分の足で歩いて好きなところに行けるよう、僕にできることはすべてしたいと思っています。ただ「一生自分で歩く」を実現するためには、医師である僕やリハビリ指導をする理学療法士だけが頑張ってもダメなんです。絶対に患者さん自身の協力が必要なんです。どんなに整形外科に通っても、どんな手術をしても、適切な筋力訓練とストレッチを自宅でしてもらえないと回復することは難しい。だから、僕はまずクリニックに足を運んでくださった患者さんには、その部分を理解してもらえるようにお話をします。

どのようなお話をされるのですか?

20190214 2

まずは現状のお話ですね。なぜ痛むのか、原因についてお話しすることでご自分の病状を把握してもらいます。そして、原因に対してどのようにアプローチしていくかを説明します。さらに、患者さん自身がしなくてはいけないことを説明します。筋力訓練やストレッチなど、面倒に感じるかもしれないけどやらなくてはいけない理由もお話ししていますね。時には厳しい言葉をかけることになることもあります。できるなら僕もニコニコしているほうがいいのですが、必要があればはっきりと伝えなくてはいけないと思っています。優しく接することで患者さんの状態が良くなり、機能が回復していくのであればそうします。しかし、そうでないのならば医師として嫌われる覚悟を持たなくてはならないのではないかなと思っています。

自己診断せず、正確な診断のためまずは受診を

先生の強い意志が伝わってきます。そのように思う理由は何ですか?

3

高齢化社会や生活様式の変化が進み、足や足関節の障害が急増しているという現状があります。医学も進み、長生きできるようになりました。長生きできるのであれば、きっと「こんなことをしたい」と思うことがたくさんあるのではないかと思います。行きたい場所、見たいもの、会いたい人がいるでしょう。それなのに、寝たきりになってしまったらそれはかないません。ベッドの上で痛みを抱え、自由に動けない期間が長ければ長いほど、本人にとっても、介護をする家族にとってもつらい時間が増えていきます。僕はそういう人を一人でも減らしたいと思っています。最後の日まで好きな場所に行き、好きなことをしていてほしい。そのためには足腰の健康はすごく大切です。それを本当に理解してもらいたいんです。

首、腰、膝などに症状を感じる人は多いと思うのですが、どのタイミングで受診すれば良いですか?

「痛いな」「動かしにくいな」と感じたら、一度受診してもらいたいですね。よく「整骨院や鍼灸院に長く通っているけれど全然症状が改善されない」という方がいらっしゃいます。もちろん、整骨院や鍼灸院が悪いわけではないのですが、エックス線やエコー検査などによる骨や腱の状態の確認は医療施設でなくてはできません。まずは整形外科で異常がないかを確認してもらえたらいいなと思います。折れた骨や切れた靭帯などはそのままにしていても、きれいに元に戻ることはありません。早期の回復のためにも、一度は受診してもらいたいですね。

スポーツによる外傷の場合はどうですか?

%ef%bc%94

この場合は、まずは整形外科を受診してしっかり検査をしてもらった方が良い場合が多いのではないかと思います。しかし、捻挫などを軽症と考え、そのままにしておく人も少なくはないでしょう。軽症なけがに感じていても軽症でなかったり、間違ったケアによって悪化を招いてしまうことも少なくありません。そうならないためにも、まずは今の状態の確認をして、その上で手術必要の有無を含めて適切な治療方法やリハビリテーションを整形外科医に選択してもらい、スポーツ復帰の時期の目途を説明してもらえれば良いと思います。適切な治療やリハビリテーションは、けがをした部分の可動域を狭めることなく、けがをされた以降も存分に運動や日常生活を楽しめるように行うものです。信頼の置ける医師や理学療法士と協力して、1日も早い回復をめざして頑張ってもらえたらうれしいですね。

「本気で治したい」をかなえるためのチーム医療を提供

クリニックには常勤の理学療法士さんがいらっしゃるそうですね。

5

非常に経験豊富な理学療法士が常勤していますので、学生やスポーツ選手の捻挫、肉離れ、疲労骨折、靭帯損傷などのスポーツによるけがや障害などで、早期復帰を希望される場合にも適切に対応していきます。もちろん、手術後のリハビリテーションも行っています。当院は1階が診療スペースで、2階が理学療法室になっています。同じ施設の中にありますので、お互いに行き来も容易で、カンファレンスもこまめにしています。そのため、現在の医学的な状態、リハビリテーションの進み具合を共有しながら効率的に治療を進めていくことができます。それに、僕が患者さんに厳しいことを知っているので、スタッフのみんなは患者さんに非常に優しく丁寧です。安心してください(笑)。

それもクリニックのチームワークの一つですね。

皆さん、自分の体に不具合や痛みを感じて来院していただいていますので、わからないことを知り、正しく理解していただければ、回復のために努力をしてくれるのではないかと思います。誰だって、痛くないほうがいいですし、自由に動きたいはずですから。でも、例えば僕には聞けなかったり言えないこともあったりするでしょう。そんな時に、クリニックにいる看護師や理学療法士など、患者さんに接するスタッフたちがフォローしてくれているので助かっています。性格や相性、タイミングもあるでしょうが、わからないことがあれば誰かに聞いて、納得のいく答えを得てほしいなと思います。遠慮はいらないですよ。

それでは、最後に読者の皆さんにメッセージをお願いします。

6

「今ある体の痛みや不具合を本気で治したい」。そんな気持ちがあれば、きっと症状は改善していくと思います。私たちは「患者さんが治っていくための道標」になりたいと思っています。ただ漫然と通院するのではなく、私たちとともに歩み、雨が降っても、気圧が変わっても、暑い季節も、寒い季節も、痛みなく、いつまでも好きなところに歩いて行ける体をめざしていきましょう。手術だけでなく、今の状態をより良い状態にめざしたいと考える人も、まずはご相談ください。皆さんの足のパートナーとして、これからも研鑽を続けていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

Access