Briller Dental Clinic

岡 哲史院長

158214 %e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

大阪最大のテーマパークがある街、此花区。非日常と日常が行き交うユニバーサルシティ駅から徒歩2分にある「Briller Dental Clinic(ブリエデンタルクリニック)」。白を基調にしたラグジュアリー感あふれる内装。美しい個室のトリートメントルーム。まるでホテルの中の高級サロンのような雰囲気のクリニックで行われる治療は、実に幅広い。「この雰囲気から審美を中心にしたクリニックなのかなと思われがちですが、僕は何かに特化した歯科をやるつもりがありません」まっすぐな目でそう話してくれたのは、クリニックを任されている岡哲史院長。やわらかな語り口調と優しい笑顔の裏に隠された、歯科にかける真摯で強い思いを聞かせてもらった。
(取材日2018年10月26日)

非日常がある町で、ごく普通の日常的な診療をする

―この場所で「クリニックをやってみないか」と声がかかった時、最初はどんな感想を持ちましたか?

それが驚くほどただシンプルに「やります」と思っただけなんです。確かに大きなテーマパークがありますので、非日常がある街だというイメージはありました。しかし、そのことは重要ではありませんでした。というのも、僕は歯科医師として、やるべきことはどの街でどんなクリニックでも変わらないものだと思っているからです。大都会でも、田舎でも、歯科医師としてやるべきことは一つで、お口に関する悩みを持ってくる人の助けになること。それをやるための妨げがこの街にあるとは思いませんでした。僕の前の院長が私の先輩だったということもあり、だったら自分もしっかり取り組めばいいだけだと思いました。

―実際にクリニックで診療を始めていかがでしたか?

実は僕が院長としてここに来た当初は、患者さんの数がそう多くはなかったんです。でも、お隣にある内科のクリニックはいつもにぎわっている。この場所はマンションとしてたくさんの人が居住していますし、人がいないせいでも、医療が必要ない場所なわけでもない。そこで外観のせいもあって、ハードルが高く感じられているのが原因なのかなと考えました。中でどんなことをやっているのかよくわからないし、おしゃれすぎて入りづらいのかもと、外に手書きで看板を出したりする工夫をまずしましたね。その看板を通して、普通の歯医者さんとして治療しているんだよということをわかっていただけるようになって、少しずつ患者さんも増えてきました。

―どのような患者さんがいらっしゃるのですか?

この街に遊びに来るだけの人にとっては実感がないと思うのですが、クリニックがあるマンションは一つの街みたいなコミュニティーなんですよ。小さなお子さんからお年寄りまで、実にさまざまな年齢の人が普通に暮らしているんです。アミューズメントパークが側にあるというだけで、本当になんでもない日常が送られているんです。普通に買い物して、食事もして、学校や仕事に行ってという日常です。ですから、患者さんも本当にごく普通の患者さんですね。いろいろな年齢の方が虫歯や歯周病の治療、メンテナンスや矯正の相談などにいらっしゃいます。おそらく皆さんが外観から想像するほど、審美の患者さんが多いわけではありません。今のところ、ごく普通の歯科医院です。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

成人矯正治療/88万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細