全国のドクター9,025人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月29日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市都島区
  4. 都島駅
  5. 都島総合歯科診療所
  6. 岡下 慶太郎 院長

岡下 慶太郎 院長の独自取材記事

都島総合歯科診療所

(大阪市都島区/都島駅)

最終更新日:2019/08/28

158190

都島駅から徒歩2分、大通りに面したビルの2階にある「都島総合歯科診療所」は、「原因療法」をモットーとする歯科診療所だ。これは保険診療と自費診療の枠にとらわれず、症状の根本的な原因の解消をめざす歯科治療で、院長の岡下慶太郎先生の「対症療法で虫歯や歯周病を治しても、やがては再発してしまいます。根本的な原因を解消することが大切」という思いが込められている。そのため同院では検査機器を充実させて原因の究明を徹底し、歯に悪影響を与える問題の改善にも注力。「歯科医師は完璧主義じゃなきゃいけないと思っています」と語るほど治療の精度を追求する岡下先生。その内に秘められた歯科医療にかける思いについて聞いた。
(取材日2017年6月16日)

症状の根本的な原因を断つ「原因療法」に注力

素敵な院内ですね。特にこだわった点などありますか?

Df1

ありがとうございます。診療所っぽくない、患者さんにリラックスしていただける感じにしたかったので、その点はこだわりました。デザイナーさんにお願いしたらシックな感じになって、すごく満足しています。それ以外のこだわりとしては、まず完全バリアフリーな点ですね。診療所は通常、床上げをしないとユニットの給水・排水ができないんですけど、そこをなんとかと無理をお願いして平らにしてもらったんです。あと診療室は完全個室にしました。当院は完全予約制の完全個室で、基本ほぼ待つことなく診療に入っていただけます。

すでに別の歯科医院を開業されていますが、新しく開業されたのはなぜですか?

原因療法に重点を置いた治療を手がけたかったからです。2000年に開業した「はっぴぃ歯科」は、一般的な保険診療を中心とした対症療法のクリニックで、対してはこちらは、原因療法といわれる噛み合わせや入れ歯などの「噛む」「食べる」という治療に重点を置いています。嚙み合わせのずれは、歯科治療による後天的な原因によるものがほとんどです。なので、本来は治療の前後でちゃんと噛み合わせの検査をすべきですが、されていないのが実情です。治療後、噛み合わせが合わず、はじめは「おかしいぞ?」という感覚があっても、それに慣れていってしまう事が多い。でも、それはアウトの段階。そこからほかのところも悪くなっていってしまいます。こうした症状に対して、保険診療では対症療法でしか治療できません。そこで、自費診療も取り入れて、事前にしっかり検査して診断をつけて根本的な原因を解消していく治療に取り組みたいと思い、開業しました。

原因療法の具体的な流れについて教えてください。

Df2

まず患者さんの悩みをお聞きして、必要な検査を受けていただきます。これは保険診療の範囲内で行うもので、これでまず仮の診断を立てます。その後、必要に応じて精密検査を行って原因を追究し、例えば「虫歯になった原因はこれですよ。だから虫歯を削って詰めるだけでは再発する可能性があるので、こういう治療をしたほうがいいですよ」というお話をします。患者さんの多くは、歯が悪くなると「どこか磨けてない部分があったんだ」と考えてしまいがちですが、実は歯磨き不足は歯が悪くなる原因のわずか5%くらい。だからこそ、きっちり検査して原因を見極めることが大切なんです。

0.01ミリメートルの噛み合わせのずれも妥協しない

保険診療だけでは、根本的な原因の解消は難しいですか?

3

そうですね。現状の保険診療で可能なのは対症療法だけで、未病を防いだり原因を突き止めたりはできません。その限界によって患者さんにベストな治療を提供できないのはやっぱり嫌なので、自費診療も提案しています。ですが、患者さんの希望に応じて治療内容を決定するようにしているので、患者さんが保険診療をご希望の場合は、その範囲内で提案させていただきます。一般的に自費診療は「ぜいたく」といった感じにイメージされる方が多いようでして、その必要性をご理解いただくのが難しいですね。だから、うちではカウンセリングの時間をたっぷり取って、症状や治療内容についてきちんと理解していただけるように丁寧に説明しています。本当に患者さんに合った治療を提供しようと思うと、どうしても保険診療では対応できないこともありますから。その上で患者さんがどうしたいかを伺って、最終的な治療方針を決定します。

原因療法を実践する上で、こだわっている点について教えてください。

検査・診断と治療精度です。当院では虫歯や歯周病の治療、予防歯科、インプラント治療や入れ歯治療、矯正治療などに加えて、原因療法の一環として、噛み合わせの状態を調べる検査・診断をしています。顎の筋肉の状態や噛み合わせの状態を始め、30種類を超える内容でしっかりと調べていきます。検査機器は、特にこだわったところで、大学病院よりも充実していると自負しています。例えば、噛み合わせは0.01ミリメートルだけ高さがずれていても、それでいろいろな影響が出てしまうので、そのレベルで検査できる機器が必要なんです。当院ではさまざまな症例に備えて、30種類くらいの検査を実施可能です。

微妙な噛み合わせのずれでも、歯に悪影響が出るんですか?

例えば、歯磨きをしっかりしていて、定期的に歯医者でお掃除もしているのに虫歯ができてしまう方がいらっしゃいます。この場合、噛み合わせに原因がある可能性が高いんです。人間って一日に何千回と噛むんですが、1回2回噛むだけだったら、ちょっとの噛み合わせのずれは歯にそんなダメージを与えないんですけど、これが何千回となるとかなりのダメージになって、それが原因で虫歯や歯周病になりやすくなるんですよ。

原因療法は、まだ一般に浸透していないと感じますか?

4

そうですね。残念ですが、日本の歯科医療は、50年は遅れていると僕は思っています。その原因が保険診療という制度なんです。この制度は国民が等しく最低限の健康を有する権利があるというところからきていて、その考え方は本当に素晴らしいです。ですが一方で、この制度は1961年、つまり50年以上前にできたんですけど、当時からほとんど内容が変わっていないんです。だからこそ、もっと原因療法の必要性を広めていきたいと思っています。自費診療がからむので患者さんには受け入れにくいところもあるかと思いますが、少しでもその大切さをたくさんの方に伝えていきたいですね。

子どもの予防歯科を通して健康寿命の延伸に寄与

お忙しい先生ですが、休日や診療後はどんな風に過ごされていますか?

Df5

歯科医院のすぐ近くに居酒屋があるんですけど、そこに行くのが一番の楽しみなんです。料理もお酒もとにかくおいしくて、お勧めです。自分も食べたり飲んだりすることが好きなので、患者さんにもご自身の歯でいつまでも楽しんでもらいたいと思っています。あとは最近、昔の仲間にサッカーをやろうって誘ってもらっているので、ちょっと体を鍛え始めました。もともと中学も高校もサッカーばかりやっていて、そっちの道に進もうと思っていたくらい好きなんです。

今後の展望を教えてください。

まずは、噛み合わせの大切さを1人でも多くの患者さんに伝えていきたいです。いつまでも自分の口で何でも食べられるようになってもらうために、検査・診断をきちんと行い、精度の高い治療と天然歯の予防に引き続き力を入れていきます。あとは、子どもの予防歯科に力を入れていきたいですね。というのも、日本人は平均寿命では世界トップクラスですけど、健康寿命は世界的にあまり高くなくて、平均寿命より11歳も低いんです。この健康寿命を延ばすために一番大事なのは体づくりで、そのためにはなんでも自分の好きなものを食べられる口腔内環境があることが不可欠。そこへつながるのが、子どもの予防歯科です。歯科医師っていうのは究極、自分の仕事をなくしていくことなんです。皆さんが虫歯にならない、歯周病にならないように。これが大切だと思っています。

読者へメッセージをお願いします。

Df6

なぜ虫歯になるのか、なぜ歯周病になるのか、なぜ冷たいものがしみるのか、こうしたことはほとんど解明されています。だから実は、口の中の健康を保つのは、さほど難しいことじゃないんです。だからこそ、まずは検査をしっかり受けていただいて、自分の口腔内の現状を知っていただきたいですね。もし悪くなっていても、発見が早ければ労力も費用も痛みも少なく、健康を維持していただけます。また口の中で気になることがある方、知りたいことがある方は、ぜひ気軽にセカンドオピニオン的にお越しいただければと思います。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access