幸町歯科口腔外科医院

幸町歯科口腔外科医院

宮本 日出院長

157364

県道113号線、通称・志木大通りに面した「幸町歯科口腔外科医院」は、東武東上線・志木駅南口から歩くこと10分。通り沿いに大きな1本のイチョウの木が突然現れ、れんが造りのカフェのような建物が見えてくる。一般歯科・歯科口腔外科・小児歯科を標榜する同院は、3人のドクター全員が口腔外科を専門とし、他院から抜歯や外科処置の依頼も多いそう。宮本日出(ひずる)院長は、顎関節に関する見識が豊富で、留学先の病院で顎関節腔内視鏡手術を指導、国内外の学会で学術講演・論文発表多数と、国際的にも活躍するなど華やかな経歴を持つが、時にユーモアを交えながらの会話はとても気さくで、温かみにあふれる。スタッフ皆の優しい笑顔と、院内の明るく楽しいインテリアに、治療の不安も和らぎそうだ。
(取材日2017年1月17日)

3人の口腔外科専門の医師が診療、他院からの紹介も

―はじめに医院の特徴について教えていただけますか?

当院の最大の特徴は、3人いる常勤医師全員が口腔外科専門の歯科医師であるということです。口腔外科が診る範囲は、目の下から鎖骨の上までと幅広く、骨折や顎の不調なども含まれます。1次医療機関が一般的な歯科医院、入院施設があるのが2次とすると、中間の1.5次の診療をめざしています。大学病院まで行かなくても気軽に親知らずや口腔内のできものなどの相談に乗ることができますし、外来で通院しながら手術もできるような体制を整えています。近隣の歯科医院からの紹介で抜歯や外科的手術を行うことも多いですし、歯科は約60、医科は約20の、地域の医療機関と連携しています。

―訪れる患者さまの世代や疾患の傾向はありますか?

舌や粘膜のできもの、治りの悪い口内炎、顎関節症、場所がわからないが痛みが止まらないなど、さまざまな疾患を診ています。幅広い世代の方がみえますが、お子さんですと転倒による歯や舌のケガが多いです。最近は高齢者の転倒も増え、口内を切ってしまった人には縫合し、当院でレントゲンを撮って骨折がわかった場合は専門施設を紹介することもあります。外傷は突然のことで駆け込んでくる患者さまがほとんどです。緊急度の高い患者さまをスピーディーに治療することはもちろんですが、患者さまは皆、不安そうな顔をされていますから、まず笑顔でお迎えすることを大切にしています。頻繁に声かけをし、お話をよく聴き、患者さまの立場に立って「痛かった、怖かった」という思いに寄り添うことを心がけています。

―口腔外科を標榜する医院を開院したきっかけについて教えてください。

歯科は歯の形態回復、口腔外科は外傷や腫瘍を治しますが、ただ形を治すのではなく、食べる、飲む、話す、表情をつくる、笑うなどの、生活に密着したものの医療で、生活の質に密接に関わります。形態回復だけでなく、生活の質を上げるような医療を併せて行いたいと思い、歯科と口腔外科を併合した医院を開院しました。高齢化に伴い、うまく食べられないなど機能障害が起こりますが、それらを管理していくことも口腔外科の分野であり、今後の日本の医療の中核になる重要な分野です。そうした部分に貢献していけることにも、やりがいを感じます。

―そもそも、先生がこの地で開院しようと思われたのはなぜですか?

私は石川県出身で、学んだのは愛知県の大学です。その後、石川県内の総合病院に勤務し、オーストラリアに留学したのですが、勤務医時代の上司が埼玉県内の大学の教授になり、助手にと声をかけていただき、埼玉へ来ました。その後、さまざまな経験を積み、県内で開院をと考え始めた頃、大学病院に勤務していた時代に知り合った医科の教授に志木駅で偶然会ったのです。尊敬するその先生のご自宅の最寄り駅だったのですが、この街での開院を勧められたのがきっかけです。

記事更新日:2017/06/07


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細