全国のドクター8,424人の想いを取材
クリニック・病院 161,463件の情報を掲載(2019年9月17日現在)

福山デンタルクリニック

福山デンタルクリニック

福山 房之助 院長

157219  %e7%a6%8f%e5%b1%b1%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

JR神戸線・甲南山手駅下車、徒歩3分に位置する「福山デンタルクリニック」は開院11年目。院長である福山房之助先生が得意とし、力を入れているのは歯科用マイクロスコープを使った精緻な歯科治療で、「基本的な治療をしっかりすること」と「整合性のある治療」にこだわっている。歯の一部だけを見て治療するのではなく、口の中全体への影響を診断した上で適切な治療や提案を行っている。10年後、20年後の患者の健康を真摯に追い求める福山先生の神戸を愛する気さくな一面も紹介したい。
(取材日2018年11月20日)

顕微鏡との出会いで変化した治療

―歯科医師をめざしたきっかけと、顕微鏡による治療を行うようになった経緯を教えてください。

兄が医師で、兄のようになりたいという思いがあり、神戸高校を卒業後、九州大学歯学部へ。大学では好き放題に楽しく過ごしましたね(笑)。その代わり外に出てから目いっぱい勉強しました。九州のクリ二ックで勤務した後、関西に戻ってきました。開業したのは2008年。顕微鏡については、所属していたスタディーグループでセミナーがあり、東京のある先生が顕微鏡についてご講演されたのを聴いたのが最初の出会いですね。今まで治療不可能とされたようなケースが、治療の精度が上がることで可能になることがある。特に歯の保存に関して概念が大きく変わりました。技術を習得してスムーズにこなすのには、当事は若かったので早いほうでしたが、3~4年かかりましたね。

―顕微鏡治療や根管治療に対するこだわりをお聞かせください。

顕微鏡を用いることで、治療の精度が飛躍的に上がりました。例えば、虫歯で歯を削るときも、虫歯を取り残しにくいのはもちろん、無駄に多くを削らない「ピンポイントの治療」が可能になりました。そして、かぶせるときも「歯とかぶせ物の隙間が小さい」いわゆる精度重視の治療を提供できるようになりました。このような「基本的な治療」が一番大事なのでは?と思っています。そして、いわゆる「根管治療」は、歯を残すためにもきちんと頑張らなきゃいけない最後の砦。そのメリットは、歯の長期保存です。特に若い人の場合、神経はできるだけ取らないほうがいいですから。患者さんは幅広い年齢の方がお越しになりますが、ほかのクリニックで対応し切れなかったケースの方が多いですね。新しい材料と顕微鏡治療を組み合わせることによって治療の可能性が広がっています。従来だったら諦めていたことが諦めずに済むことを患者さんにも知っていただきたいですね。

―審美面に配慮した歯科治療に関してはいかがですか?

かぶせ物が奇麗なのは当たり前だと思っています。ただ、それだけでは、よくないんです。その「なぜ問題が解決できないのか?」をわかりやすく説明するように心がけております。一般の先生の審美と専門家の審美とはちょっと違うと考えています。信頼の置ける歯科技工士と提携していて、治療前から治療のゴールの形を診断して煮詰めていくんですね。「この患者さんは治療した後こんなかぶせ物になりますよ」と、 あらかじめ設定してから治療を開始するんです。削った後にかぶせ物を作るのではなく、計画性を持ってきちんと診断しています。うまくいかなくて当院におみえになる方には、なぜうまくいかなかったのか、その理由をきちんとお伝えして、患者さんに理解していただいてから進めるようにしていて、そこも診療でこだわっているところです。やってからダメでしたということにならないよう、整合性のある治療を行っています。

―なぜ整合性のある治療が重要なのでしょう。

顕微鏡の治療を例に挙げると、1本の歯を治したけれど、ほかの歯を駄目にした、では意味がないわけです。 インプラントを入れたけれども、それ以外の歯が駄目になってしまって、結局全部デザインを変えないといけないというケースがあるんですね。全体としての整合性が取れていないと、本当の治療とは言えないんです。 20年後に保存できる歯をめざして適切な診断を行う。未来のためにはここはお金をかけたほうがいいとか、かけるべき理由があればきちんと説明していくつか提案した中で選択していただく。僕はこれまで、インプラントや顕微鏡治療などさまざまな治療分野を勉強をしてきました。そのバックボーンがあるからこそ、いろんな提案もできると思っています。そういったプロセスを踏んで整合性の取れた治療を行うことで、患者さんが後悔しないようにしたい。そこが何よりのこだわりでですね。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/43万2000円~、審美歯科(セラミックインレー)/4万8600円~、歯科用マイクロスコープを用いた根管治療/16万2000円~、マウスピース型装置を用いた矯正/70万円~、ワイヤーによる矯正治療/60万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細