あいち松葉公園矯正歯科クリニック

あいち松葉公園矯正歯科クリニック

永縄 友紀子院長

頼れるドクター

155531

名古屋市中川区の住宅街にある「あいち松葉公園矯正歯科クリニック」。通院患者の利便性を考えて駐車場も完備されている。淡い青緑のガラス張りとなっている院内は透明感があり、入り口やキッズルーム、診察室には大きめのフィギュアを展示。永縄友紀子院長が楽しい雰囲気にしたいとレイアウトしたものだ。同院は矯正歯科を専門に扱っており、全て完全な自費治療である。患者はすべての歯が永久歯に生え替わる前の幼児から高齢者までと幅広い。最近では男性も増加傾向にあり、年代や口腔内の状態に合わせてさまざまな治療法を提案している。できるだけ歯を抜かずに治療を行うことをモットーにしている永縄院長に、クリニックの特色や矯正歯科への思いを語ってもらった。
(取材日2016年7月28日)

幼い頃から医療に親しみ、自然とめざした歯科医師の道

―歯科医師を志した理由をお聞かせください。

祖父と伯母が歯科医師、祖母と父が内科医という家庭に育ちましたから、将来他の職業に就くことは考えていなかったですね。診療している姿を見ていて、人の役に立つ仕事だと感じていましたし、私自身もそうなりたいと思いました。実家は兵庫県なんですが、愛知学院大学歯学部への進学をきっかけに名古屋に来ました。歯科というと痛みを取り除く治療というイメージがありますが、矯正歯科は審美的な要素が強く、歯並びが改善されることで患者さんの人生が変わることもあり、興味を持ちました。卒業後は大学附属病院の歯科矯正学講座や開業医のもとで勤務し、2006年に開業しました。

―クリニックの特色を教えてください。

病原菌や感染症に対する消毒・滅菌を徹底して行っています。手袋はもちろん、使い捨てにできるものはすべて対応しています。治療に使用する器具などはすべてオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で滅菌しています。この滅菌は、微生物を死滅・除去する方法です。一方で消毒は微生物の数を減らすための方法なので、殺滅しているわけではありません。つまり、アルコール消毒などではウィルスを完全に除去することはできないんです。そこで当院では、患者さんのお口に入る機器などはすべて、この滅菌処理を施しています。歯科医院にきて病気になってしまうのは誰でも嫌ですし、そのようなことがあってはならないですから、1回1回オートクレーブを使用して滅菌しています。また、お子さんが楽しく通院できるようにキッズルームも完備していますよ。

―診療の際に心がけていることは何ですか?

患者さんがどこを気にしていて、治療後はどのような姿を思い描いているのかをしっかりと理解できるように、話をよく聞くようにしています。お子さんの場合には親御さんからの話がメインになりますね。男の子の場合は本人の関心が低いこともありますが、女の子は歯並びを気にしていることがほとんどですから、お子さんでも本人から話を聞くこともあります。当院では、できる限り歯を抜かずに治療することも診療方針としています。私自身が治療を受けることを考えたときに、健康な歯は抜きたくないと思うからです。もちろん、顎の骨格や歯列の状況によっては抜かざるを得ないこともありますが、できるだけ抜歯はせずに治療したいと常に考えています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細