外山デンタルクリニック

外山デンタルクリニック

穂積 隆浩院長

155525

口腔内の健康を積極的に守る意識を持つことが大切

―診療の際に心がけていることは?

患者さんがご自身の口腔内の状態を理解し、改善のためには何が必要なのか、そして、処置内容に納得していただけるようにわかりやすい説明をするようにしています。初診時はカウンセリングルームで主訴を含めお話を伺った後、口腔内写真やレントゲンなどの資料を作り視覚化し、虫歯や歯ぐきの状態などを患者さんに把握していただきます。例えばメンテナンス中に歯ぐきに問題が出た場合、「歯ぐきに問題があります。」とお伝えするだけでなく、写真を見てもらいながらお伝えするほうが患者さんはわかり易いと思いますし、その後の治療にも納得していただけると思うのです。患者さんご自身の歯の健康に対して興味を持っていただく良いきっかけにもなっていると感じています。

―先生が歯科医師を志したきっかけは?

父も祖父も歯科医師という環境で育ったためか自然と歯科医師を志すようになりました。僕が通っていた小学校にも父が歯科検診に来ていて、恥ずかしい反面、誇らしい気持ちでした。今では、祖父や父が受け持った患者さんが訪ねてくださることもあり、歴史と責任を感じます。また、妻も歯科医師として一緒に診療に携わっています。やはり、女性ならではの視点でのこまやかな配慮やアドバイスはとても参考になります。患者さんから女性の先生を希望されることもあります。これからも患者さんのニーズに応えるため、スタッフ一同あらゆる場面でサポートできるように日々努力しています。

―歯の健康が全身の健康につながるという認識は患者に浸透していますか?

大切さを理解されている方は増えてはいると思いますが、そうでない方もいらっしゃいますね。特にお仕事をされている方は、お忙しいこともあり自分の健康は後回しになってしまいますよね。時間がない方も一度ご来院いただいて、口腔内の状態を知っていただければと思います。その時治療ができなくても、現在、お口の中にどのような問題があるのかを理解していただきます。働かれている方は退職されてから、もっと自分の歯を大切にして歯医者に通っておけばよかったと後悔される方が多いんです。もちろん、ご自宅でできるケアや予防法もお教えいたします。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access