全国のドクター9,327人の想いを取材
クリニック・病院 160,994件の情報を掲載(2020年11月25日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 小牧市
  4. 間内駅
  5. 外山デンタルクリニック
  6. 穂積 隆浩 院長

穂積 隆浩 院長の独自取材記事

外山デンタルクリニック

(小牧市/間内駅)

最終更新日:2020/02/04

99999 clinicname

名鉄小牧線の間内駅西口を出て徒歩約2分の場所にある「外山デンタルクリニック」。包括的治療をコンセプトに、一般歯科から小児歯科、インプラント、審美まで幅広い領域に対応しているクリニックだ。穂積隆浩(ほずみ・たかひろ)院長のモットーは、疾患の原因を根本から除去し、徹底した予防管理で長期にわたって口の健康を維持すること。患者との対話を何より重視し、治療のメリット・デメリットまでを丁寧に説明してくれるとあって、あらゆる世代の患者から信頼を得ている。控えめで優しい笑顔の穂積院長を中心に、スタッフ全員が患者ファーストで応対してくれる。そんな同院で受けられる治療の特徴や、診療への想いについて聞いた。
(取材日2019年3月13日)

良い状態の維持をめざす、予防重視型の診療

開業から12年になりますが、何か変化を感じますか?

1

当院はこれまで予防を重視した診療に取り組んできましたが、開業して10年以上が過ぎ、最近では定期的にメンテナンスをしに通ってくださる方が増えてきたように思います。歯の健康に対する意識が浸透してきたようで、うれしいですね。患者さんの口の中の状態やご希望を踏まえた上で、当院ではおよそ3~4ヵ月ごとの定期検診のアポイントを取るのが自然な流れになっていて、それは定着しつつあるように思います。決して押しつけるのではなく、スタッフとのコミュニケーションや信頼関係を通じて患者さんが自発的に通ってくださるよう心がけています。患者さんの層はさまざまで、すぐ近くに幼稚園があるので小さいお子さんがよく来てくれますし、長年住んでいらっしゃるご高齢の方の受診も多いですね。

予防重視型の診療とは?

悪くなった歯だけを診るのではなく、疾患の原因や将来のリスクをきちんと把握し、問題点を洗い出してお口全体が長く良好な状態を維持できるように図ることです。私は歯を削って詰めて……という作業はできればやりたくなくて、歯を悪くしないように未然に疾患を防ぐことに注力しています。一番つらいのは、自分が治療した部分が再び悪くなってやり直すことです。それを避けるために、こちらでできる予防処置には万全を尽くします。その上で大切なのは、患者さんにメンテナンスを継続してもらうことなので、すべての治療が終了された患者さんにも定期検診のご案内をさせていただいています。

先生の得意とする治療を教えてください。

2

保存修復治療や補綴治療が専門です。治療の際には患者さんが歯磨きをしやすいように、炎症が起きにくいようにというところまで考えて行っています。例えば前歯にかぶせ物をする際には、境目が見えないようにかなり時間をかけて歯ぐきの中まで型を採ります。手間はかかっても精度の高い治療をめざすのが患者さんのためですし、ひいては自分の治療を信頼していただくことにもつながりますから。そして悪くなった箇所の処置はもちろんですが、そうなるには必ず原因がありますから、その指導や治療を大切にしています。歯や歯ぐきが悪くなるのは歯列不正が原因である方も多く、噛み合わせや歯並びを改善しなければまた悪化してしまうこともあります。そこで患者さんに「悪くなった原因はここです」と提示し、原因を除去してから治療を行っているのです。それが長期間口腔内の健康を維持することにつながり、患者さんの幸せにもなると信じています。

丁寧なコミュニケーションで患者に寄り添う

診療の際に心がけていることはありますか?

3

当院では患者さんとのコミュニケーションを重視していて、口腔内の状態、改善のために必要なこと、処置内容などをわかりやすく説明するようにしています。初診時は主訴を含めお話を伺った後、口腔内写真やエックス線などの資料を作り、視覚化することで虫歯や歯ぐきの状態を自ら把握していただきます。写真を見てもらいながら説明するほうがわかりやすいと思いますし、納得して治療を受けていただけると思うのです。さらには、その治療のメリットだけでなくデメリットも必ずお伝えしています。ここまでする理由は、治療を成功に導くには患者さんご自身のご協力が不可欠だからです。虫歯や歯周病の治療には毎日正しいブラッシングをしていただくことがとても重要ですし、メンテナンスのために通い続けていただくことも必要です。ですから、患者さんのほうからも何度でもご相談やご質問をしていただきたいと思っています。

患者さんに気持ち良く通い続けてもらうための工夫はされていますか?

やはりスタッフの力は重要ですね。当院には歯科医師である私の妻も一緒に診療に携わっていて、女性ならではの視点でこまやかな配慮やアドバイスをしてくれるのでとても参考になります。また、歯科衛生士や受付を含めたスタッフ全員が目的を共有し、同じポリシーのもとで働けるよう、連絡や相談は密に行うようにしています。みんなが患者さんのことを第一に考えて動いてくれるので、安心して任せていますね。院内で気持ち良く過ごしてもらうため、清潔感やプライバシーへの配慮も欠かせません。また治療時に痛みを与えてしまわないよう、表面麻酔のシールを使っているのも特徴です。これを使用することで多くの方が痛みを感じにくくなります。当院に通っているお子さんで歯科の注射は痛くないと思っている子は少なくないようですよ。

院内には手作りのポスターや資料がたくさんありますね。

4

スタッフが手作りしてくれているんです。歯のケアや治療法など大切なことをまとめたパンフレットを、必要に応じて持ち帰っていただくようにしています。歯の健康が全身の健康につながるということを理解されている方は以前より増えていると思いますが、まだ知らない方もいらっしゃいます。特にお仕事をされている方は忙しいこともあり、自分の健康は後回しになってしまいますよね。時間がない方も一度ご来院いただいて、口腔内の状態を知っていただければと思います。のちのち、もっと自分の歯を大切にしておけば良かったと後悔される方も多いんです。ですからご自宅でできるケアや予防法をお伝えするのも大事な役割だと思っています。

痛くなる前の定期検診を推進

患者さんとの思い出や、やりがいを感じる時は?

5

海外でお仕事をされている患者さんがいて、その方は帰国するたびに受診されて、いつも「次帰って来る時もまたよろしくお願いします」と言ってくださるんです。そこまで信頼してくださるのはうれしいですね。また東京歯科大学市川総合病院歯科口腔外科で勤務していた時に口腔がんの患者さんをよく診ていたのですが、執刀医の先生に言えないような悩みを病室で聞くこともありました。この経験から「自分が患者さんだったら」と常に同じ目線で話を聞き、想いを理解した上で診療することが大切だと感じましたね。やりがいを感じるのは、症状が改善につながり、しっかり噛んで食事ができている患者さんの姿を見た時。初診の時とは違い、表情も明るくなり笑顔でお話しされるんです。責任は重大ですが、患者さんと真剣に向き合っている分、その瞬間が何よりうれしいですね。

今後の展望をお聞かせください。

歯科医療は日進月歩なので、今の診療のベースを保ちながら常にレベルアップしたいと思っています。当院では歯科衛生士も勉強会に参加して、歯科医師と一緒にスキルを磨いて患者さんに還元しています。機器も必要に応じて新しいものを取り入れており、少し前には、その日のうちにセラミックのかぶせ物が作れる機器を導入しました。自費診療ではありますが、美しい仕上がりをめざせ、時間もかからないので忙しい患者さんに喜ばれています。開業して10年以上が過ぎ、自分の治療がどのような予後をもたらすのかもだんだんと見えるようになってきました。結果には手ごたえを感じていますね。説明通りの結果が得られれば、患者さんからも信頼していただき、意欲的に次のステップに進んでいただけるので引き続き努力していきたいと思っています。

読者へメッセージをお願いします。

6

将来的な健康を考えて、今は問題ないという方も定期検診に通っていただきたいですね。当院ではまず歯科衛生士とじっくりお話をしていただきます。時には雑談で盛り上がったり、悩みごとを相談していただいたり。そうした多岐にわたるコミュニケーションを通じ、患者さんの生活背景などにも配慮して治療を進めていきます。「痛みが出たら」ではなく、「痛みが出る前」にクリニックに通う習慣をつけていただければ、早期発見・治療につながり、健康的な生活のお手伝いができますので、些細なことでもぜひご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックによる補綴/4~7万円~、インプラント/36万円~、ホワイトニング/オフィス2万8000円・ホーム3万5000円(すべて税抜き)

Access