求人情報ON
坂本歯科医院

坂本歯科医院

坂本 耕一院長

頼れるドクター

15528 %e5%9d%82%e6%9c%ac%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2 2

武蔵小杉駅の東急東横線南口改札から徒歩3分、にぎやかな通りに立つビルの3階にある「坂本歯科医院」は、この地に開業して40年以上。ゆったりとした待合室には黄色い大きなスツールがあり、「小学校くらいのお子さんがよくこの上で寝転ばれたりしていますね」と話す坂本耕一院長の笑顔は優しい。父から医院を引き継いでから、新しい設備や技術を導入するなどして、個室を含め全7台あるユニットでさらに幅広い診療を実現している。やわらかな語り口ながら志の高さを感じる坂本院長に、診療へのこだわりや思いを聞いた。
(取材日2017年12月5日)

虫歯や歯周病を未然に防ぐため、予防歯科に注力を

―院長に就かれて3年目ですね。

もともと父が1978年からこの地で開業し、診療してきました。私も他の歯科医院での数年の勤務を経て2011年からこちらで診療を始め、2015年より院長を務めています。その間、武蔵小杉自体に新しい住人の方が急激に増え、東京に通勤して子育てするファミリーに人気な街となりました。当院は駅前すぐのにぎやかな場所にありますが、通る人も車も変わりました。同時に、患者さんの意識も様変わりしている気がします。私が勤務を始めた頃はまだ、歯が痛むようになって耐えかねてやっと来院されるという方も珍しくなく、いきなり歯髄を除去する治療になってしまうなんてこともありました。歯科医師としては、こうなる前にもっとできることがあるのにという思いは日に日に強くなっていきました。

―それで予防歯科に力を入れられるようになったのですね。

そうですね。予防歯科では歯科衛生士の役割も重要です。今、当院では4人の歯科衛生士がいてメンテナンスをしてくれていますが、その患者さんのお口の状況に合わせたブラッシングの指導やその人に合った歯ブラシの提案など、とても熱心です。一人ひとりが院内で専用のタブレット型端末を使っていて、患者さんに口腔内の情報をお示しします。画面だけでなく、プリントアウトして紙でお渡しするので治療の様子が患者さんにも伝わりますし、それがモチベーションにもなっているようで、皆さん定期検診にきちんと通い続けてくださいます。もちろん、汚れの落とせていない状況があれば画面で見て自覚されることで、ご自身の歯のお手入れにも意欲が湧くのでしょう。今では当院の患者さんは予防で通われる方が多く、最近は初診でもおよそ半分が予防歯科での来院となっています。

―先生の診療方針を教えてください。

常に意識しているのは、患者さんのめざすゴールと私のめざす治療のゴールを丁寧に話し合って決め、一緒に歩んでいく姿勢です。治療計画を明確にするためにも、検査は大切にしています。必要に応じて歯周病検査や唾液検査なども行い、その患者さんの虫歯や歯周病のリスクによって頻度を決めて定期検診をお願いしています。メンテナンスによってお口の病気を未然に防げれば、それが何よりではないでしょうか。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細