全国のドクター9,147人の想いを取材
クリニック・病院 160,569件の情報を掲載(2023年2月04日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 神戸市東灘区
  4. 深江駅
  5. ゆうまデンタルクリニック ふかえ南町歯科診療所
  6. 本田 由馬 理事長

本田 由馬 理事長の独自取材記事

ゆうまデンタルクリニック ふかえ南町歯科診療所

(神戸市東灘区/深江駅)

最終更新日:2023/02/01

20221228 154786 top

「ゆうまデンタルクリニック ふかえ南町歯科診療所」は、神戸市東灘区の中でも東に位置する深江南町にある。深江文化村と呼ばれた西洋館街を有し、古くから国際交流の場として知られてきた土地柄、地域には外国人の住民も多く、患者層も子どもから高齢者まで幅広い。その分主訴も多岐にわたるが、理事長の本田由馬先生は「どの患者さんにも一生懸命向き合いたい」と意気込み、歯周病や虫歯の治療といった一般歯科をはじめ、歯科口腔外科、小児歯科、セラミックなどの審美歯科、矯正歯科に対応。補綴や予防にも注力する。患者の大切な歯を将来に残していくための診療に尽力する院長に、同院で受けられる治療や診療モットー、開業までの経緯などについて詳しく聞いた。

(取材日2019年1月16日/更新日2023年1月23日)

患者の健康のため、天然歯を長く守る診療を

先生が歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

1

祖母の病気がきっかけとして大きかったように思いますね。歯がなかったために食べられず、どんどん痩せて衰えていく姿をただ見ていることしかできなくて、悲しかったんです。当時は歯科の訪問診療もない時代でしたし、そばにいたのに何もできず、無力を感じる日々でしたね。歯があれば食事ができて、体力を維持できたかもしれないと思うと悔しかったですし、次第に「祖母のように歯がないという理由で弱っていく人をなくしたい」という想いが強くなっていき、歯科医師を志しました。また、姉が先に医大に進学したこともあり、それなら私は歯科の道へと思ったのも、理由の一つです。

開業までのご経歴を教えてください。

大阪歯科大学を卒業後は、大阪厚生年金病院の口腔外科に研修医として入局し、研鑽を重ねました。診療はもちろんのこと、病棟や診療所の雑用、手術室の管理、入院患者さんの調整なども行い、大変勉強になりましたね。実はその病院には知り合いが一人もいない状態で入局したのですが、おかげでコミュニケーション力もかなり磨かれました。院内の野球チームを通じて事務方と仲良くなるなど、当時医師以外の職種の方とも交流できたことは、今スタッフの立場を想像するのに役立っていると感じます。研修が終わった後は、大阪で歯科医院に勤務しました。そこで患者さんに伝わりやすい説明の仕方や、なるべく患者さんをお待たせしない効率の良い時間の使い方なども学ばせてもらいましたね。保険診療から自由診療までさまざまな臨床経験を積み、2003年に開業しました。

こちらではどのような診療を受けられるのでしょうか?

20221228 2

虫歯や歯周病の治療といった一般歯科をはじめ、歯科口腔外科、小児歯科、審美歯科、矯正歯科に対応しています。当院で大切にしているのは、単に病気になった1本の歯を治療するだけではなく、噛み合わせや顎関節などお口全体のバランスを総合的に考慮した治療です。例えば、詰め物やかぶせ物が欠けやすい患者さんの場合、突き詰めると顎の動きに原因があるケースも。ですから、患者さんのお口全体を診てどこに原因があるかを追求し、根本的な改善をめざすことが肝要だと考えています。また、歯は長く健康でいるために必要な財産なので、なるべく削らず、抜かない治療に努めることも大切でしょう。治療を繰り返せば歯を失うことになりかねませんから、お口全体診ること、そして適合性の高い補綴物のご提案や予防歯科などに総合的に注力することで再発予防に取り組んでいます。

患者のライフステージに寄り添い、長期的な視点で診療

非抜歯矯正にも力を入れていると聞きました。

3

そうですね。矯正には抜歯が必要だと思われている節がありますが、必ずしもそうではありません。実際に当院では、歯の保存を第一に考えた矯正を行っています。顎をその方に適した大きさに調整することで歯の土台部分にスペースをつくり、歯を細くして並べていく治療方法です。歯と顎のバランスを考慮する必要があるのでどんな歯並びにも適応するわけではありませんが、一般的なワイヤー矯正や、マウスピース型装置による矯正にも対応していますので、この方法が難しい場合には症例に合わせて適切な方法をご提案させていただきます。

主にどのような患者さんが来院されますか?

深江南町には歯科医院が少ないこともあって、男女や年齢問わず、さまざまな患者さんがいらっしゃいます。1日に診る人数は平均40~50人くらいでしょうか。最近は町に若いファミリーが増えて、子どもの患者さんも多いですから、通いやすいように院内にキッズスペースも設けました。それから、近くに食品工場があり、そこに勤務する外国人の患者さんもたくさんいらっしゃいますので、英語、中国語、スペイン語など多言語に対応しています。このように、当院にはさまざまなライフステージ、背景を持つ患者さんが来院されますが、すべての方に寄り添えるよう、信頼関係を築く努力を惜しみません。将来の歯を守るため、長期的な視点でその患者さんにとってより良い診療とは何かを追及しますので、時には治療期間が長くなることも。ですがこれは適切に予後を観察するために必要な期間ですから、理解を得られるようにコミュニケーションも大切にしています。

患者さんと接するときに、心がけていることは何ですか?

20221228 4

治療には日々のセルフケアなど患者さんの協力も不可欠ですから、ご本人が前向きに治療に取り組んでいけるように、治療方針や治療方法の説明には特に力を入れています。例えば、初診の患者さんには、まずお口の中のストーリーをお話します。「この歯は何度も治療していますね」「この歯とこの歯は、同じ先生が治療しましたね」といった内容ですね。診てわかる歴史を患者さんと確認しながら、今後治療を繰り返さないための方針を一緒に考えてく。そんな時間を設けることで、治療に意欲が湧くのではと考えています。もしご提案した治療方法に疑問や不安があれば、1つずつかみ砕いてご説明しますし、患者さんが希望する場合はカルテの開示も可能です。中には歯科医師には聞きづらいという患者さんもいると思うので、助手が最初に状態を伺うなどの体制も整えています。気になることは何でもお気軽にご相談ください。

歯科への恐怖心にもこまやかに配慮

他に診療において気をつけていることはありますか?

5

歯科に恐怖心を持っている人は少なくありませんから、無理に治療を進めないことは心がけていますね。例えば子どもの患者さんが怖がって口も開けられないようなときは、まず歯科衛生士とブラッシングをしてもらい、少し慣れてきたところを見計らいます。何をされるのかわからないことが恐怖につながっている場合が多いですから、歯を削る段階では、器具を見せて触ってもらうことも。回転数を下げれば手で触っても問題ないので、実際に触って「痛くなさそう」とわかってもらえれば、多少は気持ちが和らぐのではないでしょうか。また、当院では感染症対策を徹底しています。タービンや器具を置くパッド、患者さんが使うコップなどの診療セットは使い捨てを採用したり、通常は感染症の患者さんを診察した時にのみ使用する薬剤で都度滅菌を行ったり、安心して受診できる環境づくりにはこだわっています。

先生が健康のためにしていることや、リフレッシュ方法を教えてください。

高校時代に夢中だった野球や、大学から始めたラグビーを今も続けていて、休日に仲間と試合をして体を動かすことでリフレッシュしています。スポーツが大好きで、高校2年生の時に野球部でレギュラー部員として大阪大会ベスト16まで進めたことは誇りですね。歯科医師としても、兵庫県医務委員会に在籍して試合時の医療スタッフを務めたり、当院で選手の対応を行ったりと、スポーツには関わり続けています。

それでは最後に、読者に向けてメッセージをいただけますか?

20221228 6

開業して20年近くがたちましたが、地域の皆さんの歯の健康を見守っていけていることに対して、やりがいと感謝を感じる日々です。特に、子どもの頃から診てきた患者さんの小学校入学から就職に至るまでの成長を目の当たりにできたことは、かかりつけ医冥利に尽きるなと感じます。今後もお子さんに限らず、高齢者や外国人などどんな患者さんに対しても信頼関係を大切にし、患者さんが節目を迎える時にかかりつけ医としてそばにいられるよう、スタッフ一同努力を重ねていく所存です。些細なことでもかまいませんので、もしお口に関する相談があれば、ぜひ当院にお越しいただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正治療/60万円~、セラミック/3万8500円~、インプラント治療/44万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access