全国のドクター8,873人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月25日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 神戸市垂水区
  4. 塩屋駅
  5. はらだ歯科医院
  6. 原田 知明 院長

原田 知明 院長の独自取材記事

はらだ歯科医院

(神戸市垂水区/塩屋駅)

最終更新日:2019/08/28

154718 %e3%81%af%e3%82%89%e3%81%a0%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

海と山がある町、垂水区塩屋。広い道路が少なく、昔ながらの雰囲気が今も息づく山陽電鉄本線の山陽塩屋駅すぐにある「はらだ歯科医院」は、地域に密着した幅広い歯科診療を提供している。「建設中に、“パン屋さんができる”と町の人が楽しみにしてくれてたらしいんですよ。でき上がってみたら歯科医院だったので、がっかりした人も多いかもしれません」そう言って笑うのは原田知明院長。オレンジ色の優しい看板とポコポコとした石の壁がかわいらしい外観は、確かにおいしいパンが焼き上がりそうな優しい雰囲気。めざすは「この町に似合うのんびり優しい歯科医院」という原田院長に、さまざまな話を聞かせてもらった。
(取材日2019年5月16日)

大好きな町「塩屋」で、たくさんの人の役に立ちたい

塩屋町は先生にとって縁のある町だそうですね。

1

塩屋町は私の祖母の出身地で、小さな頃からよく遊びに来ていた場所なんです。私自身も垂水区の出身ですので、この辺りにはとにかく思い出がいっぱいあります。海でもよく遊びましたし、山側にもよく行きました。クリニックがある塩屋駅前にもよく遊びに来て、家族で定食を食べたりしていた思い出があります。私にとってこの地は故郷そのものなんです。自然が豊かで、住んでいる人もみんなどこか優しくて、ゆったりした時間が流れているこの町を愛しています。だから、自分がクリニックを始めるなら「この町がいい」と思いましたし、実際に始めてからは多くの患者さんに接して「やっぱりこの町が好きで、この町の人たちの役に立ちたい」と思っています。

クリニックの開業にあたり、どんなクリニックにしようとイメージしていましたか?

この町にピッタリ合うような、優しいクリニックにしたいと思いました。「歯医者に行くんだ」と意気込んで来るのではなく、「院長と話でもしようかな」と気軽に来てくれるくらいがちょうどいいかなと思います。年齢や性別関係なく、地域の人がふらりと立ち寄れるような場所、心配なことがあれば相談できるような場所……そんなイメージですね。そして、笑顔があるクリニックがいいなと思っています。患者さんももちろんそうですが、働いているスタッフにも笑顔があるクリニックでありたいと常々思っています。

そう思うようになった理由はあるのでしょうか?

2

少しづつ患者さんの意識も変わってきているかとは思うのですが、患者さんのお口の中を拝見すると、まだまだ「パッチワーク」のような治療を繰り返している人は少なくありません。「パッチワーク」のような治療とは、痛くなったら、悪くなったらとにかくそこだけを治すというような治療のことです。そういった治療では、一時的によくなったとしても根本的な原因を取り除くことができず、再発を繰り返してしまいますし、時には悪化を招いてしまいます。それなのに、そういう治療で済ませてしまっている人がいるのはなぜか?と考えると「歯科医院に行くのが嫌だから」であったり「歯科医師と信頼関係が築けず、治療に関して本当には理解してもらえていないから」かなと考えたのです。

「患者の思いを聞くこと」が治療の第一歩

先生にとって「笑顔」は、患者さんとの信頼関係を築くための第一歩というわけですね。

3

はい。いくら歯科医師を苦手としていても、お互いに信頼関係が築けたら苦手意識はなくなるんじゃないかなと思うんです。信頼している人の言葉は素直に耳に入ってくるじゃないですか。私自身もそうですし、だからまずは僕やクリニックに対しての苦手意識をなくしてくれたらいいなと思いますね。そのためにも、まずは緊張をほぐしていろいろと話がしたいです。今困っていること、これまでにしてきた治療のこと、今後どうなったら幸せだと考えているか……他にも、好きな食べ物のことや趣味のこと、家族のことなど、いろいろと話しながら、その人にとって一番良い治療が何かを一緒に探していけたらと考えています。

治療に関して、大切にしているのはどんなことですか?

起こりうる問題を先送りにせず、その人の人生が豊かであるような治療をすることです。痛みなく、しっかり噛めて、おいしく食事ができる。笑顔や自信、元気を取り戻せるような治療が目標です。そのためには、今問題がある部分だけにこだわるのではなく、噛み合わせをはじめとする全身バランスを見ながら治療をしていきます。必要に応じて、矯正治療、審美的な施術、インプラント治療や入れ歯治療をご提案することもありますよ。また、治療が終わった人、現在問題がない人にもメンテナンスをお勧めしています。今ある歯をなくさないためにはメンテナンスが大切だということを、しっかり理解しきれていない方が多いように思います。「放置しておいても死ぬまで歯があるという状態は珍しい」ということを知っていただけるようにお話しすることも、大切にしています。

メンテナンスの歯科衛生士さんは担当制だと伺いました。

4

当院は「患者さんの思いを聞くこと」が治療の第一歩と考えています。毎回違う人に話すよりも、自分のことをよく見てくれている人、知ってくれている人のほうが悩み事も気軽に話しやすいでしょうし、実際の治療においても、これまでの経過を把握することができますし、変化があれば早くに気づくことができます。メンテナンスは現状を維持したり、治療後の口内環境の維持をめざして行いますので、無理なくできる範囲で通っていただきたい。また、歯周病の場合は、プラークコントロールが重要となってきますので、定期的な歯石の除去や歯石がつきにくいような歯の状態を維持することが大切です。歯科医院に気負って通うのでは疲れちゃいますよね。それではきっと行かなくなる。仲良しの衛生士さんに会いに行って口もきれいになる。そのくらいの気持ちになってもらえたらいいなと思います。

笑顔を増やすためにも、口の健康を守ってもらいたい

先生の趣味は「ツーリング」と「エイジングケア」だそうですね。

5

バイクが好きでよくツーリングには行きますね。エイジングケアは、面白いかなと思ってホームページに書きました。実際にやっていることはそんなにたくさんはなくて、実はそんなに詳しくないんです。誕生日には基礎化粧品をプレゼントしてもらうこともあり、この間はスタッフから毛穴の汚れを落とすというエステ機器をプレゼントされました。話題の一つとしても、いい趣味だなと思います(笑)。

エイジングケアはお口の中にも言えますよね。

本当にそうなんですよ。先ほども話しましたが、虫歯がないから、虫歯の治療が終わったからといって「歯科医院に行かなくても自分の歯がなくなることがない」というのは間違いです。人間は絶対に歳をとりますし、さまざまな部分が老いていきます。髪が薄くなるとか、肌にしみができるといったことと同じように、口の中も当然老化していくわけです。歯を支える歯茎も、年齢に合わせて下がってきます。今は昔に比べれば長寿になっているので、歯や歯茎を大切にするのは実は大切なことです。私はいつも患者さんに話すのですが、どうせ長生きするなら介護されるのではなく、介護する老人になろうよ、と。いくつになっても誰かの手助けができる人でいられれば、人生に笑顔も増えるし、良い人生になると思います。そのためにも口の健康を守ってもらいたいです。

それでは最後に、先生の今後の目標を聞かせてください。

6

目標はこの塩屋の町に住む人を、みんな元気で笑顔のお年寄りにしていくこと。好きなものを食べて、体の不具合が少なく、好きな場所に行けるように、健康づくりの一環として、皆さんのお口の健康を守っていきたいと思います。私が大好きなこの塩屋の町が、のんびり優しい町であり続けられるように、そしてそんな町を最期の時まで見守り続けられるように、微力ながら尽力していきたいです。そのためにも、このクリニックが笑顔あふれる場所であるように、一つ一つ大切に、感謝の気持ちを持って積み重ねていこうと思います。一人でも多くの皆さんの笑顔に会えるよう、これからも頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正治療/60万円~、セラミックインレー/11万円~、インプラント治療/25万円~(1本)

Access