はらだ歯科医院

はらだ歯科医院

原田 知明院長

154718 %e3%81%af%e3%82%89%e3%81%a0%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

海と山がある町、垂水区塩屋。広い道路が少なく、昔ながらの雰囲気が今も息づく山陽電鉄本線の山陽塩屋駅すぐにある「はらだ歯科医院」は、地域に密着した幅広い歯科診療を提供している。「建設中に、“パン屋さんができる”と町の人が楽しみにしてくれてたらしいんですよ。でき上がってみたら歯科医院だったので、がっかりした人も多いかもしれません」そう言って笑うのは原田知明院長。オレンジ色の優しい看板とポコポコとした石の壁がかわいらしい外観は、確かにおいしいパンが焼き上がりそうな優しい雰囲気。めざすは「この町に似合うのんびり優しい歯科医院」という原田院長に、さまざまな話を聞かせてもらった。
(取材日2019年5月16日)

大好きな町「塩屋」で、たくさんの人の役に立ちたい

―塩屋町は先生にとって縁のある町だそうですね。

塩屋町は私の祖母の出身地で、小さな頃からよく遊びに来ていた場所なんです。私自身も垂水区の出身ですので、この辺りにはとにかく思い出がいっぱいあります。海でもよく遊びましたし、山側にもよく行きました。クリニックがある塩屋駅前にもよく遊びに来て、家族で定食を食べたりしていた思い出があります。私にとってこの地は故郷そのものなんです。自然が豊かで、住んでいる人もみんなどこか優しくて、ゆったりした時間が流れているこの町を愛しています。だから、自分がクリニックを始めるなら「この町がいい」と思いましたし、実際に始めてからは多くの患者さんに接して「やっぱりこの町が好きで、この町の人たちの役に立ちたい」と思っています。

―クリニックの開業にあたり、どんなクリニックにしようとイメージしていましたか?

この町にピッタリ合うような、優しいクリニックにしたいと思いました。「歯医者に行くんだ」と意気込んで来るのではなく、「院長と話でもしようかな」と気軽に来てくれるくらいがちょうどいいかなと思います。年齢や性別関係なく、地域の人がふらりと立ち寄れるような場所、心配なことがあれば相談できるような場所……そんなイメージですね。そして、笑顔があるクリニックがいいなと思っています。患者さんももちろんそうですが、働いているスタッフにも笑顔があるクリニックでありたいと常々思っています。

―そう思うようになった理由はあるのでしょうか?

少しづつ患者さんの意識も変わってきているかとは思うのですが、患者さんのお口の中を拝見すると、まだまだ「パッチワーク」のような治療を繰り返している人は少なくありません。「パッチワーク」のような治療とは、痛くなったら、悪くなったらとにかくそこだけを治すというような治療のことです。そういった治療では、一時的によくなったとしても根本的な原因を取り除くことができず、再発を繰り返してしまいますし、時には悪化を招いてしまいます。それなのに、そういう治療で済ませてしまっている人がいるのはなぜか?と考えると「歯科医院に行くのが嫌だから」であったり「歯科医師と信頼関係が築けず、治療に関して本当には理解してもらえていないから」かなと考えたのです。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

矯正治療/60万円~、セラミックインレー/11万円~、インプラント治療/25万円~(1本)



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細