全国のドクター9,284人の想いを取材
クリニック・病院 158,661件の情報を掲載(2024年4月17日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 神戸市中央区
  4. 三ノ宮駅
  5. 医療法人社団悠和会 北野坂鳥居歯科医院
  6. 吉武 賢 院長

吉武 賢 院長の独自取材記事

北野坂鳥居歯科医院

(神戸市中央区/三ノ宮駅)

最終更新日:2021/10/12

吉武賢院長 北野坂鳥居歯科医院 main

「医療法人社団悠和会 北野坂鳥居歯科医院」は各線三宮駅から北野坂を歩いてすぐ、ビルの3階にある。診察室内には先進の診療機器が並び、クラシックのBGMが流れアロマの香りもほのかに漂うサロンのような雰囲気。吉武賢院長は、大学病院の口腔外科で手術の研鑽を積んだ後、鳥居秀平理事長の治療理念に賛同し2014年より院長に就任。デジタル化された治療環境と自身の診療技術をベースに、カウンセリングを大事にしながら患者の心に寄り添い、満足度の高い治療の提供に努める。「先端の診療環境の中で患者さんと連続性のある関係を築けることが、大きなやりがいになっています」と語る院長に、同院の歴史や特色ある治療理念について聞いた。

(取材日2018年11月8日)

歯科診療のデジタル化に早期から取り組む

神戸の代名詞の1つ、北野坂に面しているんですね。

吉武賢院長 北野坂鳥居歯科医院1

当院の鳥居秀平理事長は、東京で生まれ育ち、東京医科歯科大学で後進の指導にも携わっていましたが、ルーツは神戸にもあって、理事長自身も幼い頃から東京と神戸を行き来していたそうです。そこで「最初の開業は思い入れの深い神戸の街で」と、2001年に神戸情緒あふれる北野坂沿いで開業されました。この場所は複数の鉄道会社が乗り入れる三宮駅から歩いてすぐということもあり、京阪神の広域から多くの患者さんが通院してくださっています。セカンドオピニオンを求めて来られる患者さんも多いですよ。

診療方針や治療内容を教えてください。

患者さんに最善の治療をお届けしようと3つの柱を掲げて診療しています。1つ目は、丁寧なブラッシング指導と定期的なメンテナンスでの予防。2つ目は、専門性の高い治療技術やマイクロスコープによる削らない治療に努めること。3つ目はデジタル技術を活用した技工による、精密かつ精度の高い治療です。当院では歯科診療のデジタル化に早くから取り組んでおり、その時々の新鋭の治療機器を積極的に導入するようにしています。デジタル化や削らない治療は、今でこそ耳にする機会も増えていますが、当院では以前から治療方針に掲げて取り組んでいますので、知識や技術の蓄積があるのです。

デジタル技術の活用というのは具体的にはどういうことですか。

吉武賢院長 北野坂鳥居歯科医院2

歯が本来の咀嚼を担うためには、顎の動きとの関係性を理解する必要があります。そこで歯科用CTやデジタル顎運動解析装置を使って、個々の患者さんの顎の動き方を調べて治療に反映しています。これらの装置は審美的な歯科治療や咬合治療、インプラント治療などの自由診療だけでなく、虫歯など保険診療でも必要に応じて使用します。また、詰め物やかぶせ物などの技工物を作る際の型採りでは、石膏は使わず、口腔内をカメラでスキャンし3次元データを得て技工物を作成しています。さらに、高性能の色判定ができる装置を用いて素材を決め、周囲の歯とできるだけ近い色目を再現できるようにしています。当院に併設する技工所で、制作期間が比較的短く、歯科技工士とも細かい打ち合わせができますので、より精度の高い技工物の提供に努めています。もちろん、このような治療が必要になる前に、まずはしっかり予防することが一番大切なことだと思います。

虫歯治療やインプラント治療にもこだわり追求する

虫歯治療は極力削らないことにこだわっているそうですね。

吉武賢院長 北野坂鳥居歯科医院3

これまでの歯科治療では、虫歯になれば削るという行為が当然のように行われてきましたが、生まれもった歯は一度削ってしまうと再生しません。そこで当院では、治療の際には歯科用強拡大ルーペやマイクロスコープを使用して患部を拡大し、虫歯になっている部分だけを厳密に選んで削ります。削る面積を最小限に抑えるMI(最小限の侵襲)治療は、歯髄炎を避け、神経・血管を残す治療法です。削ると痛いのは虫歯でない部分のため、痛みも感じにくいでしょう。視野を拡大して行う治療は歯科医師にとって高い技術と集中力を要しますが、このやり方にこだわっています。また、削った部分にはレジンという白い歯科用プラスチックを詰めます。白く艶があるので見た目が自然ですし、削った部分に直接レジンを接着するので短期間で完成します。レジン治療を専門とされている先生から直接ご指導をいただいて、精密な「白い詰め物治療」の提供ができる環境を整えています。

鳥居理事長はインプラントがご専門と伺いました。吉武先生から見てどのような方ですか?

鳥居理事長はインプラント治療に早期から取り組まれており、25年以上の臨床経験をお持ちです。患者さんの顎の動きを把握してから上物の形態をデザインするので、インプラント埋入後も理想的な噛み合わせに近づけます。また、コンピュータ制御でインプラントを正確に埋め込むための、サージカルガイドを活用することで、より精度の高い治療の提供に努めています。理事長はとにかくパワフルで、新しい治療法や治療機器も、良いものだと判断すればためらうことなく意欲的に取り入れられます。大学の教官を務めていたご経験から歯科医師への指導にも長けておられますし、理事長を慕って優秀な先生が集まってきます。同時に非常に真面目で患者さん思いの方ですね。東京と大阪を行き来されていますが、そのパワーと行動力でいつも私たちを先導してくださっています。

吉武先生は、2014年から院長を務めていらっしゃるそうですね。

吉武賢院長 北野坂鳥居歯科医院4

はい。以前は神戸大学医学部附属病院の口腔外科やその関連病院で勤務しており、当院でもアルバイトで勤務したことがありました。その際には、大学病院にもないような新しい機器や、治療への先進的な取り組みに驚かされましたね。口腔外科という専門性を生かしつつ、総合病院ではなく一般の歯科医院で治療することを考え始めた際には、自然とこちらでの勤務を望むようになりました。当院は東京の麻布に分院があり、そちらの歯科医師やスタッフとは交互に行き来をしながら、研修や診療を行っています。また、両院の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士はソーシャルネットワーク上でつながっており、診療内容や症例検討、オンラインでの会議などを距離の隔たりなく行っています。そうすることで、スキルアップを繰り返し、患者さんにも還元できますので、歯科医師としても理想的な環境があると思います。

技術、心の両面から患者が満足できる治療を提供

患者さんと向き合う際には、どのようなことを心がけていますか。

吉武賢院長 北野坂鳥居歯科医院5

大学病院では、一般の歯科医院からの紹介で受診された患者さんの手術を担当していたので、患者さんとは手術だけ、その日だけのお付き合いでした。ですが、ここでは患者さんと連続性のあるお付き合いができますし、治療の経過や成果を見せていただけます。このようなつながりは、私にとって当初は新鮮な喜びでしたし、今でも大きなやりがいにつながっています。だからこそ、患者さんのことは自分の家族のように考えていますし、患者さんの人生のお役に立つ治療がしたいと日々思っていますね。

院内感染予防にも配慮されていますね。

当院ではスタンダードプリコーションという考え方に基づいて徹底した院内感染対策を行っています。これは感染症の有無に関わらず、すべての血液や体液を感染性のあるものとして扱うという院内感染対策の基本となる概念で、患者さんごとのグローブの交換、器具類の滅菌、ユニットの清拭など日常的に行っています。さらに最近は患者さんにより安心していただくため、肌への低刺激性と殺菌効果の長期持続が期待できる亜塩素酸水による空間除菌を導入しました。特殊な機器で噴霧し、院内に素早く行き届く状態を保てるようにしています。

最後に読者へのメッセージをお願い致します。

吉武賢院長 北野坂鳥居歯科医院6

「削らない、侵襲の少ない治療」、「予防」、「治療のデジタル化」は当院が早くから取り組んできたことですが、これから歯科領域全体が向かっていくべき姿であると思います。また、精度の高い治療で納得いく成果を得たとしても、再び虫歯になってしまえば元も子もありません。当院を受診された患者さんには、虫歯や歯周病の細菌を検査して見ていただき、菌の存在を実感してもらっています。患者さんご自身で行う日常的なケアだけでは限界があるので、歯科医師や歯科衛生士による専門的なケアを定期的に受けることが非常に大事になります。このようなケアも含め、当院では患者さんの願いを的確に把握し、高い専門性と安全性を重視した治療で、満足して笑顔で帰っていただけるよう努めていますので、お口の悩みがある方、今の治療に不安や疑問のある方、妥協のない治療を望まれる方はぜひご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/37万5000円(1本)、審美歯科/5万5000円~、マイクロスコープを使った根管治療/1万5000円~(保険診療にも対応)、顎運動検査/5000円~、矯正治療/70万円~

Access