全国のドクター9,265人の想いを取材
クリニック・病院 161,206件の情報を掲載(2020年9月21日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 八尾市
  4. 八尾駅
  5. 河村歯科医院
  6. 河村 啓司 院長

河村 啓司 院長の独自取材記事

河村歯科医院

(八尾市/八尾駅)

最終更新日:2020/08/27

152586 top

JR大和路線八尾駅から徒歩7分、近鉄大阪線近鉄八尾駅から徒歩15分の場所にある「河村歯科医院」。シックなブラウンを基調とした清潔感のある落ち着いた内装、バリアフリー化も実現している院内で診療を行っている院長の河村啓司先生は、予防歯科に注力し、「治療」と「予防」を分離。日々患者の口内環境の改善のために、治療や指導に努めている。院長室に飾られたスタッフとの多くの写真や、地域住民から集まる信頼からは、常に患者やスタッフへの感謝の気持ちを忘れず、周囲の人間を大切にする河村先生の気さくで温かな人柄がにじみ出ているように感じられる。「やりたいことがたくさんあって……」と生き生きと語る河村先生に、力を入れている予防歯科や今後の展望について、たっぷり語ってもらった。
(取材日2019年6月7日)

痛みを取った先の予防を大切にしたい

八尾はどのような地域ですか?

1

とても良いところですよ(笑)。あまり他の地域を知りませんが、赤ちゃんから年配の方までいらっしゃいます。患者さんは年配の方が多いですが、若い世代の方も来院されます。年齢層は幅広いですね。有名とんかつ屋やたこ焼き屋、うどん屋など飲食店も充実していて、歩いてどこでも行けるので住みやすくて良い街だと思います。地域の方の人柄もとても良いですね。フレンドリーな患者さんが多くて助かっています。良い場所で開業できたなと思っています。

先生はさまざまな診療を行っていると伺いました。

そうですね、予防歯科、歯科口腔外科、小児歯科、審美歯科、口臭治療など幅広く行っています。マウスピースやマウスガードを作るスポーツ歯科にも携わっています。その中でも、特に力を入れているのは予防ですね。とはいえ、主訴はやはり虫歯や歯周病による痛みが圧倒的に多いですね。患者さんには治療後の再発予防も大切にしてほしいのですが、治療を終えたら通院されない方も多いのが現状です。そこをどう伝えたらわかってもらえるのか、日々試行錯誤しています。

クリニックのホームページに「最低限現状を維持していく」とありますが、どういう意味でしょうか?

虫歯を放置されている人でも、案外普通に食べることはできますよね。また、歯周病があるといっても、何も食べられないわけではありません。たくさん食べる方もいます。痛みがあっても食べられているわけですから、もし50代でそのような状態であれば、60代でも同じ状態でいられるように、というのが「最低限」という意味です。もちろん、患者さんの痛みはできるだけ緩和したいですし、より快適に物を食べられるようになったほうが良いので治療も行い、歯の状態を更に高めるわけですが、細く長く、現在の歯の状態を維持していくことも大切だと考えています。

患者さんにはどのような働きかけを行っていますか?

2

例えば口内を型採りしたものに色を塗り、状態の良い歯とそうでない歯に点数をつけて平均点を出すなどして、歯科への意識を高めてもらうようにしていますね。また歯科医院が嫌いで仕方ないという患者さんもいらっしゃるので、そういう方には簡単な、歯を削らない方法を提案し、安心していただけるよう試行錯誤しています。患者さんとの接点は虫歯などの痛みから始まる場合が多いです。目の前にいる痛みのある方をまずなんとかしたいという気持ちもありながら、そこから予防への意識を高めてもらいたいと思っています。

総合病院での勤務経験が考えや行動に生きている

口腔外科を専門にしようと考えたのはなぜですか?

3

父が歯科医師だった影響もあり歯科大学に進学しました。口腔外科は学ぶのが難しい分野かなと思っていて、興味があったので選びました。卒業後は母校の口腔外科に残りたいと思っていたのですが、恩師に相談したところ京都府立医科大学の歯科診療科を紹介してもらい入局し、その後も関連病院を転々としていました。

勤務医時代には法医学や麻酔科の勉強もされたそうですね。

はい、口腔外科をメインにしたかったので、麻酔科は避けて通れないと思っていました。京都府立医科大学でも麻酔科研修が行われることになり、参加したことで医師との交流も増えました。専門用語や略語が多く、はじめは難しかった他科の医師同士の会話にもついていけるようになりました。そういった中で研究の機会をいただけたのが法医学教室でした。基礎的な研究もしたおかげで医学博士を取得できましたし、麻酔科での経験はその後の総合病院の勤務にも生かすことができ、より広い視野を持てるようになったと思います。

勤務医経験が長いようですが、開業のきっかけは何だったのでしょう?

4

開業するなら父の後を継ごうと思っていたので、自分で開業する気はまったくありませんでした。しかし、宇治徳洲会病院に勤務していた時にご縁があり、八尾徳洲会の内科医師に誘われて、内科と歯科を併設したクリニックを立ち上げました。その後だんだん手狭になってきてしまったので、独立しました。

周囲の人間を大切にし、常に感謝を忘れない

患者さんと向き合う際に気をつけていることはありますか?

5

患者さん一人ひとりのことをできるだけ理解できるよう努めています。いろいろな患者さんがいらっしゃいますが、予防歯科は他力本願なだけではどうにもなりません。再発してしまう場合もあるので、患者さんに気がついてほしいことなどは、あえて厳しく言うこともあります。さすがに初診では言わないですけどね(笑)。至らないことだらけですが、多くの患者さんに来院していただきありがたいと思っています。

先生は患者さんだけでなくスタッフもとても大切にしていると伺いました。

当院は若い独身のスタッフから、結婚しても手伝ってくれるスタッフまでいますが、皆幸せになってほしいですね。おのおの自分の人生があると思いますが、その人生の一部で当院を助けてくれるのはとてもありがたいですし、かけがえのない存在だと思っていつも感謝しています。歯科衛生士も助手や受付のスタッフも、どれくらいやりがいを与えられているかわかりませんが、それぞれの役割、そして当院を通して社会に貢献してほしいです。私は常日頃何もしてあげられませんが、プライベートと仕事を両方とも楽しんで、自分の望む幸せを実現してほしいと思っています。

今後の展望をお聞かせください。

昭和の終わりに私が学んだことと、現在言われていることは違うことも多くあります。医療は日進月歩ですから、どんどん新しいことが出てきます。私は大学卒業後も京都府立大学で本当にさまざまなことを勉強しましたが、がむしゃらに勉強してどれだけ学んでも終わりがないことに気がつきました。まだまだやりたいことがたくさんあるので、できる限りアップデートしながら自分を高めていきたいと思います。そして今後、皆さんがおいしく食べ続けることをサポートできるよう、更に予防歯科に力を入れていきたいと考えています。人生100年時代ということを考えると歯ももちろん大切ですが、それにプラスしてもっと若い時から舌や口腔内の筋力、唾液などの口腔機能を維持するような予防を行うことにも注力していきたいです。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

子育て世代の方は出産された途端に子ども中心となり、自分のことはほったらかしになってしまう人が多いです。気持ちはわかりますが、自分がおばあちゃんになった時にどれだけ歯を維持して孫に元気に食べる姿を見せられるのかなども考え、自分の健康を大事にしてほしいなと思います。当院でもサポートできることはいろいろとあると思いますので、些細なことでも気になることがあれば気軽に相談にいらしてください。お互いに頑張っていきましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正/20万円~、オフィスホワイトニング/1万4000円、スポーツ用マウスガード作製/4000円~

Access